アンケート

大学生も借金返済で苦しむ!失敗体験談

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

大学生のとき、親から仕送りをもらっていたので生活費は問題ありませんでした。

その上アルバイトもしていました。

どうして借金返済する事があったかと言うと、ファッションビル等の提携でクレジットカードが大学生でも作れるからです。

大きな借金はしないですが、週末の旅行とか、友達付き合いのコンサート等のイベントでこまごました出費にカードを使っていると、毎月の返済が10万円を超す事もあり苦しみました。

 

大学生の時に借金で大変な思いをしました。

ギターを購入するために学生ローンで10万円を借りたのですが、その後すぐにバイトをクビになってしまいました。

バイト代がでないと借金が返済できないので、もらっていた奨学金を増額してもらいました。

そのときは解決しましたが、奨学金が増えたことで社会人になってから苦労をしています。

3066418

 

大学生の頃、それまでの環境と大きく異なった都会に出たことで気持ちが大きくなってしまい、つい見栄を張るために高い服や靴などを買いあさっていわゆる大学デビュー状態となってしまいました。

学生OKのクレジットカードを持っていたのですが、そのうち返済に困るようになり、親から振り込まれた学費も借金の返済に使ってしまいました。

勉強どころではなくなり、バイトに明け暮れて結局1年間留年。

本当に痛い目にあいました。

3082296

 

金融機関の担当者に聞いた話ですが、大学生が借りる妥当な金額は10万円らしいです。

それを超えるとバイトを増やす必要があり、学業が疎かになる可能性が高いそうです。

学生のころ20万円の借金をしたことがありますが、確かに返済するのは楽ではありませんでした。

本当に借りるのは一瞬ですが、返済するには時間がかかるものです。

3074451

 

カードローンは未成年は借りることができませんが、20歳以上で仕事をしていれば大学生でも借りることができます。

以前に30万円を学生ローンで調達したことがありますが、社会人にとっての30万円とは重さが違います。

30万円くらいと安易に考えて借金をしたのですが、利息が思いのほか大きくて返済に苦労しました。

学生が安易に高額融資を受けるのはよくないと思いました。

3074452

 

大学生の時、クレジットカードの借金が常にありました

一人暮らしをしていたので、日々の買い物や学校で必要なものはほとんどカードで払っていました。

一時は毎月の自動引き落としが10万円を超え、残高不足の危機だったためアルバイトを2つ掛け持ちしていました。

学校が終わって夕方から深夜2時ころまでのバイトが週5日以上あり、昼間は眠くてしかたないですが返済のために2年頑張りました。

 

3073154

 

大学生や大学院生にとっても借金は無縁ではありません

多くの学生が利用している奨学金も一種の借金だということができます。特に大学卒業後に就職をしなかった人にとっては返済の方法がなくなることにもなりますので、安易に借りることなく、将来も見据えて利用することが重要です。

思いの外、多くの金額が積み上がるケースが多いです。

3073155

 

大学生になり、アパートでの一人暮らしで毎日が充実していました。

アルバイトも始めて、自分のお金も出来て、友達と遊びに行くようになりました。

しかし、ある時お金が足りず軽い気持ちで学生でも借りられるキャッシングで借金をしました。

アルバイトでいくらでも、返済出来ると思っていましたが、現実は違い返済が難しくなり

親に頼んでお金を返してもらいました。

借金を甘く考え過ぎていました。

3076298

 

大学生の頃、いわゆる学生ローンを利用してお金を借りました。

目的は旅行だったのですが、調子に乗ってその他の目的にも使ってしまい、アルバイト収入だけでは返済できなくなっていました。

仕方ないので、親に事情を話して少しお金を援助してもらい、それで返済を続けて、社会人になってやっと返し終わりました。

あまりいい経験とはいえませんが、社会人になって、借金にシビアになったという点では勉強になりました。

3073156

 

