体験談

借金がきっかけで崩れてしまった友情

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

金の切れ目は縁の切れ目とはよく言ったものです。

これまで身近な人との間でお金の貸し借りなどはしたことはありませんでした。

といっても、外出先や食事の際、支払に足りない分の小銭の貸し借りなどは学生時代からありましたが、「お金を貸して」という言葉を交わすような経験は一切なく、自分には無縁なことだと思っていたのです。

借金がきっかけで崩れてしまった友02

あるとき友人から突然のメールで「お金を貸してほしい」とお願いされました。

以前子ども同士が同じクラスで仲良くしていた仲で、彼女はいわゆるママ友です。

子どもが大きくなってからも母親同士、年に数回程度連絡を取り合う程度のお付き合いをしていましたが、久しぶりの連絡で突然借金を頼まれ、当然のごとく困惑してしまいました。

 

Angry women

借金の理由については給与袋をそのまま盗まれてしまったとのことで、当面の生活費が必要だから貸してほしいという内容だったのですが、事の経緯や状況などについて詳細はほとんど話してくれず、こちら側としてはとても簡単にお金を貸せる状況ではないなと判断しました。

次の給料日には必ず返すというのですが、そのような保障はどこにあるのでしょう。

ご主人にも打ち明けることができないし、親や親戚にはお願いしたけれど貸してもらえなかったというのです。

自分の常識からいえば、そのような困窮した状況で妻や子どもを助けてくれない家族などいるのかという感想でした。

それぞれにぎりぎりの生活を送っていたとしても、せいぜい1万円や2万円程度は援助してあげられるのではないか、と思うと盗難にあったことさえ疑わしく感じられました。

「こんなことを頼める人は他にはいない」というような言葉をありましたが、なぜわたしなのか、という疑問も浮かびました。

Childhood secrets are best shared with reliable friend. And if you are small sad girl teddybear is willing to be your perfect friend.

彼女はご主人もある身、一方こちらはシングルマザーです。

決して余裕のある生活をしているわけではありません。

彼女が申し出た金額くらいは蓄えがありますが、事の詳細も話してくれずに助けてほしいの一点張りで話にならない状況。

こちら側の状況についても説明し、友達とはお金の貸し借りはしたくないと話しても一向に伝わる様子もなく、ついには「それで友達を失っても良いのか」という言葉をぶつけてしまいました。

謝罪の言葉があり、助けてあげられない状況はこちらとしても辛いものです。

Disappointed Asian woman

お金は貸せないけれど、食べることに困っているなら食事に招待したり、お土産を持たせても良いと考えていましたが、連絡はそれっきり途絶えてしまいました。

私の方から連絡することもなんとなく憚られ、今後はもう連絡が来ないのかもしれません。

彼女がお金の無心に私を選んだのは、他の誰に知られることもなく、銀行や金融機関などからする借金とは違って利子もつかないからだろうと思いました。

いろいろな意味で都合がいい相手だったのでしょう。

そう考えると彼女とのこれまでの付き合いはなんだったのだろうと悲しくも感じました。

この数か月前から彼女には不倫相手ができ、その彼とのデートにお金が必要だったのかもしれません。

真実はそうではなかったのかもしれませんが、もしかしたら彼との関係で妊娠をしてしまったのかもしれないとまで考えました。

本人から詳しい話が語られなかったので悪い想像が膨らんでしまいました。

そして、もしこれが彼女ではなくてあの友達だったならどうしていたかな、という考えも浮かびました。

幼馴染や、なんでも話し合える親友から頼まれた借金だったなら、自分は応じていただろうと思います。

彼女は本当に借金をする必要があったのでしょうか。

家族の助けが得られないならば、身の回りの物を売ってお金に替えたり、定期預金を解約したり、当面はクレジットカードを利用するなど方法はいくらでもあったはずです。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.