体験談

借金の連帯保証人になっているなら知っておくべきこと

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

連帯保証人になっているなら、知っておくべきことがあります。

●●●

裏の借金と連帯保証人の怖い実態

借金にも裏があることはご存知でしょうか?闇金は文字通りの裏であり、返済が不可能なほどの法外な利子をつけて無知な債務者の弱みを漬け込み、高額の返済をさせる手口のことです。債務者の関係者も例外なく執拗な取り立ての被害を被ることが多いです。

今回はとある会社員の女性が身内に闇金の連帯保証人にさせられたことで降り掛かった悲劇を元にしたエピソードを以下に書きます。

心臓の弱い方、想像力が強すぎる方はブラウザバックを推奨します。

 

fc0fbd769742f80eea6d72129d510fb3_s

私は某大学を卒業して会社員として働いています。奨学金の返済の一環で行ったネットビジネスは成功し、借金返済の目途が立っていました。仕事においても実績が高いことから周囲に評価され、後輩との交際もうまくいってました。

しかしそんなある日、私の勤め先に一本の電話が入りました。それは闇金業者からの取り立てでした。その人から詳しい聞いてみたところ、弟が闇金業者から借金をしていることが判明し、それも法外な債務額でした。たまらず家族に相談しましたが、両親はそれに関しては無知で、私は実質的な孤立無援でした。

 

8c65d10a6e45d7698f892015caf69933_s

それからというもの、私の方に電話で執拗な取り立てが来るようになり、連帯保証人になった覚えがないこと、返済する意思がないことを告げると、今度は夜中にチャイムが鳴らしたり、張り紙がされる、しまいには勝手に出前を取られるなど、悪質な嫌がらせも近所迷惑になるほどエスカレートしていきました。いつ闇金の連中が両親にまで危害を加えるか心配で夜も眠れませんでした。

翌日、弟に怒りを覚えてしまった私は、彼の自宅に押しかけて直接殴り飛ばした後、さらに胸ぐらをつかんで罵倒しました。この時初めて身内に暴力を振るってしまいました。女性でありながら野蛮なことをした私が恥ずかしかったです。しかし暴力を振るっただけでは何の解決にもなりませんでした。本当に虚しいです。

 

cd7598445245e893e5c7326b88db5732_s

連帯保証人として闇金業者への返済義務はないことは理解していますが、闇金業者からの報復への恐怖感から精神的に不安定となってしまい、仕事にも支障が出始めました。日常生活のストレスから周囲との人間関係も上手くいかなくなり、私は次第に周囲から追い詰められていきました。

被害について警察に相談をしましたが、闇金業者との問題は「民事不介入」として依頼は断られました。しかし闇金問題で困っていた私を見かねた警察の人は、法律相談所について話してくれました。後日、私は早速法律相談所の闇金専門を担当されている弁護士の方とフリーダイヤルで相談しました。私は今までにあった被害をできる限り話しまし、今までに溜め込んだ証拠も開示しました。弁護士の方は私の依頼に応じ、法律事務所と受任契約を結びました。

 

46b4aeb7ad59314ac4216d70f1f7e081_s

それからというもの、闇金業者は不利と感じたのか私たちから手を引き、苛烈かつ執拗な取り立ては嘘のようにぴたりと止みました。

しかし闇金業者の問題が解決しても失ってしまったものは二度と戻ることはありませんでした。同僚から唯一親見になってに相談してくれた後輩とも自分の思い込みから縁を切ってしまい、今まで勤めていた会社からも信用を無くしたため退職せざるを得なくなりました。無論家族を滅茶苦茶にした弟は勘当されました。闇金問題の影響で私は心に深い傷を負ってしまい、返せるはずの奨学金に対しても不信感を抱くようになりました。

 

4000b458d5384d5347d6c4d84c6853c0_s

ご覧いただけたでしょうか?これが闇金業者の債務者の連帯保証人となった方の体験した悲劇です。闇金業者は人の不幸を糧にして生きている動物です。債務者は勿論のころ、連帯保証人にも被害が及ぶ危険性があります。これを読んでいるあなたは闇金に限らず、消費者金融からの債務で連帯保証人にならない保証はあるとは限りません。

