借金の見直しをしないとダメ?生活を立て直していくためには

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!



借金を見直そう

955728a628424429458e7c4d2c5b3447_s

借金できる人は信用力があると言われますが、返済できなくなると大変です。本当にお金に余裕があれば借りる必要はなく、考えてみれば金欠だから借りるわけです。お金がない状態で借りるのは、冷静に考えてみれば大変ということは誰にでもわかります。

借金の見直しに関する体験談を読んでいても、最初は少額の借金からスタートして問題なく返済できていた方が多いことがわかります。カードローンなどの多目的ローン利用者が多く、繰り返し借りることで債務が膨らんでいってしまうようです。

自分の場合も同様であり、10万円、30万円、50万円、80万円と段階的に借金が膨らんでいったのです。10万円くらいなら問題なく返済していけますが、段階的に増えることで次第に厳しくなってきました。

返済のために新たに借入することになり、そうなると借入金に対して利息が発生するので、ますます返済が厳しくなってきます。このままではいけないと考えて、本格的に借金の見直しをしようと思ったわけです。

具体的には追加で借りることをしないようにして、完済まで返済一本に絞ることにしました。そこで完済までのシミュレーションをして、どの程度の利息が発生するのか調べたのです。

今までは何も考えずに、多分返せるだろうと思って借りていたのですが、シミュレーションをすると返済計画に無理があることがわかりました。生活のムダを洗い出してみて、削れる部分をもっと削るようにしました。その上で低金利の銀行借り換えローンに乗り換えて、毎月の利息を減らしていったのです。

なぜ見直す必要があるのか?

90f47aa9e34746c29628700292b8a9cf_s

キャッシングやカードローンなど、借金の返済がいつも大変だというのなら、見直しをすることでメリットが得られるようになります。

返済が苦しい状態というのは、毎月のお金の使い方に無理が生じている証拠でもあります。客観的に見て、お金の使い方を見直して上手に借金する工夫をしてみることをおすすめします。毎月お金がある分だけ使い切ってしまう人は要注意です。

お金を借りられるからと油断していると、返済する余裕がなくなってしまいます。お金を使い切るのではなく、毎月貯金するくらいの気持ちでお金を使ってみましょう。貯金をするには無駄な出費を抑えるのがポイントです。

厳しく節約する必要はありませんが、贅沢をする回数を減らしたり、今までより少し安い商品を購入する、サービスを利用するといった工夫をすれば、お金を貯めやすくなります。返済に貯金を充てることができるばかりか、節約することでお金を使う量が減りますので、同時に借金をする機会が減るのがメリットです。節約しても返済が厳しいなら、利息が増える状況になっていないか見直してみましょう。

完済までの期間を短くすることで、利息の総額を減らせます。金利の低いキャッシングやカードローンに切り替えるのもおすすめです。特に多額の借入をして、返済期間が長引きそうな場合に金利の低さの恩恵を得られます。金利が高い使いみち自由なキャッシングではなく、金利が低い目的別ローンを利用すると、更に負担を減らせるようになるでしょう。

もし見直さなかった場合は・・・

借金を抱えてしまった時、これまでと同じ生活を続けることは得策ではありません。というのも、出費と支出のバランスが適性であれば、相応の貯蓄をして必要な出費は借金をせず灯すんだからです。

もしも、家計の見直しをしなければ、最悪の事態も想定しなければいけません。どのようなことが起きてしまうのかというと、借金の返済で余裕がなくなり、なおかつ利子が膨らんで元金の返済さえままならなくなります。

やがては返済が滞るようになると債権者は裁判所を通じて給料の差し押さえにでてきます。給料の差し押さえでは、生活をするために必要最低限の範囲は差し押さえることは出来ない事になっているので、全く収入がなくなるわけではありません。それでも、かなり苦しい状況であることは間違いありません。

また給料の差し押さえということになれば、勤めている会社に借金をしている事実が知られてしまいます。ただでさ借金をしたという事実は、周囲から良い印象を受けないものなのに、給料を差し押さえられるまでの事態となれば、人間性を疑われて出世の道は閉ざされるし、悪くすれば会社に居場所がなくなり退職を余儀なくされてしまいます。

それでも借金は消えませんから、更に家や車などの家財も、裁判所を通じて差し押さえられてしまいます。そうなれば、今度は近所の人たちに知られてしまうので、家族が生活しにくくなってしまいます。

例え、その時点で家計の見直しをしたところで、返済できるのは難しいですし、近隣住民とこれまでと変わらぬ付き合いをする事ができずに、引っ越しを洗濯することになります。

