体験談

会社の同僚が借金でおかしくなった話

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

一般的な企業に勤めていた頃、金遣いの荒い同僚がいましたが、その人は借金で金銭感覚どころか、お金を借りる感覚さえおかしくなりました

仕事に対しては熱心で、趣味も同時に楽しんで充実している様に見えた同僚ですが、家族の話はあまりする機会がなく、家族構成に関しては一切不明でした。

ただ、代わりに本人の事は良く話してくれたので、何時の間にか同僚の事を良く知る間柄になっていました。

プライベートの付き合いはありませんでしたが、仕事の負担を分担してくれたり、何かと協力して貰う事もあったので、人間関係的には中が良かったと思います。

会社の同僚が借金でおかしくなった話

同僚は、仕事に熱心な事の反動として、趣味にも没頭する性格だった様で、借金の多くは趣味を実現する目的で借りていました。

具体的な趣味の内容は、流行りのエクササイズマシンやトレーニングジム、健康食品といった目的が主だったと考えられます。

しかし、一方ではスポーツにはまる事もあり、借金はスポーツ用品の準備や観戦チケットの購入といった、多方面に広がっていました。

スケートボードを持つ男性 階段|mns0013-009

借金が膨れた原因は、本人の興味が次々と変わったり、飽きっぽい性格で直ぐに購入した物がオブジェになる事にもあります。

また、同時に興味の対象が複数存在するので、毎月の借金額は目に見えて大きくなっていたと思います。

スポーツや体を動かす事は健康的で良いですし、その点は当初、羨ましい趣味だと思って話に耳を傾けていました。

ところが、同僚の昼食の質が低下したり、お昼を抜く事が多くなってからは、どうも生活が順調ではないと感じ始めました。

事情を聞けば、借金の事はあまり話しませんでしたが、お金に困窮している様子は分かったので、日頃から世話になっている代わりにお昼くらいは奢ると申し出ました。

餃子 ギョーザ ライス 食卓イメージ|cns0011-039

本人は最初、悪いなと言って申し出を受け入れましたが、3回程お昼を奢ってからは、やはり自身の問題で迷惑をかける事は悪いからと断られています。

健康的な趣味を多く持っているのに、表情は暗く楽しそうに見えなかったので、気の毒に思った事を切っ掛けとして、悩みについて相談に乗る事にしました。

初めは戸惑っていましたが、申し出の意図を理解して貰えた様子で、口数は少ないものの少しずつ借金に関する話を聞く事が出来ました。

借金を始めたのは社会人になってからで、元々体を動かす事は好きだったそうですが、一度お金を借りてからは、どうやら借金自体が目的に変化した様です。

本人によれば、金銭感覚や借りる事に対する恐怖感が麻痺しているので、この状況に陥った事は自己責任ではあっても、病的な事が問題だと自覚していました。

Symbol of wealth and success - rain from dollars

相談を聞いた後、同僚は会社を辞めてしまいましたが、その後も借金を続けていたみたいで、金銭感覚は更に麻痺が進行したとの事です。

おかしくなった同僚を止めた切っ掛けは自己破産で、皮肉な事に追い詰められた結果が暴走を止めましたが、それ以降の話は耳に入らないので今はどう生活しているのか分かりません。

お金の問題で人生が狂う話は時折耳にしますが、まさか身近に居るとは思いませんでしたし、自己破産で終結するとは想像もしていませんでした。

Schoolgirls to issue a yellow card

借りたら返す、これはお金に関する当たり前のルールですが、ルールを守れなくなれば簡単に金銭感覚がおかしくなる怖さを知りました。

暴走を止めてあげられなかった事に悔いは残りますが、相談出来る家族はいなかったのか、健全に借り入れが続けられる方法はなかったのかと想像すれば、同時に寂しさや虚しさも心に浮かびます。

お金は時に人を惑わせますが、だからこそ正しく借りる事が重要で、計画的に借りて返すを繰り返す基本、これを胸に刻んで自らの戒めにする事が元同僚から学んだ結果になります。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.