体験談

他人事だと思っていた借金

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

借金する話などは自分には全く関係の無い世界の話だと思っていました。

私は高校を卒業し実家近くの中小企業に通うOL生活で、実家から通っていた事もあり、30才手前の時点で結婚もしていなかったので貯金は300万円堅実に貯めて、将来の結婚資金にでもと思っていたのです。

しかし私にはまだ彼氏が居らず交際している男性は30歳にして誰も居らず、男性に関しては全くの無知でした。

なので会社の飲み会で知り合った一人の男性に出会った時は、舞い上がってしまい直ぐに結婚を夢見るようになって行ったのです。

彼の年齢は40才でしたし、私の年齢的にもつり合いが取れると思い私は付き合いの度に結婚をほのめかす事を言っていました。

するとある日、彼の口から意外な言葉が飛び出してきたのです。

思えばこれが私の借金経験の出発点になるのです。

他人事だと思っていた借金02
彼は実は以前結婚して居て、その妻との間に子供がいると言うのです。

そして私とは結婚したいが、子供がかなり深刻な病気で妻に任せっきりで別れているので、せめて病院代だけでも負担してあげたい

私はその言葉にとても彼の優しさを感じて貯金を全て渡し、足りない分は数枚のクレジットのキャッシング枠で借り合計で200万円を彼に渡したのです。

お金より彼が大事で目が眩んでいたのです。

貯金が300万円と借金200万円。

私はこれで彼の奥さんも子供も幸せになり、私は結婚するのは秒読みになると焦って居ました。

200万円の借金ですが、月々数万円の利子を払って行けば数年後には返済できる額ですので然程、気にはならないと思っていたのです。

しかしその後もずるずると彼は結婚話を引き延ばし、金銭的にも私に依存するようになって行ったのです。

ホテル代から食事代、また彼の月々のおこづかいの補てんまでもするようになっていた私は自分でも少しずつ疑問を抱かずにはいられない状況になって行きました。

ある日会社の同僚から彼氏を外で見かけたが、他の女性と歩いていたと言うのです。

私は驚いて彼に問い正すとなんと彼は開き直ってそれが何か悪いのかと言うのです。

私は頭が真っ白になり、結婚するからお金を工面したことを訴えると、今度はそんな金は知らないと言い張るのです。

私はやっとその時目が覚めました。

そして、全てが最初から私からお金をむしる為の嘘だったとやっと気が付いたのです。

確かに知らないと言われればその通りなのです。

私は彼から借用書も貰わずただお金を渡しただけだったのです。

警察でも請け合ってはくれませんし、弁護士に頼んだ所で証拠が何一つないのですから訴えようがありませんでした。

私は未だに月々数万の借金の支払いを続けてはいますがあと数年残って居ます。

勿論彼を恨む気持ちもありますが、結婚と言う餌に飛びついた自分の愚かさが一番駄目な所だったのだと反省はしています。

もう30才を過ぎ婚期は逃したとは少し思ったりはしますが、これからは堅実な人生をしっかり生きて行こうと思います。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.