株で借金!そして返済方法は?体験談も!?

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

株で借金をした方に聞いた、借金を返済した方法

株で借金をしてしまった時は、その返済のコツは、一度マーケットから撤退して完済するまでひたすら頑張ることです。借りたお金を返すには集中しなければなりませんので、マーケットに止まりながら返すのは賢明ではありません。
確かに撤退するのは気分が良くありませんが、完済したらまた戻ってくれば良いのです。その日を目指して頑張ることが大切です。

3074415 (2)

 

株の信用取引で空売りを仕掛けたところ、買い戻しに失敗して400万円くらいの損失が出ました。追証がかかりそれ以上は借金が増えなかったけど、かなりへこみました。その後、円高で日経が暴落したため、残り少ない貯金を元手に、バイオや民泊関連等の人気小型株を現物で購入し、逆行高で何度も回転させ利益を出しました。何とか残りの借金を返すことができました。

3070405

 

株で一儲けしようと思っていましたが、逆に借金をすることになってしまいました。多額の借金をつくってしまい、どうにもならなくなり、実家の両親に相談して山を売ることになりました。両親は「どうせお前にやるつもりだったのだから」と言ってくれましたが、申し訳なくて涙がでました。これからは身の程をわきまえて生活するつもりです。

3074416

 

株投資を続けていて、それなりの利益があったので自信もついたところで、一気に勝負をかけようと思い借金までして急成長社の株につぎ込んだところ、会社の不祥事発生で暴落。悪夢のような瞬間でした。今まであんなに楽をして儲けていたのにいざ借金を返すとなるとものすごく大変なことにいまさらながら気づき、反省しきりです。とにかく働き、節約し、儲けていた時に買った時計や車も全部売って処分し、すべて返済に回しました。

3083088

 

私は株で大負けして借金をしてしまった経験があります。もし今でもやり続けていたら、大変なことになっていたと思っています。すぐに株を売って借金返済に回したことで、返済のめどがついたのが大きかったです。残りのお金に関しては、普段の給料の中からやりくりすれば、払えるくらいの金額だったので、完済することができました。

3083089

 

おきて破りではあったのですが、どうしても投資したい会社がありカードローンで200万円の借金をして現物購入をしました。ところが、思惑通りにはならずに買値を大きく下回ることとなり塩漬け状態を余儀なくされました。そんな折、第2次安倍政権からのいわゆるアベノミクスの影響でみるみる株価が戻してきて買値を上回ることとなりました。金利代を差し引いても利益が出たので、欲を持たずに売却して借金も返済しました。

3066342

 

知り合いに勧められて株を購入したのですが、購入して間もないころは急激に伸びたものの、最後は急落してしまいました。
まだ上がるのではないかと期待して借金をしてまで保持し続けたのですが、見事に失敗に終わったのです。
その日から株に手を出すことはなくなりましたが、とにかく返済のために昼も夜も働いて完済に至ることができました。

3076230

 

興味本位で株に手を出したのですが、購入した株が一気に上昇したのも初めだけで、どんどん急落してしまったのです。
もう少し待てばまた上昇すると信じて借金をして保持し続けたのですが、売り時を逃してしまったのです。
大きな借金を抱えてしまったため、弁護士に相談して債務整理をしてもらい、今でも毎月返済し続けています。

3076231

 

株で大損してしまい、借金をつくってしまいました。借金を返済するために、持っている財産を処分しました。家族のために購入した自宅マンションや車ももちろん手放すことになりました。それでもすべてを返済することができてはいなくて、妻も一緒に働いてくれています。少しずつですが、毎月お金を返しています。もう株はやりません。

