借金返済に必要な知識

退職してしまって借金が悪化、どう考えていく?

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

借金を返している途中なのに、仕事をクビになってしまった...

まだ、返済が終わっていないのに、どうしたら良いんだろう。

 

何もわからないよ。

借金はどうやって返していけば良いんだろう?

借金を残したまま、仕事を退職(クビ)になった

 

Q、私は契約社員としてアルバイトをしています。しかし、近々クビになってしまいそうです。

理由は会社の左遷異動の話を聞いたからです。

 

他の人の異動のケースを見ていると、「辞める」ことを迫られているようなものです。私はアルバイトなので、辞めることは苦痛ではないですが、実は300万円近くの借金があって月に9万円ずつ返済しています。

 

借金を抱えたままクビになってしまい、無職になった方はいますか?そんな時の心構え・生活体験を教えてもらえるとありがたいです。

 

 

・意見

A、やめれそうなものがあれば、やめてみてはどうでしょうか?少しだけお金が浮くと思います。

 

A②、食費から。コンビニのお弁当でも高いです。

朝はパンと牛乳だけで、昼もカップ麺。夜は夕方頃にスーパーへ行けば、半額でお弁当が販売されているのでそれを買う。タバコ・酒が欲しくても買わない。自炊が出来るかでも違ってきます。

 

引っ越そうなんて考えない方が良い、田舎に行ったところで仕事がすぐに見つからないです。

 

雑費(通話・ネット・家賃)と要るものが次々と出てくるし、お金のことをもっと考えましょう。

クレジット会社・消費者金融からお金を借りるのなら、銀行は絶対に審査をします

審査では自分が働いて安定した収入が無いのなら、お金は借りることは出来ません。審査をクリアしてお金を借りても、仕事が出来なくなった状態では借金が返済できなくなります。

 

しかし、仕事が見つかるまで返済を待つような金融機関は無いので、催促がずっと続くことになります。

 

新しい仕事をすぐに見つけられれば良いですが、できなかった場合は金利が膨らみ続けるので、借金の負担を減らすために債務整理を考える必要が出てきます。

 

債務整理の間でも民事再生をすることで、返済期間は伸ばすことができます。月々の支払金額を少なくし長い期間をかけ、返済することができます。

仕事が無く返済が厳しいからと言っても、そのままほっておけば金利・遅延金が膨らんでいきます

 

なので、早い段階で民事再生をすることを考えておいてください。

 

借金を返済しないとダメなのに、退職(クビ)になって仕事がない

 

※返済の計画をしっかり考えて仕事を探すこと

仕事が無くなってしまうと、返済が難しくなります。この状況を金融機関に話をして、民事再生をするに司法書士・弁護士の力をかりる必要があります。

ただし、借金が140万円を超えてしまっているのなら、司法書士を介入させることが出来ません。

 

なので、弁護士に相談することが必要になるのですが、弁護士側から金融機関側へ仕事が無くなってしまった。なので、支払ができないと伝えてもらいます。

その上で借りた借金を、これからどうやって支払っていくかを話し合います。

月々の支払の額は少なるので、失業保険を使い少しづつ返済をすることができます。

 

アルバイト・パート収入の少ない給料でも、返済計画を組むことが出来るので、仕事が無くなってしまって返済がキツイと思うなら、弁護士へ相談することを意識しましょう。

 

しかし、民事再生なら住宅ローンは対象外なので、住宅ローンを抱えていて支払いが辛い場合は任意整理をすることも考えてみましょう。

 

 

※体験談

45歳・男性・タクシードライバー。

「40歳の頃に、会社からリストラされました。今までは役職もあって、収入もある程度はありました。しかし、リストラされてしまったことが原因で、手元に残ったお金は退職金とリストラ前にいただいたボーナスだけです」

 

「またすぐに仕事を探そうと頑張っても仕事がうまく見つからず、借金も抱えていました」

 

「退職金は家族のことを考えると、どうしたら良いのか考え込みましたが、在宅ローンの返済に使いました。借金は民事再生をすることにしました

「タクシードライバーとして働ける仕事が見つかり、ここで働きながら在宅ローンを支払っています」

 

「民事再生をしたので、住宅ローン以外の借金が少なくなりました。それに、支払う期間が長くなったこともあるので、返済ができています」

リストラされて会社をうらんでいましたが、今は気持ちが落ち着きました」

 

「返済がもう少しで終わるので、タクシードライバーとして働いて生活していこうと思っています」

「民事再生を早いうちにしたことで家も手放さずにすみ、家族を安心させることができています」

 

 

※体験談

私は子供の頃から周りに合わせる性格でした。仲間外れになるのがイヤと言う気持ちが原因でした」

 