都会の大学校に出て1人ぐらしをしている身分上、親者人のファミリーカードとしてクレジットカードを作ることになりました。

必要な人生費はそれで賄うようにと手当代わりに使っていましたが、合コンにはまってからは衣料やデート代につぎ込むようになっていったのです。

借金という認識がなかったのですが、次の月に親にこっぴどく叱られて、労働をしながら返済を終えたのでした。

3071564

【体験談】こんな時、みんなどうしたの?聞いてみた結果…

学生借金王さん(30歳男性)

大学生のころ20歳を超えたことこともあり個人で契約できるため、消費者金融から借金をしたものの返済に行き詰まり苦しい思いをした経験がありますが、その時は両親に内緒で借金をしたこともあり返済日が近くになると友人からお金を借りてその場を乗り越えていました。

ところがその借金が原因で友人関係も悪化し督促も多くなり、当時のアルバイトの給与では支払いができなくなり両親に相談しお金を借りることとなり、社会人になり返済するとの借用書も作成し全額返済をおこない、その後社会人になりこつこつと返済し現在は全額返済し終わりました。

 

家柄は大切さん(27歳女性)

大学に進学したいけれど実家が貧乏でお金を準備することができなかったため、奨学金を利用して大学生になりました。

大学生の段階で借金を背負うということはできる限り避けたかったのですが、親も自分たちの生活だけで精一杯だったため自分でなんとかして借金を返済しようと考えていました。

大学生の頃から学業の合間を見計らってアルバイトをしてお金を稼ぐようにしました。

また、できるだけ食費や日用品などを切り詰めて節約するようにした結果、社会人になってそれほど時間をかけずに返済することができました。

 

サムライマンさん(24歳男性)

私は、自分で学費も生活費もすべて稼ぐという条件で大学に進みました。

しかし、実際に入ってみると思っていた以上に費用がかかってきて、たちまち不足してしまったのです。

しかたなく大学生ローンから借金をしたのですが、これが金利が高くて利息の返済が重い負担になってきています。

もっとお金が欲しいと考えて、アルバイトの内容を変えてみることにしました。

ホストクラブに勤めたのです。

ホストであれば歩合制ですが、かなり稼げました。

借金もすぐに返済できたのです。

 

お金は大切さん(27歳女性)

どうしても通いたい大学があったので、奨学金制度を利用して大学生となりました。

奨学金とはいっても借金であることには変わりないので、しっかりと返済することができるのか不安でいっぱいでしたが親が貧乏で頼ることができなかったので自分の力で何とかしようと考えました。

大学生時代にはアルバイトをしてできるだけお金を貯めるように努力したり、節約をして消費を少なくするように努力しました。

その結果思っていたよりもお金が貯まり、社会人になってすぐに借金を返済することができました。

 

サンタクロースさん(34歳女性)

大学生の時に借金があった時は、給料の良いリゾート地で泊まり込みの短期バイトをしました。

期間が決まっていたため、旅行気分で行けたので楽しかったです。

給料が良かったのでやりましたが、借金を返すためには時給が高い仕事を効率よくするのがオススメです。

短期間の仕事は、その点給料が良いものが多いので、まとまったお金が必要な時は良くやっています。

長期の仕事も良いですが、短期間の仕事は給料日が早い点でも魅力がありました。

 

麻雀狂いの馬鹿息子さん(33歳男性)

大学生時代のことですが、大学にはあまり行かずに麻雀に明け暮れていた時期がありました。

当然のように賭け麻雀をしていたのです。

時には勝つこともあったのですが、大きく負けがこんだ時に学生ローンで借金をしてしまいました。

負けた麻雀で借りたお金を返せるはずもなく返済時期になったらまた別のローン会社に行くようになっていたのです。

それさえも出来なくなってしまった時に保証人の欄に実家の親の名前を書いていたことから親に請求が行ってしまったのです。

親は支払ってくれたのですがそれ以来信用はほとんど無くなりました。

 