3074417

「株」で借金をしてしまった方の体験談

株式投資で失敗した私の借金

私の実家は、それほど裕福ではなく、高校、大学に進学する際には、奨学金制度を利用し、進学しました。元々、収入が少ない私の実家の家計では進学することが難しいと両親から言われていたため、進学することができることが嬉しかったです。
大学を卒業してから、私は、大手ではないものの、収入はそこそこの会社に就職しました。当時の初任給は25万円で、月々の奨学金の返済をしても、結構あまり、両親への仕送りもしました。そんな私がお金に困ることになるとは思ってもみませんでした。

株式投資で失敗した私の借金02

就職してから2,3年は、お金を節約して、なるべく余ったお金は貯めるようにしてきたのですが、そのお金を増やしたいという欲求が出てきました。よく株式取引で巨額のお金を手にしたというような話を本などで書いてあったりしたので、株式取引の本を見て、株で儲けようと考えました。初めのうちは欲をかかずに、余剰予算の中で株を購入し、多少小銭を稼げるようになりました。一度儲けが出ると、もっと収入が欲しいと思い、信用取引をして、さらに取引額を増やしました。

しかし、数年後、株価が暴落し、今まで買ってきた株がほとんど値下がりしてしまいました。多額の損失を出してしまい、信用取引もしていたこともあり、多額の借金をすることになってしまいました。借金の総額は全部で300万円と、返済することが困難な額になってしまいました。
いままでコツコツとためてきたお金が一瞬のうちになくなってしまい、しかも借金まで抱えてしまった私は、どうすればいいかわからなくなってしまいました。しかし、頭の片隅には、まだ取り返せるかもしれないという思いがあったため、消費者金融から借金をして、さらにお金をつぎ込みましたが、結局お金が無くなっただけでした。
奨学金の返済もできなくなり、さらに借金をしてしまい総額で600万円の借金となってしまったので、私は弁護士事務所に電話をすることにしました。

弁護士事務所で対応してもらい、自己破産をすることを勧められました。自己破産という言葉にあまり良いイメージはなく、今後の生活で不利になることが出てくるのではないかと心配していたのですが、弁護士の話によると、特定の職に就けなくなってしまうことや、クレジットカードが使えなくなったりローンができなくなってしまったりする以外はたいして生活上不利になることはないということを教えてもらい安心することができました。
自己破産を申請して、私はそれから以前のようにコツコツとお金を貯めるようになりました。株で欲を掻いて借金をしてしまったことを教訓に、欲を掻かずに生活することを決めました。株も一切辞めて、仕事でコツコツとお金を貯めて、堅実な生活をしたところ、気持ちに余裕ができました。

両親は、無理して送らなくても良いと言っていたのですが、両親への仕送りも再開しました。給料も昇給して、かなり生活に余裕が出てきました。余裕がでたとしても、もうお金を投資したりすることはせずに、とにかく今後のために貯蓄をしております。借金は今後一切したくありませんでした。
現在、ちょっと前に入社してきた女性と結婚を前提に交際しております。私は、過去に借金で自己破産をしたことがあるということを話したところ、びっくりしておりましたが、今ではそんなことはただの笑い話にしかなりませんでした。

借金をしたおかげで、人生これからどうなるのだろうと思っておりましたが、自己破産をして、苦しみから解放されたおかげで、現在の私がいると思っております。
今後は、彼女との結婚資金や、子供ができたあとの学費や、老後のためのお金など、^様々なところでお金が必要となるので、しっかりとお金を貯めていきたいと考えております。

未公開株で借金をしてしまい

私は、コンビニエンスストア経営をしておりました。私の経営するコンビニエンスストア以外には周りにあまり商店などがなく、住宅街のため、結構お客さんが着てくれます。
私のコンビニエンスストアの品物の搬入をしてくれる男が決まって同じ時間に品物の搬入に訪れてくるのですが、その男が帰り際に儲け話があるけど乗らないかと誘ってきました。そういった儲け話というものには、大概裏があると思っていた私は、話の内容も聞かずに断ったのですが、その男はかまわず話を続けました。

