知らずにいると解決が出来ない?借金と差し押さえについての知識

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

どうしよう…

借金が返せなくて差し押さえになってしまった。俺の持ってる物、いろいろ持ってかれるのかな。一文無しになってしまってしまう。家も無くなるかもしれないし、どうなるんだろ?

差し押さえとは何だろう?

そうだ、不安だけれど実は、よく知らないんだ。なんか、ネガティブなイメージはあるけれど、どんなことが起きるのかわからない。だから、余計不安なのかな。わからないことが多すぎるから、どんなことになるにか想像できないんだ。

・差し押さえって何?

お金を支払ってもらう権利のある人(債務者と言う)お金を支払う義務がある人(債務者)から取り立てる制度を言うんだ。債務者は税金。社会保険料、借金とローンなどの債務を法律と契約にのせ返済します。

しかし、債務者の中には事情があって支払うことができない方もいます。支払が無いと債権者側も困ってしまうんだ。取り立てをしても支払いが無い場合債権者は裁判を起こすことをします。

裁判の末、債務者に支払いを要求する判決が出れば債務者は絶対に払わないとダメになるよ。だけど、その裁判も従わない債務者もいます。悪意があって支払いを拒否している訳では無いけれど、お金が無いため支払えないのです。

その支払わない債務者に対して、強制的に取り立てをする制度。それが、差し押さえです。

差し押さえは突然おこされるの?

事前に知らされるのかな?突然、起きるのかな?何も知らされずに、起こされるのはこわい。でも、日にちを知らされて起こされるのも、とてもこわいよ。不安なことは知らされるのもこわい。でも、知らないままでいることも凄くこわいな…

こわくて、眠れないよ。

・差し押さえの時期って?

債務者には正確な時期は知らされることが無い。ただし、一般の債権なら差し押さえが始まるのは、裁判の判決後になります。債権者は、債務者に支払いを要求する裁判を起こします。この裁判に時期は無く、債権者の判断次第です。

すると、債務者のところに裁判所から呼出し状が届き、裁判へ参加するように求められます。裁判が始まると、債務者・債権者のお互いの言い分を聞き、裁判所の職員が判決を出します

そして、債務の支払いを求める判決が決まったら債務者は期日に従い支払いをしないとダメです。判決を拒んだ場合、債権者は裁判所に差し押さえの申し立てをするんだよ。この時、債務者の財産調査があり、債権者側で差し押さえする財産を決めて、裁判所に伝えます。

※気を付けて!

債務者が裁判所の呼び出しを拒否した場合、債権者の訴えが受け入れられ、判決は債権者の勝ちになります。

(判決が決まっていなくても、差し押さえになる場合もあり)

・どうして?

仮執行宣言が出ていると、裁判途中でも差し押さえられることがあります。「この判決は仮に執行することができる」と書かれていた場合がそうなります。

・実は

裁判で和解ができた。話し合いで問題が解決したなら、差し押さえられないです。合意内容の書面の内容も守ることで、差し押さえを防げます。しかし、和解内容の約束を破ったことで、差し押さえになってしまう。

差し押さえは必ず裁判に?

裁判所に行かないとダメなんて、嫌だ。皆に知られて、もう外にでれない…笑いものになってしまう。親も思うんだろうな、なんてことしたんだって。どんどん、不安が増えていくよ。

・一般の債権でも、裁判を起こさなくても差し押さえられる場合があるんだ。法律の専門家(公証人)が書面を作るのだけれど、この書類に書かれたことを守らない場合裁判なしで差し押さえが始まります(公正証書と言い、債務者の知らない間に作られる書類で無い)

・もう一つ…

税金・社会保険料を滞納してしまうと、裁判を経なくても差し押さえになるよ(しかし、差し押さえ前に支払いを要求する書面が届く)

・それはどんな物?

催促状や催告書などの名前で書面が届きます。

段階は最初は未納なので、至急納付してくださいと言う内容の書面が届きます。同じような書面ですが、言い回しが厳しくなってきます。最後まで放置しておくと、最終催告書・差押予告所書の書面が届くようになります。

この事態になると、差し押さえられてもおかしくない状況になります。

債権者が裁判を起こすと、自宅に訴状と答弁書が届きます。訴状に記された日時・指定の裁判所へ行き、口頭弁論に出席します。そこで、債権者と債務者が話し合いをして、今後の支払い計画を考えます。お互いが納得したら、和解内容をまとめた書類が作成され、和解内容にそって支払いをすることになります。

差し押さえられる対象は?

差し押さえられたら、生活が出来ないよ。どうなってしまうんだろう?

