体験談

お金の悩み、借金取り立ての不安から解消されたい

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

 

生活でお金に困ったとき。

 

借金を負債してしまいますよね、返済をしていくうえで。滞納する場合があったりと、返済が上手くはかどらないと言う、状況になることも、よくありますよね。

 

そして。

 

そんな時、返済をしてもらうため。お金を取り立てるために。借金取りの方たちから、なにかしらの方法で、催促がきてしまうということが、出てきますよね。

 

返済が間に合わなくても、こちらにお金が無いような状況でも

取り立て業者の方たちは、叩き潰すかのような、容赦の無い非情さで。

 

返済の催促・取り立てるために、動いてきます。借金で借りたお金は、しっかり完済をする。

一般常識で当たり前と言えば、当たり前です。自堕落な理由で、借り入れて

 

さらに。

 

返すことをせず、別の方に肩代わりをして返済させた。それは、人間性を疑ってしまいますし。

 

さて。

 

取り立ての方法なのですが。法律からズレていて、違法。威圧的・高圧的で借金返済を、煽ってくる場合があります。

 

では。

 

先ずは、取り立ての方法について。シンプルに、あげていきましょう。

335886c3d4b9ca6af8c4c6e94d946c91_s

 

【金融業者の取り立て方法】

先ず、返済するための支払いを要求する

電話連絡をしてきます。

 

借金を返済してくれるよう、電話越しで、いろいろと話を伝えてくるでしょう。

 

ところで。

 

金融業者にデリケートなかかわりになる方たちに、自分の連絡先が把握されていて。連絡をスタンバイできるみたいな状態でいられると。緊張して不安になりますよね。

 

お金の相談なので、かかわらない暮らしは無理だとも思いますが。それとなく。生活していく空気の苦味さを、感じます。いつ電話が着てもと言う状態、

明日、催促の連絡が入るか。明後日、催促の連絡が入るかと思うと。大変、落ち着きませんよね。

 

次に催促状を送ってきます。

そして、返済の通告をしてきます。

返済が上手くできなかった場合は、向こうも段取りを段々と、エスカレートをさせていき。

edee92d1d25e7019379dfe497422e58d_s

最終的に自宅まで訪問して、借金の取り立てをしようとしてきます。

 

先入観だけ、考えてみると。週末サスペンス・ドラマを鵜吞みにした、イメージになりますが。取り立てが自分の家まで、押しかけてきて。

 

玄関扉の前で、隣近所の事もおかまいなしに声を荒げて、借金の返済を煽ってくる。と言うような、先入観がありますよね。

 

扉を開けてしまったら、部屋まで強引に入り込み。威圧的な態度で、座り込みながら返済の話を、延々と行うでしょうね。お茶も出せない、ピリピリした空気になるでしょう。

 

とにかく、怖い。

と、言う思いを体験するでしょう。向こうはさらに、とどめを与えるかのように。

da583c7364ff3db44bb342bffe279e32_s

 

法律での対応で、返済を要求してきます。

 

裁判や法律の世界に入り込むと、自分たち一般人は知識が無いので、向こうの言われるがままに追い込められてしまうでしょう。

中途半端に知識を得ていたとしても、取り立て業者も、知識を持っているため

 

付け焼刃で、対立しても敵わないでしょう。実際のところ。

51c0922dd82ec67ce2485c32889bf20d_s

 

負債者側が返済に、追い付かず。

お金を返せていないことを、

取り立て業者は上手く利用し

威圧的・高圧的という態度での取り立てを行うという場合も。

 

負債者側のこちらが。法律や借金のについての知識を、まったく知らないと言うことで向こうもそれを上手く活用して、高を括る感じになるのです。

 

特徴的な行いをあげてみましょう。

①深夜から朝(午後9時~翌朝8時)での電話・ファックス・訪問等の取り立て

非常識な時間帯での、連絡や訪問になりますね。

友人同士でも非常識な時間に、メッセージや通話をすると今は睡眠を取っているのに、と不愉快に感じますでしょうし。

なんとなく、良いと言う感覚で受ける方もいますよね。

 