まずは生活から見直そう

借金を繰り返していると、やがていつもお金を借りていないと不安になる依存状態になってしまいます。最初に借りた金額は少額であっても、簡単に返済できるだろうと高をくくっているうちに借金の総額が膨らんでいく前に、まずは生活の見直しから始めてみましょう。

既に作ってしまった借金は仕方ないので、これ以上増やさないこととなるべく早く返済を済ませることを考えるべきです。

まずは少しでも返済に充てるために、節約をしてみましょう。借金を作ってしまう人は、金銭感覚がルーズで浪費癖がある人が多いので、節約することで余計な出費を減らすことができますし、収入に見合ったお金の使い方ができるようになります。

生活レベルを簡単に落とすことは難しいですが、お金に困って金融業者に借り入れを申し込む機会が減るのは良いことです。

客観的にお金の使い方を見直してみることも大切です。毎月給料を使い切ったり、返済に充てるのではなく、少し余らせるようにするといいでしょう。

少し蓄えを残しておくことで、急にお金が必要になった時に対処できます。返済が遅れるほど利息が増えてしまうので、返済計画の見直しもしておきましょう。

複数の金融機関からお金を借りている場合は、銀行などのおまとめローンに一本化することで利息を減らせる可能性があります。

返済先が一か所になることで、一か月に何回も支払期限に追われることがないので、精神的に落ち着いて返済することもできるでしょう。

お金について考えてみる

c1b62eadc5e9df269685dad0befe1014_s

いつもお金に余裕のない生活を送っている人は、今一度お金について考えてみる必要があります。借金について見ていきましょう。お金を借りたら必ず期日までに返済しなければなりません。

借りた瞬間はお金を用意できて助かるでしょうが、返済期日までにお金を用意する義務も生じます。お金を借りることに頼る生活を見直して、お金を貯める努力をしてみましょう。

お金を貯めるには、家計を見直します。家計簿をつけると収入と支出がよくわかりますので、できれば家計簿をつけてください。頻繁に外食をしたり、自販機ですぐに飲み物を買ってしまうなど、無駄な出費がないか確認してみましょう。

少し無駄な出費を抑えるだけでも、今までよりお金を貯めやすい状況を作り出せます。

少ない金額の出費を節約するより、高額な出費を減らすほうが良い場合もあります。無理な節約でストレスを溜めると浪費に走る危険がありますから、無理のないお金の節約方法を実践したいところです。

貯めたお金で買い物をしたり旅行に出かけるなどすれば、借金をする回数を自然に減らせるようになるでしょう。借りるよりも貯めることを重視する家計の見直しかたです。

借金をしたなら、すぐに返済したほうが利息の負担が減ります。まとまったお金が用意できたら一括返済すると利息を節約できますが、必ずしも一括返済が良いとは言い切れません。

一括返済の結果、お金がなくなってしまうと急な出費に対応できなくなります。お金を少し残しておく返済方法を行うことで、家計に余裕が生まれます。

今の債務額を考え直す

お金を借りるときの法律に総量規制というものがあります。これは消費者金融など、銀行以外の金融機関から借りる場合に適用され、借金の総額が年収の3分の1以上にならないようにするためのものです。

しかし銀行からの借金やクレジットカードの利用残高を考えると、債務額が年収の3分の1を超えてしまっている人はたくさんおり、日々返済に苦しんでいる人も珍しくはありません。

総量規制対象の借入は上限が法律に制限されているため膨らむことはありませんが、その他の借金が多いと規制されている意味がなくなってしまいます。現在の借入額の見直しをしなくてはなりません。

見直しの基準としては、どの借り入れがいつ完済し、支払う手数料がいくらになるのか把握しておくことです。返済をしている間は目の前の支払いのことばかりが気になってしまいがちですが、もっと遠くの未来のことを考えて計画を立てていく必要があります。

カードローンでは支払いを済ませてもまたすぐに借りることができてしまいます。借金癖がついていると、困ったらすぐに借りるようになってしまいます。

そうなるとなかなか完済することが難しく、余裕が出てくれば支出が増えてしまうこともあります。なかなか完済できないなと感じたら、今の生活スタイルも一度見直し、余分な支出がないか確認することが大切です。

ローンは完済まで長いものですが、計画通り進めていけばいつか必ず残高はゼロになります。

そうなれば利息負担もなくなるので、今よりもっと良い生活ができるようになるでしょう。

自力で返済していくには

借金を返済することは簡単なことではありません。時にはその辛さから逃げたくなって、自己破産してしまった方がいいのではと思うこともあるでしょう。

確かに自己破産は今までの借金から解放されますが、同時にデメリットも少なくありません。一度作ってしまった借金はこれ以上膨らまないようにしつつ、できるだけ自力で返済していきましょう。