未公開株で借金をしてしまい02
近々上場する未公開株があるけど、自分はあまり買うことができないから私に買わないかということでした。はじめはあまり興味を持っていなかった私もその男がしつこくいってくるため、話を聞いたところ、その男の巧みな話術で、もしかしたらいいかもしれないと思うようになりました。普段はそういった話には乗らないのですが、男の話し方がとても真実味があり、もっと良い生活ができるかもと考えた私は、その話に乗ることにしました。
コンビニの運営資金と貯めてきた貯金を合わせ300万円をその男に支払いました。株の証書を受け取り、数年後にはお金持ちを夢見ておりました。
しかし、その後、その男とは連絡がつかなくなってしまい、あとでその証書も偽者だったことが判明しました。だまされたことに気がついたときにはもう遅く、警察に届出をしたのですが、その後お金が戻ってくることはありませんでした。
運営資金に手を出したため、その分借金をして運営しなければいけませんでした。
借金のために多くのお金を稼がなければいけないので、節約をしたりして工夫しながら借金を返していくことにしました。コンビニを閉めて土地を売ることも考えたのですが、地域密着型のコンビニとして、ここでコンビニを辞めたら周りの家は不便になるだろうなという思いもあり、コンビニの運営は続けたいので必死でした。
借金の返済が終わるまではと、自分が仕事に出る回数も増やし、借金をなくすためにいろいろ手を尽くしました。手を尽くした結果、借金の残りはだいぶ減りました。借金を返すために、現在の仕事以外にも夜にアルバイトなどもしました。少し大きな借金だったので、返すのには大きな時間が生じます。
未公開株の話を持ってきた男は、警察に指名手配してもらったのですが、結局未だ捕まっておらず、今も逃亡を続けているのかも知れません。犯人が捕まって反省し、罪を償うことを願っております。
今考えると、未公開株なんて絶対に買わないと思ったのですが、あの時は不思議なくらいだまされてしまいました。あの男の話術のレベルが高かったため、私を借金までさせたのだと考えております。
私は、今回の体験を踏まえて、やっぱりうまい話には裏があると思い、こういったことにすぐにだまされないように生きて生きたいと考えております。一日でも早く借金を完済できるようにこれからもがんばります。

株が理由で借金に至りました

専業主婦ですが、趣味で株取引をしており、そこから借金をこさえました。
夫は会社員で平均なみの収入で、夫婦ともに堅実に生きてきたので家計にはそこそこ貯金もあります。

株が理由で借金に至りました02

株取引は自分の独身時代の貯金で始めました。
夫は株もギャンブルと考える人なので、私がやることには文句は言いませんが、自分は絶対手を出さないと言います。家庭の貯金を投資に使うことも大反対です。
家族の事情があり私は働きに出ることができず、自分のために気兼ねなく使えるお金が欲しいという理由で投資を始めることにしました。
それ自体は夫は賛成ではありませんが、反対でもなかったので始めることにした次第です。

株を始めた当初は貯金の半分ほど投資にまわし、有名企業の安定銘柄中心に購入していました。
その時期がアベノミクスの初期とぶつかったため、面白いように利益が上がりました。
人間、そうなると欲が出るもので、もっともっと利益がほしくなります。今思えば安定銘柄を買っておけば持っているだけで右肩上がりだったのだと思いますが、欲が出た私は値動きの激しい新興銘柄中心に買うようになり、利幅も大きくなるように一銘柄に資金をつぎ込む一点買いをしていました。
そのやり方は上がる時は良いのですが、下がる時はマイナスが大きくなります。
気付けば安定銘柄で得ていた利益はゼロになり、マイナスがかさんでいきます。
でも、大きく勝てば取り戻せるさ、とさらに多額の資金をつぎ込むようになりました。
そして、とうとう家庭の貯金に手を出してしまいます。家計は私が握っていて、特に主人は講座残金をチェックすることがないのを良いことに、家庭の口座からちょこちょこ証券口座に資金を移して投資に使いました。

