怖すぎる、課金ゲーム(ソシャゲ)の代償の借金。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

最近CMで放送されているソーシャルゲームは大人気を博していますが、反面“課金ガチャ”で通帳の中からお金が飛んで行くという落とし穴があります。そこで、ソーシャルゲームを偏見も込めた危険性について語ります。

 

人生まで課金した人の事件と考察

 

852f6ea43ab9c3e38023442cf8c823db_s

これは2015年、群馬県で起きた強盗事件です。ある20代男性は、高齢者をターゲットにして次々と襲撃し盗事件を起こしました。加害者は被害者とは全くの面識はありませんでした。

その加害者はソーシャルゲームの課金ガチャのしすぎで借金を背負い、生活苦に陥ったため食料と金銭を盗んでいきました。

これはいわゆる“廃課金”と呼ばれています。今回の加害者の場合はソーシャルゲームにのめり込んでしまったあまりに百数十万円という、普通ではとても考えられない借金を3社から借りていたそうです。

 

しかもこの加害者、人と接したくないからどこにも勤めていないし、家賃を滞納していたために電気もガスも止められていたそうです。

普通の場合は数百円から数千円程度、悪くても生活にあまり影響が出ない程度の万単位の課金ならさほど問題は起きません。しかし、加害者は普通の人間ではないので借金を背負ってまでソーシャルゲームに人生を課金、高齢者を次々と襲撃してパンや菓子、現金などを盗んだことで逮捕されました。

しかもその加害者、似たような事件で前科を持っています。また、孤独な少年時代も過ごしていたそうで、ソーシャルゲーム以外での動機についても捜査幹部でさえ首をかしげるほど謎だったそうです。

 

この加害者はソーシャルゲームをし過ぎた人の成れの果てかも知れません。どちらにしろ、加害者は地獄から抜け出さないでほしいですね。普通の人間としてやり直すことは、亡くなられた方やその遺族を冒涜する以外の何物でもありませんから。

実際にネット上でも「ソシャゲの課金ガチャ規制しろ」「借金してまでするわけない」「ゲーム名報道していいでしょ」など、加害者のことは非難されていますが、ゲーム内課金をしている人はいつこの加害者みたいな末路を辿るかわかりませんので油断はできません。

現在は配信元のページは消されていますが、これはソーシャルゲーム界隈の闇が現に公表されたに違いありません。できればこの時にゲーム名も公表すれば課金ガチャに大打撃を与えることができたかも知れません。

 

ソーシャルゲームの概要

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

 

ソーシャルゲームとは、「SNS上で展開されているブラウザゲーム」で、『ソシャゲ』という略称で呼ばれています。

スマートフォンの普及でソーシャルゲームがアプリ市場にリリースしたことで一般的に普及しました。また、フィーチャー・フォン(いわばガラケー)の時代にもソーシャルゲームが展開されていました。

そのため、ソーシャルゲームは「スマホでするゲーム」という認識が強く、どこでも手軽にすることができます。特に若者を中心にコミュニティができるほどの人気を博しています。

一方で、日本国内のゲーム市場は2010年を皮切りに家庭用ソフトやハードを大きく上回っており、大手ゲーム会社は売り上げに大打撃を与えてしまいました。日本国内は海外よりも特異な現象が起きています。

 

おかげ様で「日本で一番売れているゲーム機はスマホ」と、ゲーム機志向のが強い海外では皮肉られています。実際に電車内でもスマホばかり見る会社員や、スマホを持っていないだけで仲間外れにする学生など、日本国内では異様な光景が日常で繰り広げられています。

筆者もその内の一人だったことが情けなく感じました。本当に日本人ぐらいしかソーシャルゲームはしていないんですね。

 

ソーシャルゲームは強いステータス、もしくは可愛らしいデザインを利用してユーザーを課金させようと誘導してきます。これは”課金ガチャ”と言われており、アイテムやキャラクターを蒔き絵にして課金者をおびき寄せる方法です。

またそれにはイベント攻略が絡んでくる重要な要素になっている可能性があるため、嫌でも手を伸ばさないといけない状況を上手く作っています。

 

課金ガチャは賭博性がかなり強いうえ、月日がたつごとにインフレしていくことでリタイアする人とまだ課金する人と大きく分かれていきます。特に後者は『コンコドル効果』を絶妙に利用されており、ゲーム会社にとっては顧客として認識されています。

そのおかげで前述の事件までは行かずとも借金をしてでもガチャを回す人も中にはいます。その社会問題への皮肉なのか、どこかで『札束で殴るゲーム』の記事ができてしまうほど、ソーシャルゲームの闇は底なしに深いです。

ましてやこれは電子決済なので『カードダス二枚出し』のような裏技ができないという質が悪いものです。仮にそんな裏技が発見、利用した場合にはもちろん規約違反になってしまいます。

 

つまりいうと、ソーシャルゲームの運営会社にとってのお客さんは、ゲーム依存症の患者であり、中毒性の高い課金ガチャを利用して搾れるだけお金を搾り取るという、何ともえげつない儲け方をしています。

