借金返済に必要な知識

借金が返ってくる?返済したお金が戻ってくるには過払い金を知る

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

もし、自分の返済している借金が戻ってくる可能性があるとしたら、どういった状況だと思いますか?必要以上にお金を返済していたと言う場合?

取り立ての金額に違法性がある?どんな状況でしょうか?払いすぎていた借金が返ってくるとは、どういったことでしょうか?

329f3a3007a1cbe12bdab64ad36249e7_s

返済のために払いすぎた、借金のお金が戻ってくる?過払い金とは?

f3b6864884faf5f0abfea22ae3f5ef15_s

お金を返済するつもりで返していたので、借金が戻ってくることは考えたことはないですよね?法律で決められているのですが、利息以上のお金は過払い金になるようです。なので、返済で払いすぎた分は、取り戻すことが出来るかも知れません。

・利息制限法

上限利率⇒10万円未満でも20%。100万円未満なら18%。100万円以上は15%と決められています

(利息制限法の上限利率を越えた利息のお金は、支払わなくても良いと法律で決められています)

利息の金額が大きいと思ったことはありますよね?しかし、上限利率を越えていると気づいたことはありましたか?それに、上限を越えた利息も、法律で払わなくて良いと決められていたことも知っていましたか?。

c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_s

【過払いのお金を請求したことで何が起きる?】

払いすぎたお金が戻る可能性があります。しかし、請求先の金融業者とは次からはお金の取り引きが出来なくなるようです。

返済で払いすぎたお金が返ってくると大変たすかりますよね。お金が戻ることで生活の負担も軽くなりますし、ありがたいですよね?

7a8255da342a69ed5ad166ed354fcec3_s

【手順を簡単に説明】

先ずは、弁護士へ相談の依頼をします。(必要な物は、債権者一覧表・収入の状況がわかるものと、請求書・クレジットカード)債権者に受任通知がいき、借金の返済は中断になります。そして、債権者に過払い金の支払いを請求して金額などに折り合いがついた際に、過払い金が支払われます。

返済も中断になることで負担が軽くなりますし、お金も戻る可能性があるのなら知っておきたいですよね?

c1b62eadc5e9df269685dad0befe1014_s

借金の過払い金は戻ってくるか?

955728a628424429458e7c4d2c5b3447_s

先ず、過払い金を請求する際に気を付けてほしい点があります。

①過払いで戻ってくる金額は、金融業者によって変わる

②戻ってくるまでに待つ期間も、金融業者により変わる

③経営が破産した金融業者からは、お金が戻ってくることは無い

戻ってくる金額はそれぞれ違うようですね。待つ期間も長くなる場合もあるようですし、簡単に済む手続きでは無いようですね?それに、破産している金融業者からは、過払いで返済していたお金が戻る可能性は無いことも知っておくべきですよね?

さらに、知っておくと良いこともあげましょう。

53ecbddea297a3a7224b7800f26284b5_s

①過払い金がいくら発生したのかを知っておくこと

②完済して10年以上経過したのか、していないかが重要

記録しておくことが重要になりそうですね?

4dc06ef42399551a01436acd0f6e080b_s

自分の過払い金を調べれるようにするには、取引履歴が必要になる】

過払い金を調べるには、お金を借金している金融業者に取引履歴をもらう必要があります。

お金を借りている立場、金融業者を疑うみたいで抵抗はありますよね?どうでしょうか。

77a62a18d87880a213fbb4dacf07d03d_s

【取引履歴とは何?】

返済・借り入れ・金利・日時が掲載されている紙の事を言います。お金を借りている金融業者にお願いをすることで、もらうことができます。

82bb127b5264286bd1e801a1d3a7918d_s

戻ってくるはずの、過払い金が戻ってこなかった。借金だけが残ったなら?