「両親の都合で転校を繰り返していました。なので、子供の頃から目立ちすぎないようにしていました。」

「なので、社会人なって就職をしても、みんなと合わせました」

「みんなが買っているブランドは集めたし、ランチも誘われたら行きました。気に入られたい気持ちから、会計のときに私はお金を多めに出しました」

 

「そんなことが続いたから、給料も交遊費と買い物で使い切ってしまいました。貯金もたまるはずもなく...」

「そんな時、5月の連休に会社の同僚たちから、旅行へ誘われました。お金が無いので、困っていました...」

「断ろうかと思っていましたが、みんなの輪から外れることを考えると不安でした」

 

「そのため、旅行費は消費者金融から借りることにしました。給料が入ればすぐに返済できる。借りるのは旅行に必要な分だけで良い」

「金利が高いとは知っていました」

 

借金を抱えてしまうことを知られると、みんなから白い目で見られると思ったので、すぐに返してしまおうと決心してました」

 

「でも、旅行から帰ってきても何も変わることが無く、みんなと同じブランドを集めて、ランチの誘いがあれば参加して会計も私が多めにお金を出しました。借金は増えていきました」

「お金を借りて一年過ぎました。債務額は減らず、当初の1.5倍に膨れてしまいました

 

「また、旅行の誘いを同僚から受けたのですが、お金が無いので断りたい...と言えず、消費者金融からまたお金を借りました

「私の中では、借金はお金を貯めていると言うような感覚になっていました」

 

取り立ても月に1度しかなく、内容もメールでした。借りているのではなく、毎月1万円を払えばいくらでも使えると勘違いしていました。」

「開き直った感じになってしまい、お金を借り続けました」

 

「友人とも連日遊びまわり、限度いっぱい借金をしてました。私はついに、怪しい金融業者へもお金を借りてしまいました

「返済の期限が迫っていたので、ネットで調べた金融業者でお金を借りました。そこは、金利がとても安く審査も必要が無かったので、怪しいことは知っていました」

 

「でも、お金を確保することが出来れば何でも良いと言う状態まで、追い詰められていました」

 

「私が考えた通り、私がお金を借りたところは悪徳業者でした。借金の総額はあっという間に、200万を超えてしまいました。私の収入だと利息すら返せません」

 

ポストいっぱいの手紙の取り立て、何度もかかる電話の取り立てが続きました。最終的に会社へ電話の取り立てが来るようになりました

 

「上司に借金の事がバレてしまうまでに、時間はかかりませんでした。結局、私は多額の借金を抱えたまま仕事を辞めました。その後、私は実家へ戻りました。両親に泣きながら頭を下げ、借金を肩代わりしてもらいました

 

病が原因で借金を返せないまま、仕事を退職(クビ)してしまった

 

・体に支障をきたして仕事を辞めた場合は?

※例

A「私の兄がうつ病と診断されました。それが理由で会社を辞めないといけなくなりましたが、彼には借金があります。仕事を辞めると借金を返すことが出来なくなってしまいます」

 

「兄は落ち込んでいます。借金は300万円ほど残っています。来月から収入が入らなくなり、返済が止まってしまいます。うつ病もあって弱っています。なので、再就職も難しいです

 

B「まずはうつ病を治すことが大事です。そのため、借金の問題を解決することが必要です。仕事をすることが出来ない状態なら、収入が途絶えてしまいます」

 

「その場合、必要になるのは生活保護の申請です。うつ病の場合、生活保護の受給ができます。そうすると、最低限の生活を確保できます

 

A「私もそれを考えました。しかし、借金がある場合は生活保護を受けることが出来ないと知りました。生活保護のお金は生活費として使うお金で、借金の返済に使うかもしれない人は生活保護を受けれないそうです」

B「借金のある人は生活保護を受けることができません」

 

「なので、お兄さんの場合は借金を無くすことが先になります。債務整理を前提に生活保護申請をすると保護を受けやすくなります

 

借金をしたまま退職(クビ)追い詰められないために、心がけたいこと

・退職前に知っておこう

①退職前に引っ越すべき?

仕事が無くなると引っ越すところが限られてきます。退職するのでしてら、まだ収入があるうちに家賃が安いところへ引っ越しておきましょう。

借金をしている場合、住んでいるところの家賃は高くないか?

 

②クレジットカードは作るべき?

無職になると審査が通りにくくなります。

もし、借りないと生活が出来ない状況になった場合、どこからも借りれない状況におちいります。

 

③退職直前はしっかり働こう

失業保険は退職前の6カ月の給料がベースになります。

 

休んでしまって、給料が少なくなることは避けた方が良いです。

 

※貸金日額の計算。

貸金日額=退職前の6カ月間の給与÷180日

・残業を選んで多めに働くくらいが良いでしょう。(貸金日額は年齢によって変わってきます)

④返済シュミレーションで返済の確認をしよう

今、利息をどれくらい払っているのか?何年かけての完済になるか?

