普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

借金依存症とは、借金を背負っていないと精神的な安定を保てない依存症の一種。正確には買い物、ギャンブル、酒を借金をしてでも続けようとしている状態のことを指し、軽い借金が切っ掛けで依存症になるパターンが多いです。

男性はギャンブル依存症、女性は買い物依存症との合併症が多いです。皮肉なことに「自分の意志で借金している」「その気になればいつでも返せる」などのあまり根拠が感じられない理由で、借金に対する事の重大さを理解できない、または自覚がない人が多いです。

しかしこれを読んでいるあなたは少なくとも自覚症状がある、もしくはご家族の方に借金依存症の患者がいらっしゃるのではないでしょか?

そこで、これから借金依存症の恐ろしさ、借金依存症への向き合い方について説明していきます。

 

借金依存症とは?

借金依存症の概要は、借金をしている本人に全く自覚症状がなく、少しずつ借りる額が増えていってしまい、いつも借金をしていなければいられない病気のことで、気が付いた時には大きな金額にまで膨れ上がってしまうことです。

この病気になってしまっている人は、多重債務者や自己破産者に多く見ることができ、最悪の場合には自殺をしてしまうことも多い病気です。

この病気を発症している人の特徴は、返済不能な金額にまで多くなってしまた借金も、自分では返済ができると考えており、家族や周囲の人間が止めるように話をしても言うことを聞かなくなることです。

周りからの話を全く聞かないため孤立してしまうことが多くなり、そのことが原因となって再びお金を借りてしまうので、家族や周りの人間をトラブルに巻き込んでしまうことが多くなってしまいます。

この病気を発症している人は、お金を借りることができると安心できるので、さらに繰り返しお金を借りようとしてしまいます。

借金依存症の人は、初めは気軽にお金を借りてしまい、そのお金を返すためにさらに金額を増やしてお金を借りることをしてしまうので、自分でも気が付かないうちに依存症になってしまいます。

そして、最後には悲惨な結果になってしまう人が多くいるのです。この借金依存症を発症してしまうと買物依存症やギャンブルやアルコール依存症などを併発しやすくなってしまいます。

この病気は精神疾患の仲間で、病院の精神科などでしっかりと治療を受けると症状を軽くすることができるので、このような症状の兆候が見られた場合、早めに治療を受けることが必要です。

 

借金依存症の原因

借金依存症とは、借金が止められない状態でお金が無くても直ぐに借りれば良いと思い、返せる根拠がないにも関わらず金銭感覚が麻痺して借金を繰り返す事を言います。借金依存症の主な原因は、酒やパチンコなどのギャンブル、買い物などを頻繁に行い金銭感覚が麻痺する事にあります。

特にパチンコなどのギャンブルは、身近に店舗も多く気軽にお金を増やす事もできます。1度勝ってしまうとその喜びからトータルで負けていたとしても、いつでも取り戻すことが出来ると言う自己暗示にかかってしまいます。買い物なども見るもの全て欲しくなり、衝動買いに陥るケースが多くあります。

お金が無くてもカード払いや分割払いなどを利用し支払い時期には返済できないパターンが多くなります。

仮に返済できない時でもキャッシングを利用し、そのお金で一旦返済し、更にカードを利用するパターンを交互に繰り返し、気付くと支払いが困難になり物凄い額の借金を背負う事になります。

これらの依存症は誰にでも起こり得る身近な事で、返済できなくても最終的に誰かが助けてくれると言う甘えも生じます。更に周囲の方もお金を貸す事により、本人の依存度もますます強くなってしまいます。

また、大抵の人は自分が借金依存症である事に気付いていない事があり、多額の返済額を目の当たりにし、更に現実逃避を行う負のスパイラルに陥ってしまいます。

重度依存症の場合は、精神科などのカウンセリングを受ける必要があり、依存の原因を突き止め徹底した治療が必要です。

 

こんな人は要注意

借金依存症は、常に借金を抱えていないと気持ちが落ち着かない状態のことです。最初は軽い気持ちで少しだけお金を借りたのがきっかけで、次第に泥沼に陥っていくパターンが多く、意外に誰にでもこの病気になる可能性があるとも言えます。

他の依存症と併発しやすいことも特徴で、男性の場合はギャンブル依存症、女性の場合は買い物依存症の問題を同時に抱えているケースがかなり目立ちます。ストレスが溜まっている時にパチンコや競馬などで発散している人や、イライラした時に買い物でストレス解消しがちな人は要注意です。

お金を借りることに対してハードルが低くなっている傾向もみられるので、ギャンブルや買い物の為にお金を借りることにあまり抵抗がない人は普段から気を付けた方がいいでしょう。

金銭感覚が麻痺している人や、節約に対して関心が低い自覚がある人も危険です。前者は浪費癖があるので、必要のないものを衝動的に買い込んでしまいやすく、生活費までギャンブルに使いがちです。一か月の収入と支出のバランスを考えてお金を計画的に使うことが出来なくなっています。

後者は水道の蛇口を閉めないままダラダラ水を流しっぱなしにするなどの無駄使いをしてしまうタイプで、基本的に金銭に関してルーズになりがちです。

借金依存症になりやすい性格の人は、自分がそうだとは自覚しにくいものです。周囲がクレジットカードを没収したり、カウンセリングを受けさせるなど、サポートしていくべきでしょう。

 

借金依存症による症状は?