・差し押さえの対象は何?

給料です。しかし、上限が決まっていて、手取りの4分の1までの差し押さえと法律で決まっています。(残りの4分の3は差し押さえ禁止になっています)ただし、33万円を超えた部分は、全額差し押さえ可能です。

(例)

手取りが50万です。すると、こうなります。

33万円超えの部分が17万で、手取りの4分の1が12万5千円です。ちなみに、一度の差し押さえでまかえなかった場合、翌月の給料も差し押さえです。それでも、足りないなら、翌々月も差し押さえられますよ

(例2)

手取りが20万円だったら、どうでしょう?差し押さえ可能は5万円ですよ。差し押さえ金額が8万円なら、すべてを差し押さえずに不足分の3万円は、翌日の給料から差し押さえます

銀行預金も差し押さえの対象になりますよ。預金は銀行から債権者に支払われるので、取り戻せません。それに、預金の場合は差押えに禁止の部分がないため全額一気に差し押さえられます

※自動車

優先順位は低いもの、財産の価値になるので、差し押さえの対象になります。競売しないとお金にならないところ、移動と保管に費用を使うとこが理由です。

・しかし。

自動車は保管場所を見つけやすいため、預金のありかがわからない場合、狙われます。

※家

これも優先順位は低いですが、差し押さえの対象です(冷蔵庫・洗濯機・調理器具・寝具などは差し押さえが禁止されています)しかし、テレビ・ピアノ・高級な家具・美術品・経営している店の商品は競売される可能があります。

・ところが…

執行官の目につかなければ、持っていかれないです。引き出しをあけたり、クローゼットを開け、家探しされる心配は無いようです。目につくところにあれば、持っていかれるようです。

・この場合…

自宅不動産を差し押さえる場合、印紙代と弁護士報酬の費用が億額になり、不動産を差し押さえるのは債務が100万円以上になったときです。

財産は全部、差し押さえ?

俺の家族の財産や、誰のものかわからない財産も差し押さえの対象になるのかな?まだ、わからないことが多くて、もっといろいろ知りたいな。差し押さえになったとき、少しでも知っていることがあると安心できるから。

Q、家族の名義の財産はどうなるのですか?

A、差し押さえられるのは債務者の財産だけです。ただ、債務者が自分の財産を他人名義にしていた場合、変わってきます。この時に、債務者のだと確認されたなら、差し押さえになります。年金の保険料を滞納した場合、世帯主・配偶者の財産も差し押さえの対象になります。

Q、所有者がわからない財産はどうなるのですか?

A、第三者の財産も差し押さえられます。だけど、差し押さえの無効を異議が出来ます。気をつけたいことは、債務者の持ち物じゃないと証明が出来ないなら、異議は受け入れられません。

Q、自動車の税金は納付しています。しかし、年金を滞納しています。どうなるのですか?

A、自動車を差し押さえる場合、保管・競売などで手間と費用がかかります。なので、手間がかからない預金や給料に目をつけられます。

差し押さえは避けたい…何かできないかな?

財産もお金も失いたくない。本当は持ち出して逃げたいよ。そもそも、差し押さえにならないために、どうしたら良かったんだろう?

①催促は絶対に無視しないで!

債権者は前触れなく差し押さえをすることはないです。滞納している時期に、電話・手紙で催促をします。この段階の時に、債権者に必ず連絡してください。先ずは、事情を説明することが大事です。

支払期日を延ばすこと、分割払いの相談を聞いてもらえることがあるようです。

※これがあると良し

支払が難しいことを書いた書類(給与明細・住民税非課税証明書)を持参することで、話の段取りがはかどります。

・住民税非課税証明書って?

前年度の所得額が一定より低いため、住民税が支払えないと証明した書類。発行は役所で。

②支払期日を約束したなら守ること

債権者と歯案試合、支払期日を決めたのなら、その期日は必ず守るようにしましょう。支払がどうしても遅れるのなら、事前に連絡をしておくことで衝突は抑えられます。

③預金分散

預金を全額差し押さえられたくないなら、一旦分散させる方法があります。

・なにそれ?

メインで使っている口座とは別に、別の銀行または支店に口座を作ることです。ただし、お勧めできません!タイミングを間違うと強制執行妨害に問われます。

・いつしたら、まずい?

①最終催告書、差し押さえの最終通告が届いた後は絶対ダメ!

②裁判に訴えられた後にしちゃダメ!

・わからないよ!

