アンケート

失業中に借金返済!みんなはこうやっていた!

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

失業中の借金返済はほんとうに大変でした。

失業保険を月に13万円ほどもらっていましたが、それだけでは生活するのでやっとです。

そこで、アルバイトをして収入を得ていました。

工事現場などの仕事はきついですが、週に2回だけといった働き方ができ、日払いなので便利です。

それでも毎月の最低額を返すのでやっとでした。

正社員の仕事は見つからなかったので、妥協をして派遣の仕事に就き、借金を完済しました。

3064227 (2)

 

大手の会社に勤めていましたが不況の影響でリストラされてしまい失業中はキャッシングを利用して生活費を賄っていました。

当然、数ヶ月後には多額の借金となり、自分では返済することができなかったので両親に相談して完済してもらいました。

今はきちんと働いて毎月両親に少しずつお金を返していますが、二度と安易な気持ちでは借金をしないことを誓っています。

3070451

 

失業中に借金の返済をしなければならない時期がありました。

月々の引き落としは大した金額ではないですが、都心に一人暮らしだったので自分でなにもかもしなければなりませんでした。

求職活動はハローワークでやっていて、その間職業訓練校に行っていました。

訓練校に行っている間は、失業保険の給付とは違いアルバイトも可能ですし月々給付金がもらえます。

訓練校に行くことでもらえる給付金を返済に充てていました。

3066429

 

大手の企業に勤めていましたがリストラにあってしまい、失業中はキャッシングで生活費を賄っていました。

しかし一度借りると抵抗がなくなり、当然のように借り入れしていたところ、多額の借金として跳ね返ってきました。

自分ではどうにもできなかったので、弁護士の先生にお願いして債務整理をしてもらいました。

おかげで今は完済に至っています。

3074458

 

からだが弱いこともあり会社を辞めてしまったのですが、失業中の生活費を工面すべく借金をして賄っていました。

当然ですが、そんな日が続くと返済額も大きく膨らみ、とうとう手を付けられない状態にまで陥ってしまいました。

催促の通知や電話に悩まされ、辛い日々を送りましたが、両親に怒られることを承知でお金を借りて完済に至っています。

3070452

 

証券会社に務める旦那がいきなり会社をやめてからというもの、一気に失業状態になって生活が苦しくなりました。

それまで裕福な生活をしていたので貯金もなく、あっという間に下流へと転げ落ちてしまったのです。

旦那は失業中でも一切働く気持ちがなかったので、私が水商売をしながら借金の返済をすることになりました。

夫婦仲は冷えきってしましましたが、借りたものはきちんと返し終えてほっとしたのです。

A cash register line in the supermarket

 

田舎でスーパーのパートをしながら花嫁修業をしていましたが、いきなり閉店になって解雇されてしまいました。

簡単に仕事を見つけようにも働き場所が少ないため、失業中に借金をしてしまっていたんですよね。

当然ながら貯金も収入もなくなると返済もできず、本当に苦しい生活を送っていました。

最後は身動きができず、親に泣きついて全額返済して事無きを得たのです。

3066431 (2)

 

借金の返済途中に失業中だったことがあります。

求職活動をしていて、下手にアルバイトも始められない状態でした。

そこで単発のアルバイトだったら出来る思い、エキストラの仕事を何度かしました。

1回あたり3千円程度と、拘束時間が長いわりには収入も少ないのですが、やらないよりはましと思い、その収入を返済に充てました。

3066432

 

借金を返済している間に派遣の仕事が終わり、どうしようかと思ったことがありました。

実質失業中とはいえ、失業手当も出ませんので、派遣社員の身分のままお金を別の業者から借り、それで返済したことがあります。

幸いそのすぐ後に仕事が入り、その収入で何とか一息つけましたが、やはり派遣は不安定だなと思い、この2つの借金がきっかけで派遣をやめてアルバイトをし、正社員になりました。

3066432 (2)

 