自分も一時期は運営の手に踊らされていたうちの一人です。3万円が勿体なかったです。ゲーム機1台、ゲームソフト5個は買えていたかもしれません。

 

一方のオンラインゲームはインターネット回線を使ったコンピューターゲームです。一般的にはネトゲやオンゲなどと呼ばれています。ジャンルは幅広いですが、”MMORPG”が一般的ですね。

ソーシャルゲームとの違いは、リアルタイムでチャットができるので人間同士のつながりを見込める上、ゲーム機にも負けない本格的な対戦ができることがセールスポイントです。

筆者の知っている限りでは、今やソーシャルゲームでは当たり前の課金ガチャの要素は例外を除いて見られないところが特徴です。アイテム課金で済ますことができ、延々とガチャを回す必要がない点がポイントです。

 

しかしこれも例外ではありません。例えばリリース当時から遊んでいるユーザーでも、「無課金で遊んでいる人」と「課金して戦っている人」との格差が激しく、上を目指すためならお金を叩いてでも手に入れるしかないところもあります。

またこれも例外なく月日が経つとともにインフレを繰り返すため、パワーバランスに追いつくためには、課金ガチャほどではないが現金を使っていくしかありません。

 

少なくとも「ガチャが一般的なソーシャルゲーム」よりも「アイテム課金だけで済ませるオンラインゲーム」の方が遊ぶ上でリスクは少ないです。しかし課金する点では「どっちもどっち」と非難している人も少なくはありません。

消費者庁の規制により、数年前にコンプリートガチャなどの悪質なゲーム内課金が規制対象になりましたが、未だに課金ガチャで社会問題となっているので、早いところ課金ガチャの規制を強化しなければいけません。

 

課金ガチャにつぎ込んでしまう人の心理

 

f3b6864884faf5f0abfea22ae3f5ef15_s

上記のように仮想通貨を使ったゲーム内課金は非難の的を浴びていますが、運営の商売で射幸心を煽られて回し続けて借金を背負ってしまった課金ユーザーも大概酷いです。

確かに欲しい物には借金をしてまで欲しいという働く心理は老若男女誰でも同じです。ゲーム内に関して言うと「頂点に登りたい」「もっと強くなりたい」など、理由は違えどガチャに働く心理は誰だって持っています。

 

しかし、働く欲求の方向性は盛大に間違っています。ソシャゲ歴があった筆者から言わせてもらいます。

ゲームによっては、確率が表示されているにも関わらず、かかった獲物から搾取せんとばかりに裏で確率操作を行う運営もいるほどなので、レアキャラは期待しないほうがいいというわけです。実際にどこかのゲームで事件になったことは課金ユーザーにとっては記憶に新しいでしょう。

ソーシャルゲームで無駄遣いしたのなら、課金額をあらかじめ決めておく、運営の思惑を理解しておく、レアキャラへのあきらめるなど、現実とソーシャルゲームを割り切る必要があります。

 

ましてや、借金をしてでも培ってきたデータがサーバーごと終了した日には、家族や友人が目も当てられないほどの絶望感に襲われてしまいます。

もしこれがあなただったら、最悪の場合は絶望だけでは済まない危険性もあります。これは冗談抜きで精神に関係する病気です。ギャンブルに興じる連中とかなり似通っています。

ゲームに対する向上心はせめていい方向にもっていければ理想的なのはいうまでもありませんが、本人の意思でここまでなるには時間がかかると思います。

 

課金した分は取り戻せないけど・・・

このように多重債務に陥るほど、時間や人生まで課金した人もいるでしょう。下手をすればあの加害者のように生活がままならず、犯罪を行ったことになりかねません。

 

その借金の問題を解決するには、法律相談所で弁護士と無料相談をし、債務整理をしましょう。特に今回はソーシャルゲームで作ってしまった借金というわけですから、特に会社や家族に知られたくない場合は任意整理を行いましょう。

会社からの信頼を失いたくない方や、家族に迷惑をかけたくない方にはおすすめです。任意整理によりしばらくは借金を借りられなくなるというペナルティは食らいます。

しかし、任意整理は負担は債務整理の中では比較的負担は少ないうえに、そもそもあなた自身が課金ガチャというとんでもない内容で借金をしたのですから、借金の罰則はこれではまだ足りないような気がします。

 

また、ソーシャルゲームと廃課金をしている人とギャンブルで借金を作った人の両方はよく似ています、というよりもほぼ同じです。これはもはや依存症の問題です。まずは精神科医に相談し、カウンセリングを受けるなどして依存症の治療をしましょう。

そして二度と同じ失敗を繰り返さないことも踏まえ、自分の心に釘を打つべきです。

 

ゲームを手放すとして、ゲーム機やゲームソフトなら中古品取扱店やオークションなどで売ることができます。特にレアなアイテムやモンスターが揃っているROMデータは高い値段がつくため、努力に見合った売値が期待できます。

一方、ソーシャルゲームは手に入れたキャラを他のプレイヤーに現金で売買する行為は「リアルマネートレード」といい、ゲーム内では規約違反になってしまいますので、アカウント売買が失敗する可能性もあります。

 