86533e8c711a57c8d25718fa674b517e_s

借金の問題を解決するにはこんな方法もあります。

【個人再生】

債務整理の方法の1つで、住宅を守りながら借金の負債額を減らすことが出来ます。しかし、支払いが出来ない状態にならない場合は個人再生の利用は出来ないようです。

安定した収入も条件です。返済を継続しないとダメなので、収入が無い状態だと手続きを取ることが出来ないようです。金融業者から数年間は、お金を借りることが出来なくなります。(ブラックリストに登録されます、闇金からの借り入れの誘いが来るかもしれません。借りないように気をつけましょう)

官報と言う機関紙に名前と住所が載ることになります。

【任意整理】

利息・毎月の支払いを減らすことが出来ないかについて、債務者と債権者と話し合います。話し合いが上手くいけば借金額の負担を軽くできます。収入があることと、借金を返済していこうと考えているのなら良い解決方法かも知れませんね。

裁判所を利用しないので手続きが簡単です。官報には載ることが無いようです。なので、人に知られることは無いと思います。

しかし、ブラックリストに登録されます。お金を借りることが数年間は出来なくなります。

5cb08677092c0413776e47b6523af6c6_s

【自己破産】

借金の返済義務が無くなります。保証人になっていないのなら、周りに影響を与えることは無いようです。ある程度の財産は手元に残りますが、価値のある財産は没収されてしまいます。

ブラックリストに登録されます(金融業者から数年間はお金を借りることが出来ません)官報に名前と住所が載ってしまいます。闇金から借り入れの誘いもくるかもしれません、絶対に借りないように気をつけましょう。

借金の解決方法に、こういった方法があるので載せました。

e5d1b049b08d317d8af2f8ff154bf4ea_s

まとめ

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s

過払い金を調べるためには、制限法は知っておくと良さそうですね?請求するために手続きをする際は、少しだけ手間がかかってしまうような気がしますよね?

借金の問題に対しても、解決する方法がありますし。欠点もいくつかありますが、借金の問題を解決するために法律で決められた方法です。なので、心強いと思いませんか?

f07a8aa5fc58c477444b074cac422c83_s

記事だけを読んでいてもハッキリしないと思いますが、どうでしょうか?

⇒詳しくはこちらに書いてあります

過払い金の返還の良かった点、悪かった点は(体験談)