しかし。

 

これは、金融の取り立ての連絡なので。非常識な時間帯に連絡が入ると、不審な気持ちになるでしょう。

 

②音信不通になってしまうなどの理由も無しに、債務者の勤め先・自宅の家以外の場所への電話・ファックス・訪問等の取り立て

外などの場所で、取り立てるということでしょうね。

街でいきなり遭遇して、取り立てが始まると言うのは怖いと思います。

街を歩くことが、トラウマになってしまいますよね。

 

③負債者以外の者(家族・親族)に、借金の返済要求を求めること

本人が返すことになっていますが、部外者にお金を返してと要求することです。

保証人などの問題になってしまうと、内容は変わると思いますが、基本は負債者以外が、返済に巻き込まれることはありません。

 

④負債者のプライベートの内容を、第三者に口外をすること

あらさがしと言うこと、ですかね。

人のデリケートな部分を、取り立て側が雑談みたいな軽いノリで、人に話してしまう。

なんとなく、友人や家族のそういった、あらを言うことはあるのですが。

こちらの場合は、事情が変わってきます。

 

⑤取り立ての訪問に対して、退去の意思表示が出ているのに、退去をしない

帰ってほしいのに帰ってくれないと言う、例えですかね。

こちらの事情も、おかまいなしに居続ける。規律と秩序の、社会人らしくない行動にも見えてきます。

こういった行動が、目立つ場合。

553f3cbe69984c8a928a11c8c421dbf2_s

 

警察に事情を説明したり、弁護士に相談をしましょう。

 

しかし。

 

恐怖感を煽るような取り立てを実際に受けてしまうと、動揺を隠したり乗り越えられず、

物事を客観的にみると言う観察力を失い、状況を冷静に受け入れ、考える力も失うと思います。

 

そんな時は、独りで抱え込まずに、家族や身内に相談して、解決方法を探してみたり、気持ちを吐き出すことが良いと思います。

警察や弁護士に相談をすると言うことに、緊張を感じるのでしたら。

 

先ずは、友人や家族と身近な人に事情を話してみると、言うことが良いのです。

返済の手助けを期待したり、弁護士の方のような専門的なアイデアは期待しない方が良いのですが、心強いと感じたり気持ちがきっと、落ち着くはずです。

では。

違法的(事件性)な内容の取り立て方法をあげてみましょう。

内容はまるで、サスペンスのドラマのような、仕上がりになっています。

 

・負債者の自宅に、許可を得ず入ってくる

・怖い描写を言い、恐怖感を煽り。怒鳴り声をあげたり、威圧的な態度で取り立てる

・他の金融から、お金を借りることをすすめられて。そのお金を返済資金にさせる

・負債者の勤め先・自分の家以外の場所へ取り立てを連絡してくる

・負債者を閉じ込め監禁する

などなど。

 

実際に遭遇することがあるかもしれません。お金が関わると、本当に怖い目を見ることになりますからね。

 

そして、簡単な対処方法・ポイントをあげましょう。

①内容・日時をメモしておいて、残しておく

②脅しや恐怖感を煽るような張り紙は、証拠物として残す

③電話・留守電・メール。内容と日時の録音・保存をしておくこと

この3つが揃うと。警察に相談するときに、重要なアイテムになります。

981cf1ff73f9aad59144c791068740c8_s

 

【相談は生活安全課へ】

警察の、どこの課へ相談をしたら良いのかな?と、思いますよね。原則は生活安全課へ相談を。

 

どうでしたか?ここでは、取り立てトラブルの対処方法を、最低限ながらもあげていきました。ここで得た、アイデアは気休め程度のものだと思いますし。

文章だけ読んでも、あまり考えがまとまらないだろうし。落ち着かない、と言う場合もあります。

では、どうしたら。

59b7e7ad7d13241cd295dfe3846a1e81_s

こんな方法があります。

http://ventagafassolrayban.com/knowhow/hensai/

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.