借金依存症になると、お金を借りていないと精神が落ちつかない状態となってしまいます。

自覚症状がない人が多く、気づかないまま、その状態が悪化していく事になります。正常な判断力がある人であれば、お金を借りた後は、早く完済をしたい、返済をして楽になりたいと考える事になります。ですが、依存症になってしまうと、お金を借りていないと不安な状態に変わってきます。

その原因のひとつに、お金を借りる事が出来る状態は信用があり、世間から評価されていると感じてしまう事があります。そして、お金を借りる事が出来ない状態になると、世間から評価をされていないと感じ、精神が追い詰められていく状態となってしまいます。

男性の場合はギャンブルが原因で、女性の場合は買い物が原因でこの症状に陥っていく人が多くいます。買い物をする事自体は悪い事ではありませんが、買い物をしなければ不安に陥ってしまうという状態になっていれば、まずその症状を改善していく必要があります。

そして、男女共に原因となりやすいのが、アルコールです。お酒を飲まなければ精神をコントロールできない状態になってしまった時、お酒を購入する為に借金を始めると、今度はお酒を買うお金を借りる事が出来るかどうかで、自らを追い詰めていく事になります。

ですから、借金依存症の場合、他の依存症と併発をする事が多い事が特徴の一つとなっています。その場合は、両方の原因にしっかりと向き合っていく事が大切です。

 

人間関係への影響

住宅ローン、クレジットカードのリボ払い、カードローン、奨学金など、お金を借りることができるサービスはたくさんありますが、実は日本人の3人に1人は何かしらの借金を抱えていると言われています。

借金をすることは決して珍しいことでもなく、誰にもありうることです。しかし中にはお金を借りることに依存症になってしまっており、お金を借りないと生活ができなくなってしまっている人もいます。またそうした人たちには借金を返すために新たな借金をし、結果として総額がどんどん膨れ上がってしまう人もいます。

自分のお財布だけでなんとかできている人は良いのですが、依存症の人は自分の力でどうにもできなくなったとき、周りの人に頼ることになります。お金の貸し借りは人間関係を悪化させるとして嫌っている人もいますが、断れないような状況で貸してしまうこともあるでしょう。

しっかり返済することができればよいのですが、このように依存症になってしまった人は結局人から借りても借金の総額を減らすことは難しく、根本的に借金に頼る生活を辞めない限り、またお金が足りなくなってしまうことでしょう。

そうなれば人間関係に亀裂が生じることは目に見えています。依存症だと思われる人にお金を貸すのはやめましょう。もし貸さなくてはならない状況になったとき、生活を根本から変えさせるようにしないと貸したお金は返ってこなくなる可能性があります。

お金を貸せば一時的にはよくなるかもしれませんが、仕事を増やしたり浪費癖を辞めさせないと、根本的な問題はいつまで経っても治りません。

 

借金の依存症に苦しんだ体験談

会社の先輩に連れられて初めてキャバクラに行きました。田舎者の僕にはとても華やかな世界でしたが、とても楽しかったので、それから給料が出るたびにキャバクラに通うようになりました。次第に給料日までキャバクラに行くのを我慢できないようになり、消費者金融からキャッシングをしてキャバクラに通うようになりました。

その時は給料がでたらすぐに返済しようと考えていたので、まさかその後自分が借金依存症になるなどとは夢にも思っていませんでした。消費者金融の返済が追い付かなくなると、今度は別の消費者金融のカードローンに申込み借入をしていました。

だんだんと借金をしているという罪悪感がなくなり、困ったら他の消費者金融のカードローンに申めばいいという完全な借金依存症になってしまいました。カードローンの審査に通らなくなって、これは大変なことになったとパニックになってしまいました。どうしていいかわからなかったですが、親や兄弟には借金で苦しんでいることは知られたくなかったので、一人で悩みを抱えていました。

職場へも返済の催促の電話が頻繁にかかってくるようになったので、このままではマズイと思い真剣に対策を考えることにしました。そんな時ネットで借金依存症の人が債務整理をした体験談を読み、僕も法律事務所に相談にいく決心がつきました。

法律事務所では担当の弁護士さんが親身になって相談にのってくれ、任意整理を勧めてくれました。任意整理なら裁判所に行かなくても簡単な手続きですむというので、任意整理をすることにしました。弁護士の先生が債権者と交渉してくれたおかげで、毎月の返済もとても楽になりました。

おかげで借金依存症もなくなり今ではキャバクラ通いをやめて真面目にコツコツ返済しています。

 

