親戚が借金地獄に!?よくある体験談

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

妻の遠い親戚が抱えた借金の流れ

夫婦共、収入や生活に恵まれているので、今まで借金を抱えた事はありませんが、妻の遠い親戚は巨額の借金に悩まされていました。自身としては直接会った事がなく、妻も数回顔を合わせた程度の親戚ですが、金遣いの荒さは親戚中に広まり、今では誰もが知る有名な借金話になっています。
事の発端は、遠い親戚が身内に借金の話を行った事で、その額の大きさと借り入れの理由から話は大きくなりました。
親戚の仕事は会社の役員を中心として、複数の事業を手掛けているやり手といえます。
妻の遠い親戚が抱えた借金の流れ03

ただ、その奥さんの金遣いは結婚当初から荒く、見栄を張るタイプである事も合わせて借り入れは膨れている様でした。
旦那は重要な仕事が任せられる程のやり手なので、収入に余裕はあった様ですが、次第に奥さんの金遣いの影響を隠せない程借金は増え続けたという事です。
一度は夫婦で話し合い、過剰な金遣いは収まったみたいですが、時間も経てば借金の返済も進むので、それに伴い奥さんの金遣い問題は再発しました。
借金が増えては話し合い、返済が進んでは再び借金が増えるといった、止めどない悪循環が続いていました。
そんなある時、奥さんの金遣いを感情に任せて愚痴った事が発端となり、噂はたちまち遠い親戚であるこちらにまで届きました。
本人としては、どうやって奥さんのお金の使い方を常識的に出来るか、これだけが望みだった様です。
しかし、結婚当初からお金に対する欲は強かった様子なので、それに気が付けなかった旦那にも多少の責任はあると考える事が出来ます。

一方、仕事の才能もありますが、努力で稼いでいる旦那の稼ぎが金遣いを助長している側面もあるので、何とも皮肉というか遣る瀬ない気持ちになる話しです。
相談を受けた人のアドバイスは、奥さんと真正面から向き合って話し合いを行い、今まで曖昧だったお金の使い方にルールを設ける事が提案されました。
悩みを抱えている本人は、今まで以上に向き合う事が大切だと理解して、夫婦と長い話し合いを行う事になりました。
結果、奥さんはお金に関して感情で行動する事は少なくなり、次第に借金の話は親戚中の中から忘れられます。

ところが、忘れた頃に突然の展開は発生するもので、表面上は大人しくなった奥さんですが、実は隠れて借金を膨らませていました。
その額は数百万程度でしたが、ついに旦那の我慢は限界を迎えて、暫くは顔も見たくないと家を出た様です。
普段はやり手として有名でしたが、性格が温厚な点も高評価で、人当たりの良さが特徴的な人と評価されていました。
その人が怒る程なので、余程我慢していたといえるでしょうが、何度注意しても変わらない奥さんの振る舞いにも疲れたと考えられます。
一時は離婚話も上がりましたが、今も小康状態は続いていて、時間が解決する沈静化を待っている状況です。

こちらとしては、直接関わる立場ではないものの、話が耳に入った事で展開から目が離せません。
今回の話で分かった事は、どれだけ収入が大きく安定していても、使う側に節度がなければ夫婦関係が壊れてしまう事です。
相手を見付けて結婚してしまうと、簡単に縁や関係を切る事は難しくなるので、その点も問題解決が困難になる事が理解出来ました。
夫婦という強い関係を結婚の形で契約するからこそ、相手選びは特に重要ですし、お金や物に対する価値観は事前に把握する必要があると実感しました。
大金を借り入れつつ、高い生活水準が維持出来る事は羨ましいですが、完璧に見える夫婦であっても、一つの欠点が大きな問題に発展する点においては親近感が持てます。
羨ましさと事の大きさが親戚中に広がり、複雑な感情を抱かせる出来事ですが、親戚夫婦の人柄は嫌いではないので、時間をかけても円満に解決して欲しいと感じます。

親戚に借金をして疎遠になった人の話

お金というのは生きていくためには必要なものです。もちろん、それだけが必要ではないのですが、生活をするには必要最低限の金額のお金はいるものなのです。食事をするにも、洋服を購入するにも、住まいを維持するにも、何をするにもお金がいるのです。しかし、お金は湧いてくるものではありません。きちんと職業労働をして、稼ぐことで手に入れることができるものです。楽をして得ることができるものでもないのです。