保証人になってしまった友達の借金

私の友達は会社員をしておりました。友達とは、ネットで知り合い、近くだったため、たまに一緒にご飯を食べに行ったりしておりました。そんな彼の経験なのですが、ある日、大きな借金を作ることになってしまいました。その額3000万円で、保証人になっていた友人が夜逃げしたとのことでした。
会社経営をしている友人にある日、大きな事業をするため、保証人になってくれないかということを頼まれたそうです。保証人という言葉に対してあまり良いイメージはなく、はじめは断ったのですが、名前を貸してくれるだけでいいからとしつこく食い下がられしぶしぶ判を押したそうです。

保証人になってしまった友達の借金02

しかし、その後、消費者金融から電話がかかってきて、友人が借りたお金を返すよう請求されたそうです。友人に確認の電話を入れようとしたところ、それまでの電話番号がつながらなくなっており、そのまま借金をかぶってしまう形になってしまいました。
友人はお金のことで周りに迷惑をかけたくないと思っていたため、住んでいた家も車も売却して、お金を作ったのですが、借金をすべて返済するまでにはいたりませんでした。その後、奥さんとは離婚して、子供もとられてしまい、何も残らなくなってしまいました。

寝るだけの家賃の安いアパートに引越し、仕事が終わったら、日雇いのアルバイトをし、全てを返済しようとがんばっていたのですが、とうとう体を壊してしまいました。借金の返済に明け暮れた末、体を壊して安静を余儀なくされてしまいました。借金が返せなくなった彼の会社には、催促の電話がかかるようになりました。
彼が勤めている会社の同僚がそのとき尋ねてきて、逆に周りに迷惑がかかってしまうからと説得し、自己破産を薦めました。自己破産のことはまったく頭になく、とにかく返していきたいと思っていた彼でしたが、他の人に迷惑がかかってしまっては元も子もないと思い自己破産を決断したそうです。

そういったことに疎かった彼は、同僚に弁護士事務所に電話をしてもらい、事の顛末について話すことにしました。弁護士事務所の人には親身になってもらい、依頼をしたことで、会社や自宅にかかってきた催促の電話も来なくなり、久々に安心して眠ることができたといっておりました。
自己破産に必要な書類を書いて提出し、財産をほとんど持っていなかった彼は、簡単に自己破産をすることができました。
いろいろと私は自己破産に対して、してしまったらいろいろ困ることがあるんじゃないかと聞いたところ、実際のところ、お金が借りられなくなるだけで、それ以上のことについて生活の上で困ったことはないということでした。自己破産をしら、会社を解雇されたり、いろいろと大変なことになるんじゃないかと思っていた私ですがそんなことはないというので安心しました。

その後もまじめに仕事をし、はじめは苦しかったものの、人並みの生活ができるようになったといっておりました。私と出会いたまに飲んだりできるのも、そういった苦労を乗り越えた末ということでした。いままで自己破産について悪いイメージしかなかった私でしたが、彼のように保証人になってしまった人などが借金をなくすための手段ということなので、それほど悪いことではないのかも知れないと感じました。
友人に裏切られてしまい、大きな借金を抱えてしまった彼でしたが、周りに迷惑をかけたくないという気持ちはとてもかっこいいと思いました。今までそういったことを体験したことがない私ですが、保証人になる怖さと、自己破産についての知識を学ぶことができました。彼は私の中ではとても特別な友達だと考えております。ネットを通じてこういった人に知り合えたのはとても良かったです。

借金の保証人になっていたので

私はずっと離婚をした後も残念ながら保証人になっていたことで借金の返済を続けています。元夫が脱サラをして自分で事業をしたいと言った時には、知り合いで自分で事業をして上手くいかなかったから家計に負担がかからないように自営ですることを止めたという事は聞いていたこともあり、私も会社を辞めることは反対でもあったことで、どうしても自営業をしたいのならそれでも良いが、私は手伝うようなことは出来ない、家計費を入れることができないような仕事になったら困るからと言いました。

借金の保証人になっていたので02

本人はその時は自信があったのでしょうか、そのようなことには絶対しない、今後どの位を家計費として入れたらいいか、などと言っていました。しかし、そう言って半年もたたない内から公の所から借金をしたいと言い始めたのです。当然、私はそんなことにはなったらやめると言っていたじゃないかと言い返しました。本人はこの借金ができれば今を乗り越えられるからと真剣に頭を下げてきたのでした。結局、その時の私の対応が甘かったのだと今も反省をし続けている所になります。

