借金返済体験談

負の財産分与で思わぬ借金

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

10年前の30歳の頃父親が急死して家族で初めての相続の話がありました。

私は既に家庭を持って居て妻の働きもあったのでマイホームを建てて実家より遠方に住んで居た事もあったので、相続と聞いてもあまり響いては来ない物が有りました。

なので相続の事も特に気にする事も無く三か月以上が経過した時、いきなり300万円の消費者金融からの通達が来た時は本当に驚いてしまいました。

負の財産分与で思わぬ借金00
お葬式も滞りなく住んで居ましたし父が無くなってもまだ母は少し年も若いので然程心配する事無く余生を送れるだろうと思って居ました。

父親も特に何も言い残してはいなかったので、特に深い心配は無く過ごしていたのです。

実家の母に電話すると生前の父が残した借金の返済分だと言うのです。

私には兄が一人いましたが行方知れずで連絡が取れず母も困って居るとの事でした。

父は生前小さな会社を経営して居た事もありその時に抱えた負債が無くなった今年より発生したとの事でした。

母は半分の借金は生命保険などで支払う事は出来るが残金の300万円はお前に頼むと言うではありませんか。

私は本当にびっくりしてしまい相続の事も全く知らなかったので、知り合いの弁護士に聞くと無くなった後の三か月以内に相続の放棄の手続きをしないと自動的に借金の請求も来てしまうとの事でした。

財産など無かったのだから相続とは無縁の世界に自分は住んで居ると思って居たのですが、他人事の話では無く当事者になる事など考えもしませんでした。

何とか出来る手段は無いかと相談する物の経過してしまった後では手段がないとの事でした。

知らなかったのだからと言ってはみたものの、母が支払いを始めているので既に借金は承知と判断されてしまっているので手立てはないとの事でした。

私は帰宅して妻に告白しましたが借金と言う言葉が大嫌いな妻は顔色を変えて口をつぐんでしまいました。

マイホームのローンでさえも苦しい給料から切り詰めて捻出していたので、妻の反応は当然と言えば当然の反応だとは思いました。

家のローンもありますしこの先どう支払って良いかと毎日考えてみましたが、考えても支払いの利息が増えるだけだと気が付きましたので、取りあえず妻に頼み込んで子供が出来た時の為の貯金を貰い300万円を支払う事にしました。

会社の昼食も控えるようにしてお弁当に切り替えて、車も一台所有して居ましたが売る事にしました。

当然私の毎月のお小遣いもあっさり無くなり必要な物がある時以外は持つ事は許しては貰えない状態になってしまいました。

300万円と言うお金が夫婦に大きな亀裂を与えてしまい、私達は家にいる間もあまり話をしないようになってしまいました。

あと数年取り戻すまではこんな状態が続くとは感じてはいます。

マイカーもも数年経たなければ購入などは夢のまた夢だと思います。

お互いに30歳を過ぎて居たので子供が授かる事は早くと思って居ましたが、借金に充ててしまった分を取り戻すのにはあと数年かかると思いますので、まだまだ子供は持つ事が出来ない状態が続きます。

私は外食を控えるようになり休日も妻と出掛ける回数もめっきり減りました。

会社の飲み会にも参加出来る事が許されないので全く会社の同僚との付き合いも無くなりましたので、楽しみも無くなりました。

300万円は妻が切り詰めてやっと貯めたお金だと言う事は解ってはいましたが、妻も何とか納得してくれた様子でした。

何とか完済は出来たものの私と妻の関係は最悪になりました。

財産分与の時にもっと知識があればこんな不幸は招かなかったと後悔はしていますが、もしももっと多額だったらと思うと300万円で済んだのだから良かったとも思って居ます。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.