体験談

借金が大きく膨れ上がった後の末路

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

友人との関係は、社会人になってからの友達で、気が付けば月に2、3回程度会う間柄です。

借金を抱えていた友人は、40代前半の会社員ですが、会う度に顔に変化があったので、何か良くない事でもあったのかと尋ねました。

本人は、夫婦仲が良くないとだけ告げましたが、それには何らかの理由が必要なので、借金に原因があるのではないかと推測しました。

借金が大きく膨れ上がった後の末路
しかし、本人は借金の話をしたがらない事、以前にその話で怒りだした事もあるので、直接的に聞き出すのはためらわれます。

その場で借金話をする気持ちにはなれなかったので、原因を特定する事は出来ませんでしたが、やがて時間が経つと周囲から借金に関する情報が漏れる様になりました。

友人の収入は平均的で、必ずしも裕福な分類には入りませんが、贅沢を望まなければ普通に生活出来る程度は稼いでいたはずです。

ただ、常にお金の余裕がなかった様で、夫婦関係は険悪になったり、家庭環境の崩壊は目前に迫っていたと考える事が出来ます。

いよいよお金が上手く回らなくなった時、友人はようやく借金の話を直接してくれました。

その時の顔は今でも覚えていますが、顔面は蒼白で目は虚ろであったり、会話をしていても意識は度々上の空といった感じでした。

funny cartoon asian businessman

友人は、現状の話をした見返りとして、数十万円程度のお金を直ぐに貸して欲しいと持ちかけてきます。

ですが、こちらとしては相談に乗るつもりだったので、まるで借金話に特別な価値があるかの様な振る舞いには流石に頭にきました。

結局は借金の申し出を断ったので、暫くは二人で会う機会はありませんでしたが、その後何とか解決出来た様で、今では健康的な表情を取り戻しています。

具体的かつ詳細に経緯が分かったのはだいぶ後ですが、友人はサラ金が借金の切っ掛けだった事、その後複数から借りて気が付いたら返せなくなっていた事が分かりました。

businessman holds tablet with money box and calculator

友人が話しを持ちかけそれを断った後、本人は途方に暮れていた様でしたが、奥さんの説得と協力によって、借金問題に詳しい専門家の助けを得たそうです。

自己破産も選択肢にあったそうですが、本人は変な所にプライドがあり、人生に汚点を残したくないとの一心によって、残りも後僅かといった金額まで返済を行っています。

今もまだ返済は残りますが、数百万円まで膨らんだ当時に比べれば、毎月の支出の負担はとても小さいと喜んでいます。

解決に至った専門家のアドバイスは、出来るだけ一本化して管理し易くしたり、返せる相手を始めとして直ぐにでも完済を行うという基本的なものになります。

友人の陥った状況は、言葉は悪いですが甘えに近いもので、本当は返せる余裕はあったはずなのに、返済を疎かにした結果返す事が難しい状況になったと評価出来ます。

自業自得と考えるのは簡単ですが、下手をすると明日は我が身になるので、友人を咎めたり責めるのではなく、むしろ自身にお金の重要性を教えてくれたと感謝の気持ちすら感じています。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.