体験談

住宅購入では借金は当たり前

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

家族を持つと、やはりが欲しくなるものです。

毎日暮らす家は、家族全員が満足できるような住まいにしたいものです。

家庭を築いて初めは賃貸物件に暮らしていたとしても、そのうち家賃を払うのがばからしく感じたりするようになることでしょう。

家賃も1年間で計算したり、さらには10年間で計算をしていくとかなり高額になることに気づくのです。

例えば、8万円の家賃の物件に住んでいたとしても1年間で百万円、10年間で1千万円ものお金を出していることになるのです。

それが賃貸の場合では自分たちのものになるわけでもないのです。

それなら借金をしてでも自分たちの所有物としてローンの返済をしていくほうがいいと考えることでしょう。

住宅購入では借金は当たり前02
そのように考えた時に、家賃と同じ額のローンの返済をしていく住宅計画を立てることもあります。

私の場合では、庭付きの一戸建てがいいと思っていて、夫も同様に考えていました。

土地も購入する必要があったために建物と両方で4千万円ほどのお金を工面しなければならなくなりました。

幸い、我が家は公務員の共働きであって安定した収入を見込むことができました。

ですから、金融機関に相談に行ってもすぐに融資可能である旨を伝えられました。

住宅ローン破たん|mny0138-001

最終的に外構工事や地盤の強化などで費用がさらにかかることになって、4千5百万円という額になったのですが、とりあえず5百万円は頭金で入れることができました。

あとの4千万円を地元の銀行から借入れをして借金をすることにしたのです。

返済は毎月10万円でボーナス月は18万円、35年の設定にしていました。

変動金利でより安くその時に返済したかったので、早めに返済をしたいと夫婦でも話をしていました。

繰り上げ返済が出来るときにはなるべく返済にあてる形でその都度返済をしている状態です。

今の状況としては、10年間で繰り上げ返済も合わせて2千5百万円ほど返済が出来ている状態です。

この調子でいけば、6~7年後には住宅の借金の完済をすることができるのではないかと思っています。

母親と散歩する兄弟|kid0015-009

しかし、我が家には小学生の子供が2人います。

ちょうど借金の返済が終わるころに教育費がかかるようになります。

それを見越した形で、全ての返済ができるようにしたいと計画を立てているところです。

公務員というと安定はしているのですが、一方でそれほど給与の額も高額ではありません。

ですから、節約できるところから節約をして外食を控えながら生活費を借金の返済にあてられるように頑張っているところです。

今まで10年間で子供が増えたりしながらも順調に住宅ローンを返すことができているのも、夫婦で協力しているからこそだと思っています。

ですから、これからも家族で乗り越えていきたいです。

Your new house

まだまだ借金の返済は続くのですが、自分たちの家というのはとても良いものです。

賃貸物件に暮らしていたころとはまた違った気持ちや家に対しての愛着があるのです。

これからも大切に住みたいです。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.