過払い金返還はまったくリスクがないので、グレーゾーンで借りていた方はぜひ行うべきです。
実際にやってみて良かった点は、借金を完済できた上に手元に現金が戻ってきたことです。
弁護士費用の支払いをしても、50万円以上も手元に残りました。
悪かった点は過払い金請求をした業者から再融資を受けられなくなったことですが、これは大きな問題ではありませんでした。
過払い金の返還を弁護士に相談をしてみると、20万円程度を払いすぎていたことがわかりました。そこで、弁護士に依頼をすることにしました。弁護士費用がかかったので、メリットは15万円程度でしたが、それでも借金返済を早めることができました。しかし、過払い金返還をしてもらってもなお借金が残っていたため、任意整理をすることになってしまい、ブラックリストにのってしまいました。それが悪かった点です。
借金の支払利息には過払い金があるケースが多いです。弁護士や司法書士などの専門家に依頼して、再計算してもらうと払いすぎているお金が見つかるケースが多々あります。過払い金が戻ってこればもちろん嬉しいですが、しかし弁護士や司法書士に払う報酬もけっこうな額になりますから、その辺もしっかり計算に入れて還請求は行うべきです。
以前に借金は完済していましたので、自分には関係ないとずっと思っていましたが、もしやと思い弁護士事務所の無料相談を受けてみたところ過払い金の返還請求ができるとわかりました。その結果、思ってもみなかったボーナス並みの金額を取り戻すことができました。しかし、残念なことに1社分は時効が成立していたため断念しました。
複数の金融会社に借金を長期間返済していたために、過払い金が発生している可能性が高く、弁護士を通じて返還請求を行いました。弁護士さんは比較的短期間に手続を行ってくれましたので、スムーズに請求が通ったところが良かった点です。悪かった点はそれほど思いつきませんが、強いて言えば期待したほどの金額には届かなかったことでしょうか。それでもかなりの額が返還されて大変助かりました。
借金を完済する前だったのですが、過払い金で相殺されるかもしれないと思って弁護士さんに相談しました。完済する前でも返還請求を行うことができ、その結果残高が完全に帳消しになった点はよかったなと思っています。また、こちらは特に用意するものもなく、意外と気軽にできることも利点でしょう。ただ、弁護士さんの腕による部分もあるので、弁護士選びは慎重にすべきです。
過去の借金の過払い金が気になり弁護士に相談しました。電話で予約を取ったあと、弁護士事務所を訪ねました。悪かった点は、事務所の雰囲気。中はしんと静まり返り、こんな堅苦しい場所で話すのは嫌だなぁと思いました。しかし、担当して下さった方はとても親切で、スムーズに返還請求の手続きが勧められました。
相談して良かった点は、本当に手間がかからなかったことです。全てを弁護士さんが代行してくれたので助かりました。
過払い金返還は債務整理の一種だと思っていましたが、ブラックリストに載らないそうです。
払い過ぎた利息を取り戻すだけなので、まったく負い目を感じる必要はないのです。
過払い金請求の手続きは弁護士に依頼し、全額の回収に成功しました。
その業者からは70万円の借金がありましたが、150万円の過払いがあったので相殺しても手元に高額のお金が残りました。
弁護士事務所にお願いして、依然していた借金の過払い金請求をしました。
たしか、50万円ほどの過払い金があったと思います。
思い切って請求してよかったなと思うのは、やはりまとまったお金が手元に戻ってきたことです。ただ、弁護士事務所に、戻ってきたお金の半額近くを成功報酬を支払わないといけなかったので、丸々全部自分のものってわけには、いかなかったところが、ちょっと辛いなと感じました。
すでに返済した借金に過払い金が発生していることが判明し、弁護士に依頼して返還請求をしました。
その結果、消費者金融3社から合計170万円の過払いが発生していることがわかり、全額の回収に成功しました。
すでに時効まで2年を切っていた状態であり、もう少し放置しておけば1円も回収できなくなっていました。
過払い金返還には悪い点は何一つないので、1日でも早く行うべきです。