借金に困った大学生の男さん(21歳男性)

私は友人数人から借金をしており返済に困っていました。

飲み会など様々な出費の機会に友人からお金を借りることがあります。

8人ほどの友人から1人あたり3万円ほど借りていたので、借金の総額は20万円ほどでした。

社会人であれば20万円ほどの借金を返済するのはそれほど大変ではありません。

しかし私は大学生なのでお金に余裕がないのが現状です。

何とかアルバイトをしながら返済しています。

これからはなるべくお金のかからない人付き合いを心がけたいです。

 

借金小太郎さん(22歳男性)

大学生になって自由な時間が増え、友人に誘われるうち、パチンコとギャンブルにはまってしまいました。

毎日のように打っては負けてを繰り返した結果、半年で100万の借金を作ってしまったのです。

必死に完済をと考えましたが学生なのでそんな大金はなく、返済の催促がストレスになりました。

何気なく始めたギャンブルで借金するなんて夢にも思いませんでしたが、思い切って親に相談して借りました。

学生の分際でと、親からこっぴどく叱られたこともあり、今はギャンブルには一切手をださず、真面目に学生生活をエンジョイしています。

 

ぴよちゃんさん(25歳女性)

母子家庭で家計が苦しかったのですが、奨学金を借りて大学へ進学しました。

大学2年の時母が体調を崩し長期入院をすることになり、その際に借金をしました。

入院費や治療費の他に生活費も借りたのでかなりの額になってしまい、返済が苦しかったです。

友達に相談するとキャバクラのバイトを紹介されました。

大学生も多く給料もよかったです。

大学を卒業するまでバイトを続け借金をほぼ返し終えました。

残りは就職後の給料から返済して、現在は完済しています。

 

キャバノラコさん(22歳女性)

大学進学を機に独り暮らしを始めましたが、親も経済的に余裕がなかったので学費は奨学金でまかない、家賃はバイトをして支払っていました。

しかし大学生は思いのほかコンパや教科書代にお金がかかり、軽い気持ちで借金をしてしまい、気付いたときには40万円に膨らんでいました。

返済が滞るとさらに借金は膨れ上がりますが、親には頼れないので、夜のバイトを始めました。

それが思いのほか自分には向いていて、借金はすぐに返済できましたし、今では貯金もできるようになりました。

 

ビブレトッキさん(29歳男性)

大学生になるといろいろお金も必要です。

授業料なども奨学金制度で借金を抱える人もいれば免許取得で借金する人もいます。

基本的にはアルバイトをすることですが、生活費を賄うことが前提です。

家族がいるならしばらく費用がかからないように協力してもらうかです。

いずれにしろすぐに返そうと焦らないことです、毎日の生活が成り立つように計画的に返済をします。

一時的に必要な費用は親に正直話すことです。

収入を増やすためにリスクは負わないように。

 

まさみくんさん(25歳女性)

大学生の時に高級ブランドのバッグや洋服に夢中になってしまい、クレジットカードで借金をしてまで買い漁っていました。

その結果、借金が200万円近くまで膨らんでしまったのです。

両親や兄弟に打ち明けたところ、弁護士に相談した方がいいとアドバイスを受けて減額をしてもらうことができました。

1人ではどうにもならないと嘆く前に、まずは身近な人に打ち明けることによって解決に導いてもらえるのです。

現在は全て完済して安定した生活を送っています。

 

まーさくんさん(31歳男性)

奨学金を借りてしまったのですが、後で冷静になってみると非常に返済が難しいことが分かる様になりました。

そのため、大学生時代は借金の多さに非常に悩んでしまい、なかなか精神的にも参ってしまいました。

そこで思い切った方法をとることを決断してみました。

もうどうせ返済しきることは出来ないし、このままがんばり続けることはつらいので自己破産をすることを決断しました。

やる前は少し恐怖感もありましたが、実際にここなったあとはとてもスッキリして精神的に楽になれました。

 