確かにそれで、支払いなどもできて、仕事にも以前にも増して、取り組んでいたように見えたのです。でも、それからまた、売掛金が入るまでの運転資金が足りなくなったということになり、以前、借金をしていた公の所から再度借金をすることになったのです。実はその時にも借りることになった金融機関へは一緒に行ったのです。自分で役所にいって印鑑証明の発行をしたことがありませんでしたが、離婚をして自分の机の中を見たら私の印鑑証明が何通も役所から貰ってきたことが分かりました。

借金をする時の保証人として私が金融機関で署名をしたのはもちろん分かっていました。しかし、印鑑証明が必要でそれを勝手に取得していたとはあまりの自分が迂闊だったとほとんど笑い話みたいな感じでした。結局商売の仕事などしたことがない元夫は上手くできるわけもなく、仕事を始める時に公認会計士の人に会計を依頼することなどを私は言っていたのですが、結局それも目先のお金が勿体無いという浅ましい気持ちからしなかったと思います。最後はプリンターのリース契約さえも履行できないような状態で家を出て行ってしまいました。私は保証人になっていたことから、裁判を起こされて、支払いの請求がきたのですが、生活が苦しいのは誰の目からも分かっていて、家も随分と前に処分をして運転資金となっていました。

それからは賃貸アパートに暮らしていて、現在もそれは続いています。月々の借金の支払いを少なくして貰って払い続けています。当の本人は行方知れずになる前に離婚届を置いて行ったことで、離婚はしました。その手続きをした後にはいわゆる町キンといったような人が何度か請求に来たのですが、それは、さすがに保証人となっていないので請求は免れています。借金は今では利子が大きくなっていて、毎年残高を記したものが届きますが見る気もしません。

破産の時には保証人付きの借金に配慮を

破産する時に無担保保証人不要の借金ばかりだったら、自分のことだけで良いのですが、もし保証人付きの借金があった時には、保証人に対しての配慮が必要です。そこまで大きな金額ではありませんでしたが、私も2人の人の保証人になっていました。一人は木村さん(仮名)という人で、この人が破産手続きに入ったことは、弁護士からの書類で初めて知りました。こういうこともあると覚悟の上で保証人になっていますから、それによって相手を責めようとは思っていません。しかし事前に全く話がなかったことはショックでした。

破産の時には保証人付きの借金に配慮を02

ひとことでも知らせてくれれば、随分と気分も違ったはずです。木村さんは無事に破産と免責を受けたのでしょうが、それからは音沙汰なしです。もし町であったとしても、私は声もかけないでしょう。なにかしら困っていたとしても、助けることもありません。しかしもう一人の鈴木さん(仮名)は違いました。借金の理由も子供の病気の件でした。商売上の金銭を借りた木村さんとは、もともとちょっと違っていたわけです。多額の治療費が必要なことから、ありとあらゆるところに借金をしていました。その上で、もはや保証人がないと借りられないところにまでなっていました。お金を貸すことも方が親切だったのかもしれませんが、私もそこまでは考え及びませんでした。

半年後に現金が入る予定があるものの、その時には私も現金の余裕がありませんでした。私の後悔するところです。100万円ほどの金額の保証人になりました。それから1年ほど経って、鈴木さんは「破産することになりそうだ。ご迷惑をおかけします。申し訳ない。」とわざわざ言いに来てくれました。残念なことにお子さんは亡くなっていました。きっと無気力になってしまわれたことでしょう。それが破産に繋がったのかもしれません。それでもちゃんと話に来てくれたことで、私は充分でした。その時には私にもお金の余裕が出来ていましたので、その借金が私の方に回って来ても何とかなります。

もし連鎖破産しなければならない状況であったとしたら、「言いに来てくれただけで満足」などと悠長なことは言えなかったはずですが、こちらは大丈夫という安心感がありました。保証人となる時には、もしもの時も想定して保証すべきです。その上で保証人をお願いした人は、破産等をしなければならなくなった時には、まず話に行って欲しいと思います。もちろんなじられるかもしれませんし、怒りだす人もいるでしょう。それを考えると、なかなか言い出せないものです。それでもしっかりと話すべきです。保証人の人はそのお金を全く使っていないにもかかわらず、支払い続けて完済しなければなりません。なにも言われないままであれば、その後の付き合いもできません。もちろん借金をかぶせてしまったことで付き合いが出来なくなることは大いにあるのですが、もしかすると友人でいられるかもしれません。それだけ保証人には配慮してあげてほしいと願います。

連帯保証人になって借金まみれ!彼らはどうやって借金返済した?