過払い金の返還に成功した方、返還までの経緯を教えてください

過払い金の返還は自分でやってもまず失敗します。
実際に業者と交渉をしましたが、まったく相手にされませんでした。
困ったときは弁護士に任せて、返還手続きを代行してもらうといいでしょう。
弁護士に依頼をしたおかげで、過払い金は全額回収することができました。
借金も50万円程度あったのですが、それもすべて相殺できました。
CMではありませんが、ずばり、まずは弁護士に相談しました。ただ、借金の返済は済んでいるとはいえ、余裕はないので、過払い金の有無を調べるところまでは無料、というところを選びました。返還までは、3か月ほどかかったでしょうか。最終的に、成功報酬と必要経費などで、返還金の半額近くを弁護士に払いましたが、自分であれこれ動いても、ここまでの結果は出せませんし、納得の結果だと思っています。
過払い金が発覚したのは過去の消費者金融の利用明細を見たときです。
25.5%で借入になっており、グレーゾーンの始まりである20.1%を超えていたのです。
回収するときは弁護士に相談し、貸金業者との交渉を代行してもらいました。
回収までは3ヶ月ほどであり、借金を減額してもらったわけではないので、ブラックリストになることはありませんでした。
過払い金の返還は、弁護士に依頼して成功しました。借金が多重債務状態となっており、毎月いろんな金融業者への支払いで大変でした。しかし消費者金融の場合は過払い金がある事があるというのをテレビで知って、弁護士に相談しました。その結果、返還してもらうことができました。弁護士が仲介に入り、利息の計算し直しと、和解交渉で実現しました。
借金の返済が滞ったときに弁護士に相談したら、過払い金が発覚したのが始まりです。
貸金業者は過払い金の話はしていませんでしたが、考えてみれば返還したいはずはないので、時効に持ち込もうとしていたのでしょう。
早速弁護士に返還請求の手続きをしてもらい、3ヶ月ほどで全額回収することができました。
時効まであと2年という危ない状況でしたが、120万円の回収に成功しました。
過払い金が戻ってくる?なんて、最初は半信半疑でしたが、いざ実際にやってみると意外にも超簡単でした。インターネットで募集している広告から電話一本。あとは弁護士事務所が色々質問してきてくれるので、それに答えるだけ。しかも当時の借金返済契約書なども必要なく、個人が特定できる情報さえあれば、あとは待っているだけになります。
5年ほど前に借金を完済したのですが、弁護士に無料相談したところ、かなりの金額の過払い金を取り戻せるということで、ローン会社への交渉をお願いしました。幸いにも明細書を全て保存してあったので、交渉はスムーズに進んで2週間ほどで完了。取り戻した金額は3桁に近い金額でした。弁護士には大変感謝しています。知らずにいたら大損するとこでした。
過払い金には10年という時効があるので、まだ大丈夫とは思わない方がいいです。
返還請求をするときは借金の専属弁護士にお願い、無事に全額を取り戻すことができました。
そして、その1年半後にその業者は倒産してしまったのです。
もし回収しないで放置しておいたら、1円も回収できなかったかもしれません。
過払い金請求はスピードが命なので、やると決めたら今すぐアクションを起こしましょう。
10年以上利用していたカードローンに多額の過払い金が発生していることがわかり、消費者金融に回収するように交渉してみました。
しかし、業者はのらりくらりと話を交わすだけで、まったく話が進みませんでした。
そこで借金相談のプロ弁護士に相談し、業者と直接交渉してもらったのです。
返還まで3ヶ月程度かかりましたが、160万円を超える過払い金が手元に戻ってきました。
借金をしていましたが、その返済の過程で利息を法定金利以上に支払っていました。弁護士事務所に依頼して和解交渉してもらい、計算しなおしてもらって、過払い金を返還してもらうことができました。依頼して和解成立まで約1カ月くらい、過払い金を返還してもらって、そこから弁護士費用をお支払いして全ての手続きが終了しました。

過払い金請求をやった方の体験談

マサシくんは、私の妹の旦那の弟です。両親が離婚してから母親の方で生活していたことから、父の方についていた兄よりも経済的に恵まれない生活を強いられていました。そういった負い目を私の妹の旦那であるタイチくんが持つ必要がないというのが部外者がいうことで、本人としては何かあったら力になってあげたいと考えていたであろうことは、なんとなく理解できます。しかし嫁も子供もいるのですから、経済的な援助は勝手にすべきものではないでしょう。

過払い金返還で借金問題を解決03

しかし兄のタイチくんは嫁(私の妹ですが)に内緒で、経済的な援助を続けていました。母親はお金にだらしないところがあり、それが離婚の原因ともなっていたのですが、離婚の後もそれは改善されていませんでした。働いているクリーニング店で好きにできる立場であることを良いことに使い込みを働き、その尻拭いをマサシくんに頼んで、マサシくんは消費者金融から借金をしては解決する、その繰り返しでした。そのうちにマサシくんも首が回らなくなり、支払いを兄のタイチくんに頼むという流れになっていったのです。家族に内緒にしていることから、タイチくんも解決を消費者金融からの借金に求めることになり、家族が知らないうちに借金を増やしていました。

 

とうとう総量規制の法律によって新たな借り入れもできなくなり、自転車操業もままならなくなり、ようやく借金が露見しました。妹は実家の家業を手伝うことでお金を得ていましたので、旦那からは最低限の生活費をもらうだけです。あとは全く訊かないというおおらかなところが、そこまでにさせてしまったのかもしれません。タイチくんだけで借金は350万円。様々なケースがあるものですが、妹の家庭の場合には、その程度で破産をするのには、失うものが多過ぎました。弟のマサシくんも、同様の借金がありました。そうやって甘やかしているから母親のお金のへのだらしなさが治らないのだと思います。それでも借金の名義人はこの二人なのですから、解決しなければ妹の家庭が破たんします。