親戚に借金をして疎遠になった人の話02
もしも、どうしてもお金が必要になったら、どうしますか。人から借金をするという方法もあるのですが、身近な人に借りるということは揉め事の原因になるのです。この話は身近な親戚などにお金を工面してもらい、返済を怠ったことで、大切な人たちと疎遠になってしまった人の話です。
これは友達の家の話になります。友達にはお兄さんがいて、とても感じの良い人でした。小学生のころから知っているので、気のいいお兄さんという感じだったのですが、高校を卒業してから親戚を敵にまわすようなことをしてしまったのです。彼をAくんとしておきましょう。
高校を卒業したAくんは就職をして自動車部品を作っている会社の工場で働き始めました。勤務態度も良好で特に問題もなく、しっかりと仕事をしていたようです。ある時、友達に誘われてパチンコスロットに行ってみたのです。そういったところに行ったことがなかったAくんは躊躇しているところもあったのですが、初めての来店で見事に5万円も勝ってしまったのです。気をよくしたAくんは翌日もそのパチスロ店に行きました。しかし、毎日勝てるわけでもありません。毎日通ってもなかなか勝つことができなくなってしまい、いつかは勝てるようになると信じながら、やめることができなかったのです。
そのパチスロで使ったお金は自分の給与をはるかに超えるようになってしまい、ついには人に借金をしてでも行くようになってしまったのです。初めは親に借金をしていたのですが、返済もできないままになってしまい、親戚の仲良しの叔父さんやいとこにまで借りるようになってしまったのです。

その事実を親は知りませんでした。しかし、あまりにも他の人にも借金をするようになってしまった上に、返済も出来ない状態になってしまい、親戚からのクレームが親のもとにくるようになったのです。
親も返済を出来ないくらいになってしまい、とうとう借金をした親戚との関係も悪化してしまったのです。その後、親戚はAくんの相手をしなくなってしまい、ついには疎遠になってしまったのです。
もちろん、親もその親戚の人たちと関係が悪くなってしまいました。パチスロの恐ろしさを感じながら、Aくんはもうやめると決心をしました。しかしながら、借金返済のめどは立っておらず、まだ親戚との関係も悪いままになっているのです。
お金の問題というのは人間関係に影響を及ぼすものであり、大切な人を失う可能性さえあるので、気をつけなければなりません。

借金で自己破産をした親戚の話

借金をしたのは父方の親戚のおじさんでした。
奥さんと娘さんと息子さんがおり、職業はカメラマンでした。
私は小学校低学年の時に数回会った程度で、あとは毎年洋風な年賀状が来るな~という認識でした。なぜ「洋風」か、というと息子がスーツ、奥さんと娘がひらひらのドレスを着て窓辺や洋館の階段でポーズを取っている写真ばかりだったからです。
この話は父から聞いたのですが、親戚のおじさん家族はもともと金銭にルーズだったそうです。