 

これを考えると、退職する判断をしっかり意識できます。

 

会社から借金をして、退職するべきか悩んでいる...

 

Q、5年間ほど勤めた会社を辞めようと思っています。

 

会社の命令で転勤になってのですが、断ると解雇として扱われるため承諾しました」

「その際に、転勤費用を40万円ほど会社から借り入れしました。15万円は会社が出してくれて、残りの25万円は会社から借りました」

 

月1万円ずつ会社へ返済して、残りは12万円です」

 

「借用書は交わしていません。なので、口頭のみで貸し借りしました。給与明細と一緒に、残りの返済金と今まで払った分を書いた紙が入っています」

 

「社長の親族が経理を担当していて、退職届けは出していません。社長の性格から退職はなかなかさせてもらえないです。会社の都合で転勤させらえて、借金を背負わされる事には納得がいきませんでした

 

「当時は社長にこわくて、何も言えませんでした。お金を貸してくださいと私から頼みました

「業務内容は毎日のサービス残業、休日返上で会社研修、有給も聞いたこともないです。上司のパワハラもとても多いです」

 

「甘えかもしれませんが、ブラック企業じゃないかと思っています。就職は決まる予定です。ただ、就業規則は渡されていないので、少し見て聞いただけの判断ですが、辞める一か月前に告知しないといけなかった気がします」

 

「実際に、数年で何人か辞めています」

 

「辞めると伝えてから長い人は半年以上、短い人でも3か月は引っ張られています。あとは突然来なくなって辞めるパターンです」

「私が辞めると話しても、愚痴を言われて借金を一括返済しろと迫るか、辞めるなら返済しろと言ってくると思います」

 

「私としては、辞めた後も月1万を返済するつもりです。しかし、相手が納得しないように思います」

 

退職金があるのかもわからないです。会社が同族営業なので、どうなるか目にみえてます。しかし、ハローワークの求人は退職金があると書かれていたように覚えています」

 

「辞めるときにこんな事態になってしまい、反省していますが、社員はワンマン営業者に頭が上がらないです。」

 

「金銭的な事に関しての話は禁止で、期限が悪くなるから誰も言えません」

「私は就業規則があいまいなので、2週間で辞めて次の職場へ行こうと考えています。しかし、間違いなく社長の逆鱗にふれて、退職金を出さないような気がします」

 

辞めようか悩んでいて、借金を背負わされ退職金も出ない。どうすれば?

・質問をまとめます。

 

①会社都合の転居費用を退職時に借用書なしで借りました。今後も払わないとダメなのか?

②継続した分割がダメになり、一括で払えと要求されたときの対処法

③退職金をもらって、借金を相殺する方法について

④退職届提出後は就業規則があいまいでも、一か月は働かないとダメなのか?

 

仕事が無かった時代に雇ってもらい会社と社長には感謝しています。

 

しかし、何年間か頑張りましたが、会社のやり方と社長の考え方に疑問を感じます。

 

A、転居費用の内15万円が会社の負担。分割返済で25万を借用するも口頭の約束だけで、書面は無い。そして、3年もかけても12万もまだ残っている

 

もし、辞めてしまうのなら、一括返済は当然でしょう。

 

法律的には2週間で辞めることができます。業務引き継ぎを考慮するなら一か月が常識。

退職金は就業規則に無いのなら、出す出さないは経営者の自由になります。

 

A、月1万、月12万、3年で36万。残債が12万。そして、借りたのは25万。高金利でも計算が合わない気がします。

借金が残っているのなら返さないとダメです。

辞めるのなら一括でも仕方がありません。採用時に就業規則で転勤の可能性を示唆されたのなら、転勤命令を会社は出せます。

 

従わないのなら業務命令に反することになりますし、解雇もありえるでしょう。

 

会社が転勤費用を負担する規定はありません。一部を負担してくれて、一部を貸してくれたのなら悪くない会社です。

 

一括を要求されたら払うしかありません。即日の必要は無いと思います。

退職後、一カ月くらいのうちに算段して払っておいたほうが、あとくされは無いと思います。

 

就業規則が書いてないなら、退職金は無しです。職安の求人票も意味はほとんど無いでしょう。

法律等でいくら支払うかという規定がありません。

 

雇用契約が成立するなら、退職金の規程や慣例として確実な物があれば別になります。

一か月間、無理に働く必要はありませんが、常識を考えるとそのぐらい前に通知するべきです。

 

借金の返済に退職金を使いたい

 

・退職金の支給は企業の業務では無い?