両親は「払ってあげようか」と手を差し伸べましたが、私は反対でした。そうやって簡単に解決させると、絶対にこの二人はまた借金を作ります。そこで弁護士に相談した方が良いだろうということに落ち付きました。マサシくんとタイチくんの二人は父の紹介した弁護士のところに行きました。任意整理になるだろうと踏んでいましたので、とにかく二人は弁護士に代理人をお願いして、話し合いにあたってもらうことにしました。弁護士はそれまでの取引き経過を取り寄せ、ひき直し計算をしたのでしょう。長年支払ってきたために、借金があるどころか、二人とも過払い金が発生していることがわかりました。完済した後ではないので返還請求を起こすことで若干信用情報のビハインドが付く可能性があることは弁護士からも忠告されたようですが、それを差し引いても良い解決です。また過払い金の返還請求に応じないような中小の貸金業者や、すでに貸付業務を行っていない回収のみの業者に付いては、過払い金を相殺してすでに契約はないという話でまとめることにしました。350万円の借財があったところから、全ての借金がなくなった上になぜか150万円程度が戻ってくるという、天と地ほどの違いがある解決に落ち付いたのです。

弟のマサシくんも、同じようなものです。しかしこれによって新たに借入が出来る状況になってしまったわけですから、警戒しなければなりません。また母親がお金の問題を持ち込まないとも限りません。妹は無駄なこととは分かっていながら、弟が母親との密な関係を解消しない限り、兄として付き合うことは勘弁いただきたい、そしてそれすらもできないならば離婚するという意思を伝えました。弟のマサシくんは「これ以上は面倒みきれない」と母親と離れて暮らすことに決め、それを受けて兄のタイチくんも私の妹も、弟として付き合い続けていこうと決めたようです。酷なようですが、お金にだらしないのは、治らないものです。仕方がないでしょう。

 

 

 

 

補助文章

過払い金を一言で書くと消費者金融などの金融機関に多く支払いすぎた利息のことを指します。
そもそもこうした過払い金というのがどうして発生してしまったのかについて説明すると、借金の利息については現在では上限がきちんと統一されています。現在の法律においての利息上限は仮に10万円未満の借り入れを行った場合には年利20%までと定められています。10万円を超え100万円までの範囲内で借り入れを行ったときの利息の上限は年利18%で、100万円以上の借り入れについては年利15%までが上限となっています。このことは利息制限法に元々明記されていました。利息制限法は、借金返済を考える人にとっての参考にしやすい数値となるはずでした。

