体験談

借金と転職を経験して成長したかつての同僚

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

私がかつてパートで勤めていた職場で、アルバイトで入っていた女性の話です。

ふだんからおとなしくて、あまり自分を主張しない人だったのですが、ある時給湯室で、思い詰めたような顔で話を切り出されたことがあります。

実は自分は借金で苦しんでいて、返済しようにもできない、どうすればいいだろうと言って泣き出してしまいました。

私はあわてて、どこか落ち着ける場所で話を聞くことにして、その場を離れました。

借金と転職を経験して成長したかつての同僚

その日の帰り道、あるコーヒーショップでその人の話を聞くことができました。

何でも、ご両親に仕送りをしていた結果、生活費が足りなくなり、3社ほどからお金を借りていて、しかも借金で借金を返すような状態になっているということでした

ご両親への仕送りはどのくらいあるのか訊いてみたら、給料の3分の1くらいを送金しているらしいのです。

彼女は一人暮らしをしていたから、どう考えてもお金が足りるわけがなく、その結果借金をするようになってしまっていたのです。

しかしこのままではどうしようもないので、仕送りを止めることができないのか訊いてみたところ、自分は一人娘だから、それはできないということでした。

 

それでは、アルバイトでなく正社員を探してみてはどうかと言って、ハローワークに行くことを勧めてみました。

しばらく経って、正社員の口が見つかったということで、彼女はその職場を辞めて行きました。

Disappointed Asian woman

その時は本当によかったと思っていたのですが、その後もっと厳しい現実が待っていました。

彼女とは2年ほど同じ部署で仕事をしていて、アドレスをもらっていたので、定期的に挨拶がてらメールを送っていたのですが、それから半年ほど経って、やはり辞めたいと言って来たのです。

何でもその会社がいわゆるブラック企業で、残業が多くてとてもやって行けないとのことでした。

一応1つの会社は完済したようですが、まだ2社分の借金が残っています。

そこで私は、おまとめローンを使って一本化したらどうかとアドバイスしておきました。

その後3か月ほどして、借り入れた会社と司法書士の先生に連絡をしたという返信が来ました。

会社の方では返済方法を見直してもらい、どうにか返済出来そうだとのこと、そして司法書士の先生には、もし債務整理をした場合はどのくらいかかるのかを相談に行ったということでした。

それで一安心しましたが、問題は彼女の仕事の方です。

今もその会社にいるのかどうか、メールを送ったところ、結局残業が問題になったため、同じ業種の違う会社に移ったという返信が来ました。

girl in a summer cafe and cake

またそれから半年ほど経って、会いたいという連絡が来たので、久々に会ってみようと思いました。

彼女は、あの給湯室での思いつめたような表情とは違って、とても明るい表情をしていました。

しかも、以前よりもお給料が増えたということで、年齢相応の華やかな格好をしていて、私の分の紅茶とケーキのお金も払ってくれました。

その時色々話を聞くことができたのですが、残業続きで体がぼろぼろになって、

同じ職場の仲間と相談したこと、その仲間の一人が借金の警官があって、彼女に色々教えてくれたことなどを知りました。

今の職場も、その仲間と一緒に移ったそうです。

また、お父様が亡くなって、お母様を引き取ったことなども話してくれました。

 

そして私に、あの時話を聞いてくれてとてもありがたかったと言ってくれ、何やら照れるような思いでした。

そして、むやみやたらに借金をするものではないことがわかったこと、債務整理をせずに助かったことなどがわかったのは大きな収穫であり、

残業が多い会社に入ったことも勉強になったと、かなり前向きに捉えているようでした。

そろそろ結婚しないのと訊いた私に、まだ仕事が面白いですからと彼女は答え、そして私たちは別れました。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.