体験談

かなり不安な借金の解決方法

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

私の同僚の生田君と土井君は、同じくギャンブル好きでした。

外回りの時も開催があれば競艇に行っていましたし、パチンコも大好きでした。

あってはならないことではありますが、マージャンでもお金を散じていました。

どっちもギャンブルの神様ではないのですから、負けています。

もちろん勝つ時もあるのでしょうが、トータル負け。

ギャンブルの神様と言われる人でも「トントンで勝ち」というぐらいですから、負けるのは当たり前です。

しかも暇さえあればギャンブルをするというのであれば、負けは大きくなります。

二人仲良しなので、危機感もどことなく緩みます。

二人で協力して借金をする相保証までしていました。

かなり不安な借金の解決方法02

しかし総量規制の法律や金利の引き下げなどの対する各貸金業者の対応によって、二人の借金事情は大きく変わりました。

もうどうやっても借金はできません。

自転車操業もできません。

一人当たり500万円程度の借金でしたが、自転車操業もできないのであれば、窮地に立たされます。

二人はそろって弁護士へ相談しました。

ある程度の給料もありましたので、任意整理でも解決できますし、借金総額から見て自己破産の選択も可能です。

あとは自分で頑張る気持ちがあるかどうか次第になります。

生田君はメリットとデメリットをしっかりと聞き、その上で任意整理を選びました。

支払い額も大きなものでしたが、過払い部分を元金に充当し、金利も圧縮して、3年経てば完済になるような方向で話し合いが落ち着きました。

もちろん弁護士に代理人となってもらっていました。

土井君は返済する金額を見て、気持ちが萎えました。

デメリットを聞いても、自己破産で免責を受けた方が良いと考えたのです。

そこで自己破産の方向で解決を弁護士に依頼しました。

かなり不安な借金の解決方法03

しかしタイミングとは恐ろしいもので、自己破産で動いていた土井さんのお父さんが突然亡くなりました。

他の兄弟は二次相続まで母親のために放棄するといっているのにもかかわらず、土井さんは相続を主張しました。

そして現金を手に入れた土井さんはその半分で借金を全額返済し、あとの半分を遊興に充てました。

Laptop fruit machine online gambling win concept

またギャンブルです。

そのお金もすぐに底をつき、後は借金をまた作り始めました。

しかし土井さんには「また、今度は困れば破産すればいい」という考えがありました。

母親がなくなって相続を受ける前に破産しておけば、前回のように遺産を支払いに充てることもありません。

すべて使えるお金になります。

随分と虫の良いことを考えるものです。

一方生田さんは、任意整理によってこつこつと返済を続けていましたので、もうすぐ完済します。

完済すれば支払いが無くなった分、それを貯金に当てようとも思っています。

 

ブーケ 花嫁 新婦 ウェディングドレス gft0109-049

すでにフィアンセもできましたので、完済出来れば結婚しようとも考えていました。

借金の件はすべて婚約者にも話し、ギャンブルも一切やめています。

完済したのちは、自分の信用情報が復活するように、努力しようとも考えていました。

フィアンセが出来たことで、自分の信用情報が悪ければ家のローンも組めないなど、様々な不具合が生まれてしまうことへの危機感をしっかりと感じるようになっていました。

どういった借金の解決法を取るかによって、二人の考え方は全く違っていました。

破産が悪いわけではありません。

破産でしか救済されない人も絶対にいます。

死のうかとまで思いつめていた人が破産によって救われれば、それはそれで良かったと思えるものです。

充分に苦しんだことでしょう。

しかし土井さんのように安易な方向でしか解決をしなかった人は、自分のしでかしたことの責任を全く負っていません。

同じことを繰り返すのは目に見えています。なんとも言い難い出来事でした。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.