借金返済は「ひとり」じゃカンタンに解決しません。

凄腕の弁護士に訊く!

体験談

ラーメン店開業で借金をした話

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

毎日の生活をしていく中で、お金というのは必要なものです。

普通に生活をするのなら、多額のお金でなくても細々と暮らすことができるでしょう。

しかし、商売をしていたり、会社を経営していたりするとお金がまた違ったお金が必要になるのです。

通常、一般家庭では借金というと住宅ローンやマイカーローンが普通ですが、場合によってはほかで大型の借金をしなければならないということもあるのです。

ラーメン店開業で借金をした話02
これは会社員をしていた知りあいが大好きなラーメンに凝ってしまい、自分でお店を開くということをして借金をしてしまった話です。

当初、会社員をしていたのですが、本格的に店舗を探して開店をすることを決意し、かなり多額の借金を作ってしまったのです。

醤油ラーメン|was0023-123

彼とその妻は夫の夢のためにラーメン店を開きたいと思っていました。

そういった相談は聞いていたのですが、子供も二人いて安定しない生活になることがわかっていたので、こちらとしても強く勧めることはしませんでした。

借りることにした店舗は郊外型の店舗であって家賃自体は10万円程度でそれほど高くはありませんでした。

しかし、お店を開くというのは大変なことです。

Bowl of ramen in ramen shop

キッチンを整備したり、テーブルや椅子、看板、お店まわりなどもいろいろな工夫をしていました。

しめてその借金は1千万円になってしまったのです。

彼らには2百万円ほどの貯金があったのですが、それも使い、残金の8百万円を金融機関から借り入れたのです。

都市銀行や地方銀行では相手にしてもらうことができなかったので、地元密着型の信用金庫に頼ることにしたのです。

しかし、オープンまではとても忙しかったのですが、仕込みなどもしてお店を始めてみると、昼どきで3~5名ほど、夕食時でも5名ほどのお客さんがくるだけの日が続いたのです。

さすがに夫婦二人で働き、仕込みもしっかりとして10名程度の集客ではとてもやっていくことができなかったのです。

問題としては、ラーメンの味というよりも立地条件でした。

やはりそこまで来て食べるという人は多くないということです。

Japan, Tokyo - March 14, 2017 : People are shopping for Japanese food at Tsukiji Fish Market.

よく検討をして、もう少し車の通りが激しい場所に移転をすることに決めました。

キッチンなどの厨房用品やテーブルや椅子などはすでにあるので、あとは新店舗の外観を工夫するだけでした。

その費用は200万円で、両方合わせても1200万円でした。

これに毎月の家賃が12万円ほどかかるようになったので、最低でも1か月で借金の返済と家賃で16万円になり、今でもかなり大変な状態です。

とはいえ、以前よりは多少は集客力もあり、毎日20名ほどのお客様がきているようです。

こういった状態を見ていると、自分でお店を始めるというのはとても大変なことだと思います。

Health insurance or love concept

安定した収入を得ることができるというのは心の安定にも重要なものです。

ですから、夢は夢として考えて、自分たちの生活を第一に考えていくようにしたほうがいいといえましょう。

何をするにも商売というのは楽ではないのです。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談