連帯保証人になると、大変なことになります。子供の奨学金の連帯保証人になるといったことならばまだ親の責任なので納得ができますが、友人に裏切られると、借金と同時に精神的にもつらくなります。自力で返せるならばよいですが、難しい場合には早めに弁護士や金融機関に相談をしましょう。保証人となって借金を押し付けられた場合には、まだ同情の余地があるので、減額してもらえる可能性が高いです。

3066434 (2)

 

知り合いに借金の連帯保証人になってくれと頼まれ、当時とても仲がよく信頼できる友人だったため渋々なりました。
しかし、2ヵ月ほどたったときに知らない番号から電話があり、友人が返済していないので自分に返済して欲しいとの伝えてきました。
あわてて友人に電話しても音信不通で、現在も連絡がとれていません。
それから、完済はしたのですがもう連帯保証人になることはないです。

3076313

 

友人の連帯保証人になってしまい大変でした。友人が自己破産をした結果200万円の借金が自分に降りかかってきたのです。もともと蓄えがなかったので一括返済はできず、弁護士に相談して月3万円ずつ返済することで手を打つこととなりました。それほど多くない収入から3万円を捻出するのは厳しかったのですが、甘い判断をしてしまった勉強代として何とか自分を納得させて支払いました。もう二度と連帯保証人にはなりません。

3082300

 

古くからの友人を信じて借金の連帯保証人になりました。「決して迷惑をかけない」と約束してくれたのに、半年も経たないうちに行方知れずになってしまいました。それからは私の家族が借金を肩代わりしました。家を売り、車も売り、妻も子供も私と一緒になって働いて返済しました。どんなに仲の良い友人でも連帯保証人になどなるべきではありませんでした。

3074459

 

学生時代からの友人が困っていたこともあり、その友人の連帯保証人になったのですがとうとう返済不能になって逃げてしまったのです。
そうなると当然ですが私が肩代わりしなくてはならなくなったので、返済するために夜は居酒屋でアルバイトをしたり、生活費を削って4年で借金を完済しました。
安易な気持ちで連帯保証人になったことを後悔しています。

3076314

 

この記事を読まれている方は、保証人と連帯保証人の違いが分かっているはずです。親が借金をし息子が連帯保証人になったとして、万一、親が夜逃げをした場合、取立ては親ではなくあなたに向かいます。あなたはその取立人に対して親が借りたのだから親を捜して返してもらえとはいえません。保証人はその点、親を探し出せば親にまず請求するように取立人に対して文句を言うことが出来ますが、それだけ連帯の意味合いは強いものです。

3068760

 

知り合いから頭を下げられたので連帯保証人になったのですが、その知り合いが返済不能になって夜逃げをしたのです。
当然ですが私が借金を支払わなくてはならなくなり、返済するために昼の仕事が終わってから飲食店でアルバイトをしたり、欲しいものを我慢して節約生活をコツコツと続けて完済しました。
軽い気持ちで連帯保証人になんてなるべきではなかったです。

3076315

 

父親の事業が失敗したと同時に多額の借金を父が抱えていましたが、完済に至ることなく他界してしまったのです。
私が父の連帯保証人だったので当然ですが債務は私に回ってきました。
返済をするべく少しでもお金を稼ごうと夜はキャバクラで働き、また欲しいものは全て我慢して節約生活を送りました。
今は完済できましたが、本当に苦しかったです。

3076316

 

私は人当たりのただしい人としてもはや有名で種々な人間に活用されて生きてきました。 中でも大失敗をしてしまったのは借金の連帯保証人になってしまい、結果的に私が支払わなければならぬ羽目になったのです。 永年働いてきた正社員を引退して、その退職金で返済をしましたが、もう連帯保証人だけはこりごりに感じてしまいます。

3071566

 

当時、交際していた彼から頭を下げられたこともあり、連帯保証人になったのです。
しかし彼が返済不能になって遠くへ逃げてしまったことで、私が借金を肩代わりしなければならなくなったのです。
借金を返すために昼の仕事はもちろんですが、夜も飲食店でアルバイトを掛け持ちしたり、欲しいものを我慢してボーナスなども全て返済に充てました。

3076317

 

借金の連帯保証人は誰ですか?どのような反応でしたか?