借金を返すために、闇金などから借りたりしないようにすることも重要です。もう借金をこれ以上作らないためにも、自分のお金に対する考え方と使い方を見直しておきましょう。お金に関する姿勢を変えないと、返済が終わったとしてもまた同じことを繰り返してしまう恐れがあるからです。無駄遣いしていないか、節約できるところはないか、客観的な見直しが大切です。

自分の収入と見合わないお金の使い方をし続けていると、貯蓄もできませんし、お金を借りないとやりくりが出来なくなります。急病の時などにまとまった金額が必要になった時に困ることになるので、気を付けましょう。

家計簿をつけるようにすると、収入と支出の管理が簡単です。データとしてお金の出入りが明確になることで、金銭感覚が正常化していきます。

一回自分の欲望の赴くままにお金を使うと、その楽しさを覚えてしまって買い物やギャンブルに依存しがちです。しかし、強い意思を持って生活レベルを自分に見合ったところまで下げるようにすることで、お金にも余裕が生まれます。

生活自体が困難になるほど水準を下げなくていいので、徐々に始めていきましょう。

返済がどうしてもできない場合に

b9dad749fa61d889ae69fd81e20089c3_s

借金をして返済してきたけれども返済できなくなってしまうことは誰でもなる可能性はあります。もし現在返済が難しい状況になっているのでしたら、まずは生活の見直しをしてください。

自分では無駄遣いを一切していないと思っていても、実はあらゆる部分で無駄遣いをしている場合があります。ローンや借金の返済が問題なくできているときならそれでも良いのですが、しかし返済できなくなっているのでしたら話は別です。

無駄遣いをしている部分があれば改善することによって返済できるようになる可能性があります。また見直すことによって無駄遣いをしていなくても改善すれば出費を減らすことも可能になりこれもまた返済できるようになる可能性を高めてくれます。

まずは自分だけの力で解決できるのかどうかを見直しをしてから判断してください。もしどうしても返済が難しいと判断したのなら次の手を考えなければいけません。

返済できなかった場合の次の手となるのが債務整理です。債務整理には、任意整理と民事再生と自己破産の方法があります。

どの方法を選択した法が良いのかは、その人の借金状況や収入状況などによって違います。これは素人ではどれが最適になるのか判断できませんので、専門家に相談して聞くことがベストです。

法律事務所に相談をし、弁護士の力が必要だと判断したら依頼して早期解決を目指すようにしてください。悩んでいるだけでは借金問題は解決しませんので、自分を苦しめないためにも早期解決のための行動をしましょう。

同じ失敗を繰り返さないためにも

近年では、クレジットカードや消費者金融などのカードローンを気軽に利用する方が増えています。

確かに、クレジットカードはインターネット上での決済などに非常に便利で、カードローンも給料日前のお金のピンチの際などに役立ってくれますが、その一方でついつい身の丈を超えた使い方をしてしまうケースも多くみられます。

借金が返しきれない額に膨らんでしまった場合には、無理に自転車操業をしたり逃げ回ったりすることなく、法律事務所に相談して債務整理をするのがベストです。

債務整理後には、一定期間ブラックリストになってしまうなどのデメリットはあるものの、借金を正しい手続きで清算し、督促などのストレスのない平穏な生活を取り戻すことができます。

しかし、せっかく債務整理で借金を綺麗に清算できても、自らの借金癖を直さなければ同じ失敗を繰り返してしまいかねません。

1回目はスムーズに手続きが進む債務整理も、2回目となると簡単にはいかないケースも多いので、失敗を繰り返さない為にも生活の見直しをすることが大切です。

借金を予防する為には、まず生活習慣と出費の見直しが必要不可欠です。カードで支払えるからと、高価なブランド品や家電製品などを簡単に買ってしまっては、すぐに借金生活に戻ってしまいます。

見栄や単なる物欲で品物を購入するのではなく、本当に必要なものかどうかをしっかりと考えて買い物をしましょう。また、ギャンブルが原因である場合には、失敗を繰り返してしまう可能性が高いという一面があります。

専門家に相談し、依存症の克服に取り組むことも重要です。

 

まとめ

お金との向き合い方を大切にすることが借金から抜け出す唯一の方法です。でも、見直したところで行動を起こさないと解決にはつながりません。

借金の返済日をしっかり守ることもそうですが、毎月の返済額を見直していかないといつかは返済が滞ってしまいます。もし借金の返済に息詰まってしまった場合には、こちらのリンクを参考にして考え直してください。

⇒国が認めた借金返済方法を参考にしてみてください

 

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

ページ上部へ戻る