過払い金返還請求でお金を取り戻せる?00
しかし実際には、消費者金融業者などの金融機関が行っていた貸付けは利息制限法によって定められた制限利率を超える率の利息を付していました。
2010年以前は、出資法5条2項に定められた年利29.2%を超えない限りにおいては刑事罰が処されることがありませんでした。そのことにより、利息制限法で定められた制限利率を超え出資法により定められた年利29.2%を超えない範囲のいわゆるグレーゾーン金利と呼ばれる合法とはいえないが違法とすることもできないような金利が事実上一般的に認められている状態でした。
しかしグレーゾーン金利は債務者が返していくべき借金返済の妨げになることが多くなってしまいました。特に2000年代後半においてはグレーゾーン金利による借金トラブルの結果何らかの事件を起こしたり、また借金返済ができなかったり生活が困窮してしまうなどの原因で自殺または無理心中などへと追い込まれるなどの問題が重く世間にのしかかるようになってしまいました。
また、借金返済を呼びかける取立て屋の存在も大きな社会問題となっていました。会社までおしかけてきたり、無理やり借金返済をさせようとしたことも批判の対象となりました。
本来借りたお金を返し続けながら国民としての生活を送ることを目的とする借金が、人によっては人生そのものを滅ぼすことにもつながってしまいやすくなるということを重くみた政府は、国会で充分に審議した結果2010年に法律が改正されグレーゾーン金利が完全撤廃されることになりました。
現在は、利息制限法で定められた制限利率を超える貸付はできなくなってきています。また利息制限法に定める利息を超えてグレーゾーン金利で貸付を行うことはできなくなりました。もしもグレーゾーン金利で貸付を行ったことが発覚した場合には処罰の対象にもなり、その結果として金融業者の業界の勢力図が大きく様変わりするようになりました。
債務者にとってはまずグレーゾーン金利によるトラブルは激減するようになり、またグレーゾーン金利で以前借りていた金利を過払い金の返還請求によってお金が返ってくるような仕組みも整うようになりました。
また法律の改正はグレーゾーン金利以外にも及び、金融機関によっては年収の3分の1を超える金額の借り入れができなくなるなどの制限が設けられるようになりました。そのことで借金返済そのものに関するルールが以前よりもはるかに整いやすくなり、借金をしたり返したりするときに明確に把握しやすくなっていきました。
過払い金が返還請求できるようになり、帰ってきたお金を借金返済にあてることで一部または全額借金返済ができるようになった人は推定で約1千万人前後にも及んだといわれています。そのくらいにこれまではグレーゾーン金利で借りていた人が多かったということも世間の話題として挙がりました。
グレーゾーン金利により発生した過払い金請求を行うにあたっては、基本的には弁護士や司法書士などに依頼しておき法律の専門家が金融機関と交渉を行うことで、比較的簡単に過払い金の返還ができるようになっています。ただ近年においては、借金をした本人が裁判を起こすことによっても過払い金の返還ができやすくなりました。借金返済が債務者にとってしやすい環境が現在ではずいぶんと整うようになってきています。
もちろん弁護士や司法書士に借金返済のための手伝いを相談するまたは依頼するにあたっては、着手金や成功報酬などの名目で代金が少なからずかかってしまいます。しかしそれでも借りていたお金のうち返ってきた過払い金を借金返済にあてることで得られる精神的な苦痛からの開放は、債務者にとっての大きなメリットとなっていきました。
現在は過払い金返還請求に関する依頼の需要は、法律事務所などがCMなどの媒体を使ってずいぶんと宣伝したことによって認知度が高まった結果一時期よりもかなり少なくなってきており、こうした依頼件数については落ち着いている傾向にあります。しかしまだまだ過払い金で借金返済を考えている人の数はいることが見込まれています。そのためまだしばらくは過払い金による借金返済を呼びかける流れについては続くと予測されます。
ただ過払い金を利用して借金返済を行うことを希望する場合には一つ注意点があります。それは、過払い金の返還請求には時効期限が定められているという点です。借金を完全に返済してから10年を経過している場合においては、借金返済のために過払い金請求を行うことはできません。これは逆にいってしまえば10年を経過していなければいつでも過払い金の返済請求についてはできることがいえます。
ですので、過払い金の返還請求を行うことで金融機関からお金を返還してもらい今抱えている借金返済に少しでも充てることを希望するときには、借金返済が全て終わってから10年という期限があることを念頭においたうえでできるだけ早めに行うことが求められていることを留意します。
また、泣き寝入りをしたりあきらめてしまっていた場合においても時効の期限が過ぎない範囲であれば今からでもまだ過払い金の返済請求は間に合います。ですのでもしも心当たりがある場合においてはきちんと法律の専門家と相談をした上で借金返済を法律の専門家と一緒に考えていったほうが望ましいといえます。
利息の過払い分が発生しているかどうかを調べる方法としては、自分で計算することもできます。ただ少し計算の方法が複雑な面もありますので、自分で計算するよりはできるだけ法律の専門家に依頼しておくほうが分かりやすいといえるでしょう。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.