RMTの件が発覚して運営にBANされた、なんて人は少なくありません。実際にけじめをつけるつもりがBANされた筆者もここにいます。

それでも構わないなら売買しても構いませんが、アカウント売買自体リスクを承知の上で金銭で取引を行うため、アカウントを育ててきたゲーマーにはあまりおすすめできません。

 

後書き

 

72561fa4d5740aa4e44056a3e8c3b525_s

いかがだったでしょうか、ソーシャルゲームやオンラインゲームに命まで課金しても意味がないということがお分かりいただけたでしょうか?計画的に課金をしてきた人ならそこまでダメージは少なくないです。問題は重課金者という、努力の方向性を間違えた場合のユーザーです。

いつBANされるか、いつゲームのサービスが終了するかわかりません。これが実際に起こった日には、その時まで育ててきたアカウントが消えてあなたの努力が無駄になってしまいます。

 

ましてや多重債務に陥ってしまった状態のユーザーは毎日泣くことしかできなくなります。そうなる前にソーシャルゲームから手を引き、まだ課金の程度が軽いオンラインゲーム買えばほとんど遊び放題のゲーム機をすることをおすすめします。

それと、二度とソーシャルゲームができないようにするために、スマートフォンからフィーチャーフォン(所謂ガラケー)に乗り換えておくことで、借金を予防する効果が期待できるでしょう。

 

筆者は実際に借金地獄から抜け出した際に、ゲームごときで命と時間まですり減らしていたことが馬鹿馬鹿しく感じました。今では電車内でカマボコの板を見ている人たちが滑稽に見えましたが、よく考えてみると自分もその内の一人だったことを痛感しました。

他にも周囲には同じ理由借金を抱えた人がいたのでやめることができました。

⇒ゲームの借金も減額、なくす方法

 

以下はソーシャルゲームで借金を背負った人の体験談です。こちらの方がより身近な出来事に感じるでしょう。

 

ゲームで借金を負った人の体験談

私の主人は、子供と遊ぶこともしないで休日は携帯ゲームばかりしています。

小学生の子供達も遊んでくれないことに慣れてしまって、自分たちで公園に行ったり主人とは話さなくなりました。一緒に生活をしていますが、

心はバラバラのような感じがしていました。仕事だけはしっかりと行ってくれるので、私も小言を言わないようにしていました。朝起きて携帯ゲーム、家に帰ってきて寝るまでゲームに夢中です。三交替の自動車部品の工場に勤務していますが、寝る間を惜しんでゲームをしている主人を見て病気のように感じていました。

課金ゲームの支払いができず、借金を繰り返す。02

睡眠不足が続いてくると、主人の機嫌は最悪になります。主人は私だけでなく子供達にもイライラをぶつけてきます。小さい頃から会話もない父親なのに、子供達は怒られてばかりで可哀想でした。携帯ゲームは無料だとばかり思っていましたが、主人は夢中になりすぎて課金をするようになったのです。

本人も止められないくらい没頭してしまい、目の下のクマがすごかったです。携帯代の支払いに困った主人は、私に気づかれないように借金をしていました。

6c3f2c04ea719bc9df2ea3add07e9652_s

数か月後に私が気がついた時には、100万近くも借金が膨れ上がっていました。私が何を言っても、仕事をしていないお前に言われたくない俺のお金だから自由に使うと言い張ります。家のことは私がやっているので、お互い様だと思っていたのですが主人がそう思っていたことにショックを受けました。借金を早く返していきたい私ですが、主人がこんな状態では何も前に進みません。どうしていいのかわからなくなって、私もうつのような状態になりました。

 

小学生の子供達は、私が泣いている姿を見てずっと側にいてくれました。何とか元気になってもらおうと、二人でご飯を作ってくれたのです。

私がしっかりしなければと、気持ちが立ち直りました。今、思っていることを主人に言い放ちました。大声を上げたことのない私に主人は危機感を覚えたそうです。主人は、私や子供達にこんな辛い思いをさせてしまったことを反省してくれました。少しくらいならと課金ゲームに手を出してしまったことを話してくれました。

c07ae945939a537fc816e2c86a0ef1cc_s

それが、どんどんと回数を重ねてしまい高額になってしまって困ってしまったとのことでした。すぐに私に話してくれれば、借金をすることなんかなかったのに主人は私に話せなくて消費者金融で借金をしてしまったのです。

夫婦の会話が今までなかったので、話すのにも勇気がいたようです。いつも会話できている夫婦だったらこんなことは起きなかったんだと感じました。今回の件があって、私たち夫婦と子供達は変わりました。

 

主人が今までゲームに費やしていたお金や時間はもったいなかったですが勉強だと思うようにしました。

主人は、子供達との触れ合う時間を大切にするようになりました。子供達が大きくなるのは早いです。子供と過ごせる時間が、とても貴重で大事だと主人が気づくことができて良かったです。

 

まとめ

携帯ゲームは楽しく付き合うことで、子供とのコミュニケーションになったりもしますが、やり方によっては諸刃の剣になります。考え方を改めて付き合いましょう。

 

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

ページ上部へ戻る