借金の連帯保証人は父親です。連帯保証人なんて誰にでも頼めるものではないので父親にお願いしました。最初は断られましたが、何度かお願いすると諦めたかのように頷いてくれました。すごく申し訳なく感じました。親孝行をしなくてはならない年なのに、不甲斐ない息子で申し訳なく思いました。父の泣き顔を見るのが辛かったです。

3073132 (2)

 

住宅新築のために借金をしました。銀行の連帯保証人は親に頼みました。ある程度の収入のある人でなければ保証人にはなれません。そして連帯保証人というのは借金した本人と同じ責務を負うのですから、親戚以外の、知人や友人にはとても依頼できません。その点、親は子供のことがよく分かっており、快く引き受けてもらえました。積極的に動いてくれました。

3066376

 

どうしても昔からの夢だったラーメン屋を開業したくて、学生時代から中の良い友人に頭を下げて連帯保証人になってもらったのです。
お願いした時は本当に驚いていましたし、少し考えたいと距離を置かれましたが、夢を実現するために協力をしてくれたのです。
その友人に迷惑をかけないようにするためにも、バリバリ働いて借金を返済していきます。

3076273

 

借金の連帯保証人には兄がなってくれました。やはり肉親にしか頼むことができなくてお願いしたのですが、頼んだ時には兄もとても困った顔をしていました。でも私が「絶対に迷惑をかけるようなことはしない」と約束したので名前をかいてくれました。兄にだけは迷惑をかけたくないので、今は必至で借金の返済をしています。連帯保証人になってくれた兄に感謝しています。

3074437

 

インターネットを使った事業を始めたくて資金を工面するために当時交際していた彼女に頭を下げて連帯保証人になってもらいました。
彼女はかなり驚いていましたが、夢の為なら仕方がないと最終的には連帯保証人になることを引き受けてくれたのです。
今は別れていますが、迷惑をかけないためにもしっかり働いて借金を返済するつもりです。

3076274

 

仕事で独立する時、父に連帯保証人になってもらって、500万ほど借金をしたことがあります。しかし最初は仕事もあまり来なかったため、返済がうまく行かず、父が立て替えてくれました。父にはかなり迷惑をかけ、電話でひどく叱られたこともあります。どうにか仕事が軌道に乗って来てから、父に立て替えてもらった分をすべて払い、お詫びも兼ねて旅行をプレゼントしました。

3076275

 

妻のクレジットカードでの買い物がかさんでしまい200万円以上の借金が発覚して、お金を借りる際に連帯保証人が必要になりましたので私の両親に頼みました。買い物依存のさせた私にも原因の一端があるので、車を購入すると嘘をついてしまいましたが遠方に住んでいる両親は何も言わず保証人を承諾してくれました。心配そうな声で大丈夫かと言っていました。

3082281

 

自分の場合は借金の連帯保証人は親でした。少し無理をして高級車をローンで買ったのですが、途中で支払いに困るようになり、情けない話ですが半分ほど支払ったところで親に残債を肩代わりしてもらいました。一通り説教をされ、もう次はないぞと念を押され、自分も反省したのでしばらくしてから車を売却してその金額を全部親に返しました。今は身の丈にあった軽自動車で満足しています。

3082282

 

親が借金の連帯保証人になっています。自分でかえせといつも言ってきます。いまのところ、迷惑はかけていませんが、少なくとも親が生きている間は心配をかけないようにとがんばっています。連帯保証人はつけるものではないですね。同じ借金でも精神的な負担が違います。返済に困っていても債務整理をするという選択肢はとれません。

3070417

 

何年か前、パソコンの購入で自分がまだ学生だったため、借金のローンを組むのに連帯保証人が必要と言われたことがあります。その時は母親になってもらいました。大した金額でもなかったので1年ローンで完済する程度だったので母親は快く承諾してくれました。ただ、片親ということもありちょっとした身元調査のようなものをされて、それは少し不愉快そうでした。

3071559

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-体験談

Copyright© 凄腕の弁護士に訊く! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.