しかし、マイホームを購入することになり、資金計画を立てるために口座残金を夫が知りたいと言い出しました。
でも、もはや証券会社の口座には補てんするだけの資金はありません。
そこで、クレジットカードのキャッシングに手を出してしまいました。
株中毒になっていた私は、金利が高くてもあの銘柄が何円上がればすぐ取り戻せる、などと軽く考えていたのです。

詳細が出てしまう通帳記入は行わず、口座残高明細だけATMから取ってくることで夫には知られずに済みました。
今も夫はこのことを知りません。
その時の借金はその後、なんとか返済しました。
多少なりとも株価が上がった時に売却することで返済資金を作りました。でも、株を初めてからのトータルで見るとまだまだマイナスです。
本心としては売らずに塩漬けして放置しておきたい気持ちですが、返済期限が近づいてしまったので泣く泣く売りました。
自分としては夫に隠れて借金してなにしているんだろう、という気持ちで一杯です。借金してまで株をしている自分に驚いています。
ただ、借金をしてしまったショックは自分の中では大きく、2度と家庭のお金に手をつけることはしないようにしようと思っています。もうあんな冷や冷やした気持ちで過ごすことは2度としたくないと思っています。

株の信用取引で借金を作りました

私は専業主婦で、夫は一般的な会社員です。
小さな子供がいて働けないため、200万円程の家庭の貯金を元手に株を始めました。
株の売買はネット証券会社を使い、平日昼間に自由な時間の作れる私が行っていました。
初めのうちは売買は夫婦で話し合って行っていましたが、始めた時期がアベノミクスによる株価上昇時期と重なったせいか、ビギナーズラックなのか、利益が右肩上がりに増えたことに気を良くし、だんだん私の独断でデイトレードを行うようになりました。

株の信用取引で借金を作りました02

初めのうちは東証一部の安定銘柄を選んで買っていました。
でも、少しずつ損失が出てきて、それを取り戻すために株価の上下の大きい新興銘柄に手を出すようになり、一銘柄に費やす金額も増えていました。
銘柄を分散させて株価が下がった時のリスク回避をする、という大前提もその頃は頭から抜けていて、多くを費やせば上がった時の利益も大きくなる、というギャンブル性に取りつかれていたように思います。

損失が数十万円のうちは夫に報告はせず、何とか取り戻せると思っていました。
そして株を初めて数か月、これまではハイリスクなので絶対に手を出さないと決めていた信用取引に手を出してしまいました。普通に現物取引をしていても損失はそうそう戻せない額にまで膨らんでいたのです。
信用取引は手持ちの現金の3倍まで買うことができます。そのため、元手が増えれば利益が増える、と単純に考えていました。逆に考えれば信用取引は損失も2倍、3倍になってしまうのですが、株をギャンブルと勘違いしていた私は負けることは頭になく、とにかく損失を埋めなければという気持ちで一杯でした。

現物取引でことごとく損失となっていた私が、信用取引にしたからといってプラスにできるはずがありません。知識をつけて臨むわけではなく、単に元金が増えるだけなのですから。
そして気付けば損失は元々の200万円の元手を大きく上回り、借金しなければならない事態になりました。

恥ずかしい話ですが、親に頭を下げて借金をお願いしました。でも、親も裕福なわけではないので全額は無理で、残りは金融会社で借金しました。

夫にも申し訳ない気持ちで一杯で、2度と株には手を出さないと誓いました。
でも、ギャンブル依存になっているのか、株価が大きく上下しているというニュースを聞くと参加したくなってしまいます。
夫は元々株を投資として考えていて、企業業績に基づいて長期で保有するという資産運用としてしか考えていないので、借金をしている時点でもう株に対するモチベーションは皆無です。
私はまた買いたい気持ちはありますが、また同じように借金を作ることになったら本気で離婚されると思うので、2度とこのようなことがないように自分に言い聞かせています。
親に迷惑をかけ、家庭の資金を減らし、更に現在も借金返済で利子を払っています。金融機関への借金の額としてはそれほど大きくはありませんが、信用や社会的な代償の大きさに反省しています。

