体験談

かつての同僚の借金について思ったこと

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

数日前のことになりますが、以前の職場で一緒だった同僚とばったり会いました。

彼はもう7年も前に会社を辞めて、その後メール交換をする程度だったため、長いこと顔を合わせていませんでした。

結構ウマの合う奴だったので、なぜ会社を辞めたのか、それがはっきりしなかったことについて、何か腑に落ちないものがあったのですが、その日2人で飲んだ時の話で、やっとその理由がわかりました。

彼は、借金をしていたのです。

かつての同僚の借金について思ったこと02

7年前、正確には7年半前ですが、勤めていた保険会社から、彼の姿が急に消えてしまいました。

最初は有給休暇でも取っているのかと思ったのですが、1週間過ぎても出て来ないため、部署の女性に聞いたところ、Aさんは辞めたみたいですとの一言で、それ以上のことはわかりませんでした。

そのため送別会もできず、次の職場がどこであるのかもわからなかったのです。

彼によれば、その時数百万円の借金があったということでした。

Japanese hanko on white background

その借金は、親戚の借金の保証人となったためにできたものでした。

その親戚が返済不能になって自己破産をしたため、彼が返済せざるを得なくなったのです。

しかし彼も結局代わりの返済ができず、同様に自己破産に踏み切ったわけです。

自己破産をすると、保険関連の場合は一時的に停職になります。

もちろん、他人にわかることはまず無いらしいのですが、彼は故郷に両親もいたため、思い切ってそこに転居をし、新しい仕事についたということでした。そしてその後結婚をして、今は子供もいるそうです。

奥さんには、自己破産のこともきちんと伝えて、そのうえで結婚に踏み切ったようです。

自己破産の場合は、7年間借り入れやローンの申し込みができないので、仕事をしている奥さんの名義ですべて申し込んで、何とか家も手に入れたとのことで、聞いているうちに、何か目頭が熱くなりました。

その後も彼の話は続きました。

vector silhouette of lonely man in front of the window

自己破産当時はヤミ金から色々融資案内のDMが来たこと、官報に名前が載るため、役所勤めの友人が目にしないだろうかと落ち着かなかったことなどから、先日やっと7年が経って、久々にクレジットカードを申し込むことにしたといったことまで、延々と続き、しばらく時間が経つのを忘れました。

ちなみに彼が今やっているのは、農業用機械の開発に関連する仕事ということでした。元々大学で機械関係を専攻していたため、本当はそちらの方に行く予定だったのが、ひょんなことから保険の営業という仕事を選んでしまっていたのです。

もっとも、そのおかげで彼と知り合うことができたのですが。

今回はたまたま、その仕入れの関係で東京に来ていて、ばったり出会うことができたのです。

これも何かの縁だろうということで、彼は自分の名刺と住所のメモを渡してくれ、そのうち遊びに来いと言ってくれました。

japanese businessman thinks about something 

実はその時、私もお金を借りようかと考えていたのです。

オーディオ製品で欲しい物があったのですが、彼の話を聞いて思いとどまりました。

 

今使っている物でまだまだ十分ですし、ボーナスが入ってから決めればいいことです。

確かに、自分の収入で欲しい物を買い物するのは悪いことではありません。

ただ、借金してまで買うべきものなのかどうか、それは見極めた方がよさそうです。

cartoon Home Appliances icon

彼が保証人になった親戚とは彼の甥で、社会人になりたてで色々な家電製品やゲームソフトなどを買おうと思い、あちこちでお金を借りたため多重債務となってしまって、多額の借金を抱え込むことになったのです。

その時彼も、自分の収入にふさわしい物をまず買えとその甥に諭したそうです。

その同じ言葉を、今の自分にも言い聞かせることにして、オーディオを見送ったその代わりに、ささやかな贈り物を自分にしようと思い、携帯を新規契約することにしました。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.