ロックバックさん(28歳男性)

大学生で借金があって苦しいと言う時には出来るだけ出費を抑えることですが、それにも限界があります。

収入を増やすことができるか考えることで、収入を増やして借金を返すにはそれなりに努力しなければいけないのです。

アルバイトをしているなら安定した収入になるようにシフトを考えます。

これら計画的に考えていくことです。

しかし出費は予想外に発生することが多いのです、そのような場合には家族を頼りにすると言う方法もあります。

 

ピンクボウルさん(32歳男性)

大学生の頃、厳密に言えば普通の借金ではありませんが、いわゆる奨学金を借りました。

返済が忙しく訪れてしまい、経済的に困窮しました。

趣味に使うお金はほとんどなく、生活と学業に関わる物以外への出費は厳しく絞りました。

更にアルバイトをしたり、ネットでポイントを稼いだりと爪に火を点す思いで対策をしたのです。

まだ奨学金の返済は完全に終わっていませんが、ようやくメドが立ってきた感があり、そのうち完済できると思います。

 

天然ミカン侍さん(32歳男性)

大学生の頃に多額の借金を背負うことがありました。

厳密には今現在も月々の返済は続いておりますが、若い頃の方が厳しかったです。

友達との付き合いもほとんどなく、欲しいファッションアイテムやテレビゲームなども殆ど我慢です。

ただ一方で支えてくれる優しい方が周囲に大勢いました。

経済的には苦しかったですが、自然と精神的には安定しており、楽観的な気持ちさえありました。

その結果、上手く経済力をつける事もでき、一応月々の返済は未だに穴を一度もあけていません。

 

ギャンブルはもうこりごりだ太郎さん(28歳男性)

大学生でお金がないので興味本位で学生用クレジットカードを作ったのですが、それが借金の始まりでした。

欲しいものがカードで気軽に買えるので、調子に乗って好きに買ってしまい、月々の返済に困るようになって一本化しようとカードローン会社から50万借りました。

しかし一本化したにも関わらずまたクレジットカードを使ってしまって倍に膨れ上がり、5社から全部で100万の借金を作ってしまったのです。

親には話せないので司法書士に相談したところ、過払い金返還請求をしてくれました。

お陰で何とか借金返済の目途が立ち、今はアルバイトをしながら学生生活を送っています。

 

みっちゃんさん(33歳女性)

親元を離れていたこともあり、大学生の時に株で損をしてしまって借金を30万円つくってしまいました。

親にも言えずにいて返済が滞ってきたので親には何かとお金がかかるのでもう少し仕送りを増やして欲しいと言ってそのお金を返済にあてていました。

それでも足りないので友人に借金をしていました。

残りは必死でバイトをして返済にあてていました。

卒業できたので給料を返済にあててなんとか完遂できました。

今は借金の無い生活を送っています。

 

北斗の拳のあの人さん(23歳男性)

大学の先輩からスロットの遊び方を教わり、それ以来僕ものめり込んでしましました。

バイトをする時間がもったいないので、手っ取り早く消費者金融から軍資金を調達していましたが思うように勝てなくなり借金が返済出来なくなったので両親にお願いして200万円の借金を返済してもらいました。

大学生で200万の借金をする奴があるかと親父にこっぴどく叱られ、もう二度とお金を借りようとは思いません。

今は真面目に大学に通い、アルバイトをしています。

 

借金はコワイさん(34歳男性)

大学生の時に、先輩からFXをしないかと誘われました。

アルバイトで貯めたお金5万円だけならいいかと思って投資をしてみたところ、すぐに4倍の20万円になりもっと大きく儲けたいと考えて消費者金融から100万円の借金をしました。

ところがリーマンショックが起きて元金も何もかも失い借金だけが残りました。

返済するあてもなく、両親に頭をさげて借金の返済をしてもらいました。

それ以来、もう二度と他人からはお金を借りないと決めて真面目に働いています。

 

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-アンケート