株の儲けで借金の返済

私は、株の取引をけっこう若い頃からやっていましたが、それほど大儲けをしたということはないと思います。でも、1つだけあげるとすれば、創業時のソフトバンクに投資した時はけっこう儲けさせてもらったと言えるかもしれません。

当時は、それほど投資の経験もなかったのですが、たまたま当時の証券会社の担当者に勧められて、私自身もIT関連の仕事をしていたということもあって購入したのだと思います。でも、ソフトバンクといっても当時はまだ山のものとも海のものともわからない会社でした。それが、今思い起こしてみるとちょうど西暦2000年前後のITバブルの時だったのだと思いますが、ソフトバンクの市場価格はものすごい勢いで上昇しました。

 

株の儲けで借金の返済01

正確にどれくらい値上がりしたのかは覚えていませんが、おそらく10倍以上は値上がりしたのではないでしょうか。それはそれで嬉しいことでしたが、一方において私はちょうどバブルの時代にマンションを購入していて、2,000万円くらいの借金をしていました。住宅ローンを毎月返済していたと言えば恰好はいいのですが、簡単に言えば借金をしていたということです。バブルの当時は、今住宅を買っておかなければ、不動産は値上がりして一生買えなくなるというようなことをマスコミが盛んに喧伝していたものです。そういった報道にまんまと乗せられてしまった訳ですが、今考えてみますと2,000万円もの借金をして買ったマンションの割には、たいしたマンションでもなかったと言えるのではないかと思います。

 

7afa9b1a413f2b7979e62c9927327204_s

考えようによっては、欠陥住宅と言えなくもないです。というのは、入居してすぐに蛇口から水道が出なくなったり、扉がうまく閉まらなくなったりということもありましたから。それで考えてみたら、ソフトバンクに投資した分を市場で売却すれば、住宅ローンの借金は全部返済できるということに気がつきました。でも、ソフトバンクの企業価値はこれだけ上昇したのですから、そのまま保有し続ければもっと価値が上昇するのではないかというようにも思えました。

 

cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s

そこで、証券会社の担当者に相談したのですが、「そういうことなら売却して借金の返済にあてたほうが良いでしょう」とのことでした。一方、住宅ローンの返済状況はどうだったのかと言いますと、最初の数年間は毎月の返済額が全て利子分の返済にあてられていて、数年たっても借金の総額は全然減っていないという感じでした。毎月けっこうな金額を返済しているにもかかわらず、借金額が全然減っていないというのは何か釈然としない感じがしたものです。

このような状況や、証券会社の担当者の方のアドバイスもあって、結局ソフトバンクへの投資分を全て売却して住宅ローンを完済することにしました。そうすると、住宅ローンを完済したにもかかわらず、銀行からは別に御礼の言葉もなく、まるでそのまま住宅ローンを借りていたほうが良いと思っているような印象を受けました。まあ、今考えますと、銀行としては住宅ローンを完済してくれるよりも毎月住宅ローンを払い続けてくれたほうが、金利収入が入って儲かるのにという思いがあったのでしょう。

 

5d5271099107672f53ab6406096578ce_s

それから、勤めていた会社のほうに住宅ローンを完済したという連絡をしますと、こちらも喜んでくれるというよりは、「ご退職なさるんですか?」というような返事を頂いた記憶があります。何でも、住宅ローンを完済して退職する人がけっこういたということなのですが、まあそういうことでもなければ一括して住宅ローンを返済するということは珍しかったということなのでしょう。今考えてみますと、借金を良いタイミングで返済することができたのではないかと思っています。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

ページ上部へ戻る