借金で自己破産をした親戚の話02
おじさんの父親が亡くなった時はまだ独身で実家にいたため、遺産相続をする前におじさんと母親で散財し、すでに家庭を持っていた兄弟が相続の話をした時には半分が回収不可能になっていました。
その後、結婚した奥さんは資産家のお嬢様で、ドレスの年賀状が奥さんの趣味という話で納得がいきました。洋館にドレスの生活が理想で、ますます貯金とは縁遠い生活を送っていました。
私の父にまで借金の話が伝わったのはおじさんが結婚して10年になる頃でした。
おじさんの両親はすでに他界し、相続でもめた兄弟には縁を切られ、離婚したことから親戚の間で話題になり、立て続けに借金の話が出たようです。
奥さんは子どもを連れて実家に戻りましたが、元夫に援助はありませんでした。
親戚に話が伝わった時にはヤミ金に2千万の借金がありました。
もともとは5百万程度だった借金に利息がついて膨らんだのです。
一応カメラマンとしての仕事が月に20万くらいあったのですが、そのほとんどが返済に取られている状況でした。
見かねた父が生活再建の手助けをしようと数回おじさんの家へ行き、詳しい状況を弁護士と一緒に確認してきました。
奥さんの趣味で選んだのであろう洋館風のデザイナーズマンションに一人で住んでいました。
東京都内ということと、デザイナーズマンションであるため、家賃だけで収入の半分の金額です。
借金があるのだからもっと安いアパートなりに引越せばいいのにと思うのですが、そういう発想自体が無いようで、コンクリート打ちっぱなしの室内にはおしゃれな家具が配置されていました。
父を一番あきれさせたのは身長よりも大きな冷蔵庫が3つあり、カメラのフィルムが冷やしてあったことです。
外食ばかりで自炊はしないので食料はまったくなく、カメラのフィルムごとに冷蔵庫を分けてあったそうです。
父はマンションを引き払い、家具も売り払って本気でやり直すつもりなら自分の家の近くにアパートを借りてあげるつもりでした。本人もじゃあ頑張るということだったので、ヤミ金に返済を遅らせてもらえるように弁護士と父が事務所に話をしに行きました。
そこで父が見せられたものは、すでに自己破産手続きをした書類でした。
父が色々と工面していた時にはすでにおじさんは自己破産の書類にサインをしてしまっていたのですが、おじさん自身にそんなつもりは全然ありませんでした。どうやら借金の返済が辛いならこの書類にサインさえすれば今よりは楽になると言われ、何の書類かも確認せずに自筆の署名をしたようです。
結局家財一式を差し押さえられ、おじさんは自分の友人宅に居候を始めました。
これからのこともあるのでということでカメラマン以外の仕事も紹介しようとした父に、カメラ以外の仕事はしたくないと告げて怒らせ、それきり父も親戚もこの件から手を引きました。
それ以後のおじさんの生活は聞いていません。

親戚といえども借金問題は揉める

世の中で生きていくためには、お金が必要になります。毎日の生活で食べるものや着るものなど、いろいろな場面でお金がいるようになります。ですから、お金を得るためには仕事をすることになるでしょう。それができないと立ち行かない状態になるので、本当に困ってしまうことでしょう。必要最低限のお金を稼ぐことでもパートやアルバイトといった形で仕事をすることもできます。それができないと、金欠状態でどうにか工面しなければならないようになるのです。

親戚といえども借金問題は揉める02
これは知り合いの話ですが、働くこともスムーズにできずに頼るところもなくて、結局親戚にお金を借りたようですが、思いもよらず、かなりもめてしまったという例がありました。これは生活費が足りない状態になってしまったためであり、ちょこちょこと3万円、1万円、5万円といったように小さな借金を重ねてしまったのです。最終的には20万円ほどの金額だったのですが、それ以上は貸すことができないと断られたそうです。
確かに返済の見込みがないのに、親戚だからといってお金を借り続けるのは非常識なことです。借金の返済をしようという意欲が見られれば、それでもいいのですが、そういったこともなかったのです。千円、二千円といった少しの返済でも借金を返済しようという気持ちが見られないと相手も呆れます。
そもそも人からお金を借りるというのは、関係を悪化させる原因にもなることもあるのです。それを知っておくといいものです。まずは自分でお金をどうにかするという努力をするようにします。そしてどうしても頼るところがないときには知り合いや身内に頼るのもいいのですが、できれば利害関係のない外部の機関、例えば銀行やクレジット会社といったところに借りたほうが気が楽ですし、もめたりしないものです。
この人の場合では、その後反省をして定職に就く努力をしました。正社員として職を見つけて、返済が滞っていた分を親戚に返したそうです。一括で借金を返済するのは大変だったので、2万円ずつで1年弱で完済したということです。
今はきちんと働き、生計を支えることができるようになっているのですが、その家庭の子どもも独立して就職をしたこともあって、ある程度は安定した生活を送ることができるようになったのです。
しかし、人生はどこで何が起こるのか、わかりません。いざというときには、親などの近しい人を頼ることも考えるといいのですが、キャッシングなどでその場を乗り越えるということも一つの方法です。ただ、借金をしたら返済義務があるということを忘れないようにして、上手に利用していけるようにしたいものです。
また、住宅の購入や車など、大きな買い物をするときには、借入れはつきものです。借金ではあるのですが、しっかりと返済できるだけの限度を考えて、借入れをしていきたいものです。
人にお金を借りるというのは揉め事の原因になって、その後の関係が悪化してしまうことはよくあるので、気をつけるようにしましょう。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

ページ上部へ戻る