不況の煽りを受けて会社をリストラされたのですが、失業中の生活費に困って借金を作りました。

何度も繰り返して借りていたことで額は大きく膨れ上がり、どうにか返済するべくアルバイトを始めたのですが、それでも全く追いつきませんでした。

結局、両親や友達に頭を下げてお金を貸してもらったのですが、もう軽い気持ちでは借り入れはしないと心に決めています。

【体験談】こんな時、みんなどうしたの?聞いてみた結果…

とうもろこしさん(35歳男性)

失業中の借金返済は焦ります。

すぐに希望の仕事が見つかればなにも問題はないのですが、仕事が見つからないとどんどん追い詰められていきます。

私のときには、2カ月経過しても希望の仕事が見つかりませんでした。

借金の返済があったので仕方なく派遣の仕事を選びました。

借金がなければもっと良い仕事に就けたかもしれないと思うと、消費者金融でお金を借りたことを後悔しました。

失業中は一時的に収入がゼロになるので、とても焦りますよ。

 

タニムラさん(38歳男性)

自動車を購入するために借金をしたのですが、ローンを返していない段階で会社をリストラされてしまい、どうやってローンを返済すればいいのかと頭を抱えていました。

その際に友人からアドバイスを受けて、失業保険を活用しながら生活費を工面しつつ、寮付きの工場の仕事を始めるようになってからは、着実に借金を返す事ができています。

毎月の家賃の支払いに悩まされずに済みますし、寮での生活は意外と快適なのでストレスも感じなくて、このまま借金を完済できそうです。

 

バイキンマンさん(43歳男性)

失業中に借金の返済をしなければならなくなったとき、真っ先にしたことがリサイクルショップへ売れるようなものを売りに行ったことです。

普段使わないようなものが結構あったのでそれを売って幾らか手に入りました。

後は記念硬貨や骨董品など祖父が集めていたものをもらったものがあったので、それも骨董品屋へ鑑定しに行って、買い取ってもらえそうなものはその場で買い取ってもらいました。

他にも買い集めていた漫画を売りに出したりして小銭を稼いで返済に充てていました。

 

braiaさん(43歳男性)

借金の怖いところは失業して収入が途絶えても、毎月返済を要求されることですね。

これは当たり前のことではありますが、失業中の取立ては厳しいものでした。

サラリーマン時代は飲み会費用をキャッシングで調達することが多く、それでも収入があるから返済していけたのです。

当然失業すると借金を返すのが厳しくなるので、単発バイトをして返済金を捻出しました。

現在は無事に再就職できたので、借金は地道に返すことができています。

金融機関からお金を借りるのは、必要最低限に抑えておくべきですね。

 

カードは怖いさん(43歳女性)

ずっとパートを務めていてクレジットカードでかなり買い物をしていたのですが、体調面や人間関係のために仕事を辞めることになりました。

失業しても直ぐに仕事を見つけるつもりだったのですが、中々そうもいかず、借金だけが残ってしまい返済もかなり遅れてカードも停止になりました。

結局、自分での支払いが難しくなってしまって両親に支払ってもらいました。

現在は、クレジットカードもリボ払いもこりごりなので、デビットカードにしてお金の管理をするようにしてます。

 

くまごろうさん(36歳女性)

息子が生まれて失業していた頃に、旦那の借金が発覚して毎月返済していかなければならなくなりました。

普段の生活費に加えて、月々2万円返済していくことになり生活はかなり厳しくなりましたが、家賃が安い古いアパートに住み、なるべく生活費を抑えて暮らしていました。

そうすることで順調に借金は返済することが出来ましたし、今は完済しています。

自分も新しく職につき、息子は保育園に入れて生活費を稼ぐことでそれなりの生活は出来ていたと思います。

 

ももじろうさん(39歳女性)