退職金の支給について、法律で企業に定められた義務じゃないです退職金制度が無い企業もあります

 

しかし、これが違法になるわけではないです。

厚生労働省が平成25年に調べた調査だと、退職金制度がある企業は全体の75.5%です

 

4社に1社は退職金制度が無いと言うことになります。

退職金を借金の返済に使っていたけれど、辞めたらもらうことが出来なかった。

 

そうならないように、事前に確認しましょう。

常用労働者が30人~99人の企業だと72.0%に対し、1000人以上の企業では93.6%になっています。中小企業よりも大企業の方が福利厚生が充実しているようです。

 

※退職金制度について「退職一時制度」と「退職年金制度」があります。

・退職一時金は退職時に一括して支払われる退職金のことです。

・退職年金制度は退職後の一定の期間、亡くなるまで支払われる年金のことです。

 

全体6割以上の企業が両方の制度を併用しています。借金を返済することに使いやすいのは退職一時金になります。

 

※退職金制度は「人事・総務」と「就業規則」で確認できます。

自分の会社に退職金制度があるか確認する方法は、人事部・総務部の人間に聞けばよいだけです。退職金のことを聞いても職場の扱いが不利になることはありません。

 

しかし、ストレートに聞くと驚くでしょう。なので、「定年までこの仕事を続けたら老後は大丈夫か?」と聞き方を工夫してみましょう。誰にも知られずに制度を把握したいなら、社内規定(就業規則)を確認したら良いです。

就業規則を企業は周知する義務があります。

 

最近はそのことについて把握している企業が多く、社内のネットからダウンロードできるケースがあります。

 

借金を返すために、退職一時金などについて詳しく知ろう

※退職一時金の支給額は以下の式。

退職一時金金額=退職時の基本給×勤続年数×給付率

基本給が高い。勤続年数が長い。その方が支給額も多くなります。大企業のほうが退職一時金が多いのですが、基本給が高いからです。

給付率は企業ごとに設定をされますが、一般的に以下のような数値になります。(平均値)

 

(表)

勤続年数(年)・自己都合による給付率平均(%)・会社都合の給付率平均(%)

43 72
33 51
36 51
10 42 55
15 47 59
20 52 62
25 57 65
30 59 66
35 59 65

定年まで69です。

 

例をあげてみましょう。

基本給20万、勤続年数3年、自己都合退職だと?
退職一時金金額=20万×3×36%=21.6万円

 

基本給40万、勤続年数25年、会社都合退職だと?
退職一時金金額=40万円×25×65%=650万円

 

基本給50万、勤続年数38年、定年退職(会社都合退職)だと?
退職一時金金額=50万円×38×69%=1311万円

定年まで勤めた場合は退職一時金は1300~1500万円程度です。ここに1000万円程度が上積みされます。

 

厚生労働省の調査でわかった、退職金の平均支給額。

 

①大学卒(管理・事務・技術職)

退職一時金制度:1567万円

退職年金制度:2110万円

両制度併用:2562万円

 

②高校卒(管理・事務・技術職)

退職一時金制度:1470万円

退職年金制度:1822万円

両制度併用:2272万円

退職金も所得の一つになり、所得税・住民税がかかります。

 

退職金は今後の生活のお金になるので、通常の所得と比べ大幅な所得控除を認められています。

・退職所得の計算

退職所得=(退職金-退職所得控除額)÷2

 

・退職所得控除額は以下の計算式になります。

 

 

勤続年数・退職所得控除額

20年以下・勤続年数×40万(上限80万)
20年を超える勤続年数×70万円+800万円

 

(例)基本給20万・勤続年数3年・退職金21.6万円の場合は?

退職所得得控除額=3×40万円=120万円
退職所得=(21.6万円-120万円)÷2=-49.2万円(所得がマイナスなので、税金が発生しません)

 

(例2)基本給40万・勤続年数25年・退職金650万円の場合は?

 退職所得控除額=25×40万円=1000万円
 退職所得=(650万円-1000万円)÷2=-175万円(所得がマイナスなので、税金が発生しません)

 

(例3)基本給50万・勤続年数38年・退職金1311万円の場合は?

退職所得控除額=38×40万円=1520万円
退職所得=(1311万円-1520万円)÷2=-104.5万円(所得がマイナスなので、税金は発生しません)

 

(例4)基本給50万、勤続年数38年、退職金2562万円の場合は?

退職所得控除額=38×40万円=1520万円
退職所得=(2562万円-1520万円)÷2=521万円(所得がプラスなので、住民税がはっせいします)

まとめ

退職金で返す方法があるみたい。でも、それだけじゃ借金を返しきれないよ。生活費もあるし...

家族も食べさせてかないとダメなのに。

先ず、仕事を辞めたところからだ。借金を返しきっていないのに...

どうしたら良いかわからなかったけれど、

こんな解決方法を知ることができたんだ、このような解決方法があります。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-借金返済に必要な知識

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.