まずは精神科医にご相談を

自分ではいけないとわかっているにもかかわらず借金を重ねてしまう、買い物をしたくてたまらない衝動にかられ、ついつい借金を重ねてしまうなどの自覚がある場合は、まず借金依存症を疑ってみましょう。

借金依存症は依存症の一つであり、なかなか自分自身で治すことが難しい病気の一つです。借金依存症の他、ギャンブル依存症、アルコール依存症など様々な種類があることが知られており、いずれも進行すれば正常な社会生活が営めない状態に陥ってしまう恐れがあります。

一般的な治療法としては精神科医によるカウンセリングがあります。これは専門的な見地から客観的にご自身の状況を見定めたうえで、何が原因でそのような状態に陥っているのか、どのような方法によってそこから脱却していくのかを相談しながら決めていくものです。

また状況によってはいったん現在の日常生活の環境から隔離してしばらく状況の改善の可能性を探る荒療治がとられる場合もあります。注意しなければならないのはこうした治療を受けるうえで最も肝心なのがご本人の意志にあるということです。

現在の状況を少しでも改善したい、治療したいという意識と意欲がなければどのような治療を受けても無意味です。まずは信頼できる精神科の医師に相談し、カウンセリングを受けてみることをお勧めします。

まずは自分の足で解決に向けての第一歩を踏み出す勇気を持つことが明日への希望につながるのです。問題を一人で抱え込まず解決に向けて踏み出しましょう。

 

再発防止のためにも

依存症と言うものは、どのようなものであれ再発する可能性が高い病気です。

一度依存症になると脳内の理性をコントロールする物質が減少してしまい、感覚が鈍ってしまうのが原因とも言われています。借金依存症は買い物やギャンブルなどの消費活動に対して興奮を覚えたことを繰り返すことによって、次第にその興奮物質が不足して麻痺していくものです。

再発を防止するためには金銭感覚を呼び戻さなくてはなりません。特にギャンブルや投資など射幸心があおられるようなものからは遠ざけて生活する必要があります。借金にはまってしまう人の多くは借金が好きでお金を借りているわけではありません。

お金が増えるかもという欲望と射幸心によって、次第に生活費にまで手を出し始めてしまうのです。やめたときは「もうやらない」と心に誓ったとしても、ひとたび手を出せばまた興奮を求めてお金を借りてしまうことでしょう。

自分の支払い能力内で抑えることができればよいのですが、そうでない場合は歯止めが利きません。これらの依存症は行動性依存症で、コントロール障害とも呼ばれます。

自力でコントロールすることが難しい場合は病院に相談しましょう。脳内物質を適切な量でコントロールすることで、依存症から脱することができます。心の問題と言う人もいますが、こうした症状は脳内物質のバランスが乱れたことによる結果でもあり、強いストレスによってこうした症状を発症してしまう人もいます。ストレスケアも行いましょう。

 

いまある債務について

債務が膨れ上がると簡単には返済できず、特に借金の依存症の方だと完済は厳しいでしょう。

膨らんだ借金は利息の支払いで精一杯となり、完済が困難になってしまうのです。借金依存症から抜け出すためには、ローンを利用できない状況に自分を追い込むしかありません。

債務整理を得意とする街角法律相談所を利用し、自分に合った法律事務所をみつけて相談しましょう。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産の3種類があり、多目的ローンの整理には任意整理がよく利用されています。弁護士が一方的に方法を決めることはなく、相談者の都合が優先されます。

街角法律相談所では債務整理のプロ弁護士の紹介を受けることができるので、法律事務所選びに迷っている方はぜひ利用してください。

借金を債務整理することでブラックとなり、5年間または10年間にわたってローンの利用ができなくなります。任意整理だと最長5年間、個人再生・自己破産だと最長10年間となっており、最長期間よりも早くブラックから除外されることもあります。

いずれにしても長期にわたってローン契約ができないので、必然的に借金癖は抜けていくでしょう。借金をしなくても給料の範囲で生活をすれば、不都合を感じることはないはずです。

ローンを利用すれば一時的に大金を調達することができますが、借りたお金には利息が発生します。利息を抑えるためにはむやみにローンを利用せず、収入に見合った生活を心がけることが大切なのです。

 

後書き

いかがだったでしょうか?借金依存症に限らず、心の病気はそう簡単には治らない難しいものですが、体の病気とは違って一人で抱え込んだら余計に様態を悪くさせてしまいます。

まずは理解のある知人や家族を探し出し、治療に踏み込むことが大切です。その人はよほどの石頭でもなければ、理解してくれることは間違いないです。

信頼できる人の協力のもと、原因になったものをで少しずつですが改善されるでしょう。しかし無理をすると逆効果になってしまいますので注意しましょう。

 

結局は精神のケアだけではなく、金銭感覚の麻痺を治す、お金に限らず物の貸し借りを考える、物事の我慢を覚えるなど、借金に限らず、己の稚拙な考えを見直すことも再発防止を兼ねて、生きていくうえが教訓となります。

 

 

 

 

 

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

ページ上部へ戻る