失業中の借金返済は、精神的にも金銭的にも辛いものがあります。

失業中だからと言っても返済日はやってきますので、日雇いの派遣会社に登録してお金を稼ぎました。

派遣会社は週払いも可能なところが多いので、直ぐにお金が入ってくる派遣会社に数社登録して掛け持ちしました。

待っていても稼げませんので、失業中でも積極的に動くことが大切だと思います。

それでも足りない場合は、親に借りました。

私はそれしか方法が無かったです。

 

失業をすると困窮さん(40歳女性)

仕事を辞める前から少し借金があったのですが、体調を崩して仕事を退職することになり困りました。

数ヶ月は何とかやりくりして失業保険もあったので、暫くはそれで返済をしていましたが中々次の仕事も見つからず返済も遅れがちになりました。

誰も頼れる人がいないので、バイトや派遣などで一時的に凌ぎながら、今はやっと仕事が見つかったのでそこで働きながら少しずつ返済を続けてます。

どうしても支払いが難しい時は債務整理も考えた方がよいかもしれません。

 

失業で借金返済に困った20代後半の男さん(29歳男性)

私は細かい出費があるたびに便利なのでカードローンを利用していました。

70万円ほど借金をしているときに会社が倒産して失業したことがあります。

次の仕事が見つかって給料が支給されるようになるまで返済が大変でした。

私は借金の他に貯金も50万円ほどあったのですが、失業後は生活費なども必要になります。

新しい仕事が見つからない状況が長く続けば返済が不可能になってしまいます。

何とか知り合いのつてを頼って新しい仕事に就くことができたのでよかったです。

給料が支給されて無事に返済を続けることができました。

 

お金に苦労さん(34歳男性)

会社が倒産してしまい失業することになり、その時に困ったのが借金の返済です。失業手当がもらえるといっても、次の仕事が見つかるまではかなり生活が厳しかったです。

最近は、人材不足でどこも募集しているといっても、自分の希望するところが見つからず中々次の就職先も決まりませんでした。

その間も、返済は待ってくれませんからひいひいいいながら支払いをしました。

今、考えてもあの時期はきつかったですが、再就職先が見つかり何とか借金も返しています。

 

さくらんぼさん(39歳女性)

失業中に借金があった時は、昼間の仕事と夜間のバイトを掛け持ちしてお金を稼ぐようにしていました。

単発のバイトや自宅で出来るポイント稼ぎなども一緒にしていたので、返済日にしっかり返すことが出来ました。

就職活動もしながらですが、まずバイトなどをしなければ借金はなかなか返せないと思います。

借金返済は絶対にしなければいけないことなので、そちらを最優先にするようにして、合間の時間で就職活動をするようにしていました。

 

新築借金サラリーマンさん(41歳男性)

当時は自宅を新築して1年後でそのこともあり会社では残業時間も増やし頑張っていましたが、その会社が突然倒産し来月には閉鎖することになりその年のボーナスが出ないとのことで、ボーナスの月は返済金額が多いこともあり一時的な対策として消費者金額で借金をしました。

しかしその後新しい就職先も決まらず半年間失業状態で、生活費も必要なこともあり仕方なく妻の両親から借金をし、その後就職先も決まり全額返済はしたものの、義理の両親とは顔を合わせてもいまだに頭が上がりません。

 

ケンタローさん(35歳男性)

これまで真面目にやってきたのにいきなり会社を首になって失業した途端、その反動からパチンコやギャンブルに打ち込むようになって借金を作ってしまいました。

借金の返済ができない焦りからうつ状態になってしまいましたが、すぐに催促の連絡が入るのでうつは益々悪化していったのです。

このままでは人生が終わってしまうと思い、債務整理をするために弁護士に相談しました。

結局、自己破産して、多重債務から逃れることができました。

しかし生活するには収入を得ないことにははじまらないので、働き口を見つけるために今は技能を修得するため給付を受けながら就職活動をしています。

 

ピンチヒッターさん(41歳男性)

