体験談

ちょっとした借金をすること

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

お金というのは、生活をするためにはとても大切なものです。

ですから、多くの人がそれを得るために働いたりしているわけです。

楽をして、お金を得ることはできないのです。

食べ物や着るもの、住まいなど、生活をするための必要最低限のものは、お金がないと手に入れることはできません。

そして、お金は計画的に使うようにしたほうがいいのです。

ちょっとした借金をすること02
子どもであっても、大人であってもお金をお店などで使うという機会があります。

それを上手に使えるのかどうかということはその人次第です。

節約をしながらも、豊かな生活をしていくことさえも可能であるからです。

何事も工夫次第です。

子どものころにちょっとしたお金が足りなくなって、友達などに借りた経験はありませんか。

駄菓子屋でお菓子を購入したり、学校で忘れ物をして、近くの文具屋で取り急ぎ、物を購入するときにお金を借りることもあったかもしれません。

ちょっとした少額のお金であっても借りた分は借金になります。10円でも100円でも同様です。

借りたお金は返済をする必要があるのです。

ですから、借りたら返すようにしていきます。

これでしっかりと返済をしないと信用をなくすことになってしまうことでしょう。

経験上、やはり借りたお金を返さない、つまり借金返済を怠ると、貸したほうと借りたほうでの関係が悪化することは間違いないといえましょう。

これは人間関係の基本です。

自分が人から借りて返済をしないということはなかったのですが、返済をしないで関係が悪くなってしまった人を見たことがあります。

ほんの千円の借金をし、返済をしないままに次も同じように借金を重ねてとうとう2万円ほどの金額になってしまって、揉め事の原因になってしまった男性がいました。

OSAKA, JAPAN - NOVEMBER 23, 2016: Pachinko entertainment parlor in Osaka, Japan. Osaka belongs to 2nd largest metropolitan area of Japan (19.3 million people).

どうやら使い道はパチンコだったようですが、金銭感覚が麻痺してしまって人からも借入れも忘れていると、とんでもないことになってしまうのです。

結局、関係が悪くなってしまってそれを解消しようと一括で急いで返済をしたということでしたが、そのしこりは後にも残っていたようです。

貸したほうの気持ちを考えても、返済をしてくれないととても嫌な気持ちになることは誰もがわかることでしょう。

借りたものをしっかりと返す、さらには利息をつけてでも返済を速やかにすべきなのです。

 

もしも、お金が足りなくて人から借金をするという状態になってしまったら、親や兄弟ならまだしも、知り合いや友達は避けたほうがいいでしょう。

他人にお金を借りることよりも、金融機関などに借入れをしたほうが利害関係がなくて気が楽です。

銀行やクレジットカードのキャッシング、消費者金融など、いろいろな機関があるのですが、自分の条件にあったところで下調べをしっかりとして借りるようにしたほうがいいでしょう。

このように、ちょっとしたお金であっても人に借りるときには、しっかりと返済をしていくようにしましょう。そして、信頼関係を崩すことがないようにしたいものです。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.