預金を移していいかわからない場合、弁護士へ相談する事が良し

前に出てきた、強制執行妨害について

※差し押さえが迫っている時に、その差し押さえの手続きを妨害する。それは、強制執行妨害になります。

・妨害?

①裁判を起こされたばかりで、負けることが確実、その時に妨害すること

②裁判で争ったが、このままだと負ける、その時に妨害すること

③執行官の訪問、その時に妨害すること

差し押さえは怖い

でも、押し通せないかって考えてしまう。不安だから、空元気、前向きに考えてるだけなんだけど。差し押さえって、ほっといたらどうなるんだろう…

業者からの差押予告通知は脅しでは無いです。債務者が返済の滞納を続けるのなら、借入先の消費者金融や債権回収会社から支払の催促がきます。一括の返済を要求され、滞納して1か月~2カ月で届きます。通知自体は差し押さえの効果は無いのですが、これは返済をしないのなら、裁判所を使って財産を差し押さえますと言う意味を持っています。

なので、対処を取っておかないと、1ヵ月以内に法的手続きを進めてきます。

・どうしたら…

弁護士へ相談をして、債務整理の手続きを取ることで、取り立てと催促は止まり、差し押さえを回避できます。放置してしまうと、差し押さえ通知が届き、給与など差し押さえられます。

業者が選択する法的手続きって?

貸金返還訴訟と裁判所による支払督促です。

・貸金返還訴訟について

手続きの目的は、滞納している借金を返済してもらうこと。返済できないなら、差し押さえられてしまいます。滞納している借金を返済してもらえないなら、差し押さえる。

滞納者本人と業者が裁判所へ、訴状の結果、滞納者に返済を求められます。返済命令が出るまでには、2カ月~半年はかかります。しかし、裁判所から書類が届いたら、2週間で差し押さえ可能の状態になってしまいます

自分だけが悩んでいなかった

Q。借金での差し押さえについて。
無職で、口座にも貯金なし、自宅は賃貸で家財は全て配偶者のもの、高価な物もなし。
そういった場合、その後どうなるんでしょうか?
取れるまで差し押さえを行
うのでしょうか?
少し気になったのでよろしくお願いします。

A。動産執行の実務ですが、民事執行法第131条に依れば下記の動産を差し押さえることが出来ません。(差し押さえ禁止動産)

・整理タンス
・洗濯機(乾燥機付きを含む) ※
・ペット
・洋タンス
・調理用具
・食器棚
・食卓セット
・冷蔵庫(容量を問わない) ※
・電子レンジ(オーブン付きを含む) ※
・瞬間湯沸し器 ※
・ラジオ ※
・テレビ(29インチ以下) ※
・掃除機 ※
・冷暖房器具(但し、エアコンを除く)
・エアコン ※
・ビテオデッキ ※
(※印の物が2点以上ある場合には一点に限る。)

一般家庭において動産執行をした場合、殆どが執行不能で終わります。

その上、動産執行をかける債権者が執行費用の予納金を前払いします。2万~4万を払います。執行不能で終わった場合には、執行官費用2500円と交通費(裁判所からの距離に応じて)、1キロ37円で計算された金額を取られます。つまり余納金を前払いし、執行不能になれば、余納金から執行官費用と交通費差し引いたお金が返ってきます。

動産執行をすると、お金を返して貰えないばかりか、更に損をする結果になることが多いです。前もって、採算に合う動産を持っているかを確認をしてからでないと、動産執行は普通しません。

返さない債務者には3タイプがあります。

① 支払い意思があって、支払い能力が無い者
② 支払い意思が無くて、支払い能力がある者
③ 支払い意思が無くて、支払い能力も無い者

③の者に対しては手の施しようがありません。

取れるまで差し押さえを行うのでしょうか?

無駄な差し押さえをかけて強制執行しても赤字になるだけです。調査をし採算が取れるとなれば強制執行するだけです。まして、弁護士などに委任をすれば弁護士費用で大赤字です。

債権者として、取る手段としては、時折債務者の調査などをし、仕事をしたら給料の差し押さえ、遺産相続等、債務者が将来何らかの資産、支払い能力を得るまで、時効にかからないように、時効中断などをし密かに待つことです。

まとめ

どうしたらいいんだろ?財産全部なくなってしまったら、生活できないじゃないか。耐え切れない。誰も助けてくれない、財産は少し残るようだけど、不安なんだよ。どう生活したら良いんだろう、考えたくないなぁ。

知識だけ知ったって、どうするのって。困ったなぁ。誰か助けてくれたらって本当に思う。つらい…もう考えたくないな。

⇒あなたにあった借金解決法

 

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

ページ上部へ戻る