借金は身の丈にあわないゴールドカードを取得してしまい、支払いができないほどクレジットカードを使いすぎたことです。

支払いが月20万円以上で給料のほとんどが返済に回っておりました。

失業は会社の倒産が原因です。最初は失業保険でまかなえていたのですが、不景気の煽りをうけなかなか転職ができずに、失業保険が打ち切りに。

最終的に実家を頼り、全額返済をしてもらいました。

代わりに借金返済してもらった実家にはいまでも返し続けていますが、利子がつかない分気持ちが楽になりました。

 

悲しい現実さん(44歳男性)

借金があるにも関わらず失業してその返済に困った時がありましたが、借金は個人からではなく公の所から借りていました。

失業している身では日々の暮らしを優先して月々の返済に頭を悩ませてしまい、そこでその借金をしている所に出向き現実の状態を丁寧に話しました。

担当者の方はきちんと話しを聞いてくれて決められた返済金額を下げて返していく期間を長くする方法もあることを教えてくれたので、おかげで何とか返して行くことが出来ました。

 

借金に首がまわらないさん(39歳男性)

仕事をしていても借金の返済がかなりきつかったのですが、それが急に失業になって収入がなくなりました。

何とかあちこち頭を下げてお願いしたのですが、借金が多いためどうにもならず最終手段として自己破産をしました。

色々デメリットも多いですが全額免除されたのでそれだけはほっとしています。

破産後はクレジットカードも使えなかったり、僅かな財産なども没収されたりと色々不便なこともあります。

ただ、返済が完全に難しい時には一つの選択として考えるのもありです。

 

失業借金者さん(37歳男性)

以前失業中に借金をした経験がありましたが、その当時は過去にお金を借りた経験がなくもし借りるならしっかりした金融機関からお金を借りたいと考えていましたが、失業中ということもあり貸してくれる金融機関もなく生活費に行き詰まり両親からお金を借りることにしました。

その後不景気ということもあり1年間は失業中でアルバイトで生活費を稼いでいましたが、両親へは少額ながら必ず毎月返済をし、その後無事に新しい就職先も決まり全額返済することができました。

 

のりへーさん(41歳女性)

もともと奨学金のローンもある上に実家に仕送りしていたので、基本的にお金はかつかつ状態でした。

しかも仕事は不正規のパートだったので、会社の業績が悪化した途端あっという間に失業となりました。

その結果、アパートの家賃も払うことが難しくなり、どうしてもお金が必要というわけで、カードで借金を選択。

でもさすがにこのままでは困るので、まずは実家に理由を話して仕送りを一旦中断し、失業後もアルバイトを掛け持ちすることで、何とか家賃と奨学金ローンは確保。

あとはカード分の借金返済となりますが、ここで驚きの展開として、実家から助け舟が出ました。

実家では仕送りの一部を貯金していてくれたので、その貯金を借金返済の分として使用。

そして現在は実家に戻ったので、生活に少しゆとりも出来ました。

 

スノーマンさん(42歳男性)

借金が全く無かったので新車を購入しましたが、ローンが後5年残っている状態のときに突然リストラで失業してしまいました。

借金は無いけど貯金も無かったので、とりあえず返済と生活費を稼ぐために早朝から深夜まで掛け持ちでバイトをやってぎりぎりローンは払いましたが、1度だけどうにもならずバイト先に都合してもらったこともあります。

今はバイトから正社員になることができたので返済は問題ありませんが、このことを教訓に貯金も少しずつ始めています。

 

うみとやまねこさん(43歳女性)

事情があってカードローンで借金をした後に、仕事で人間関係が上手く行かなくなって体調を崩し失業してしまいました。

借金の返済を失業中も継続する必要があったために、正直心配ではありました。

もともと借金を行う際に返済計画は毎月の金額を抑えることを優先しておいたため、毎月1万円の返済で済んでいたのです。

外に出られない期間の失業中も簡単な在宅ワークで少しずつお金を貯めてそれを当てることができたのです。借入の計画は大切だと痛感しました。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-アンケート