借金の不安が倍加、強制執行の深刻さを知るべき。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

 

返済を支払わなかった。

そういった、借金の問題から、裁判が起きてしまい。その結果、強制執行(差し押さえ)の事態にまで、悪化してしまうのですが。どうですか?財産を差し押さえられて、失ってしまう。今まで、築いた物を失うこと。大変、辛いと思いませんか?金融業者との、借り入れの問題が深刻化した結果。強制執行に、なってしまった。こんなはずじゃなかったと、思ってしまいたいですよね?

 

ここでは。強制執行の問題が起きた場合。どんな状況に、巻き込まれてしまうのか。なるべく、わかりやすい範囲で、説明をしてみたいと思います。

51c0922dd82ec67ce2485c32889bf20d_s

 

借金の不安をさらに倍加させる。その強制執行とは、どんなものなのか?

be5925423cf8eb7a6f2a1566992c7946_s

 

強制執行に対して。

どんな事を問題を、想像してしまいますか?想像が思いつかない、けれど。こわい目に合うのではないかと、想像してしまいませんか?もしくは。執行と文章に書いてあるので。なにか、法律に違反して。裁かれてしまうような、不安な思いを、体験してしまうのではないかと、考えてしまいますよね?では。強制執行とは、いったい、どんな問題に発展するのか?

 

・裁判の問題になり、強制執行(差し押さえ)に発展する事態になるのは、金融業者の催促を、無視した場合

裁判の問題が起きる前に、先ずは警告が届きます。警告が届いた際は、金融業者に連絡を取ることが、必ず重要です。その状態でも、連絡を取ることを、しないのなら。裁判所から支払催促が、届くと言う事態に巻き込まれます。この段階で、強制執行(差し押さえ)が始まることは無いので。もし、通知が来た場合。無視をしないで、必ず連絡を取るようにしましょう。連絡をしないで、無視を続けていくことで、強制執行と言う、深刻な状況をむかえることになってしまいます。

3062851

 

連絡を返さなかったことにより、事態が悪化すると言う状況を、招いてしまうことになるようです。しかし。催促が来たので、すぐに連絡を取らないといけないと、借金が返済できない状況で、考えることは出来ますか?返済できない状況に、追い詰められているのだと思います。

 

なので。催促が来たから、連絡を取らないとダメだと。簡単に済むような、問題ではないと思いませんか?催促が来る状態になるほど悪化していて、お金に対して、気持ちが追い詰められているのだと思います。そう言った、問題には。債務整理と言う、言葉が出てきますが。その方法で、強制執行は回避が出来るのか?

c12d3cd4bc6cfb632d6afef3403ccf7c_s

 

・債務整理の手続きを始めることで、回避は出来ます

自己破産や、民事再生の手続きでも、強制執行は止められるそうです。

※裁判所を介さない任意整理は、効果がありません。一番の効果が予想できるのは、債権者と話し合いをしないと、ダメです。しかし。止められるかは、債権者の考え次第です。

この場合、一番、被害をくいとめられる方法は。催促は無視をしないで、必ず早い対応を、心がけることを意識しましょう。

ところで。強制執行(差し押さえ)が起きた際に、没収されてしまう財産とは。どんな物なのかと、想像しますよね?お金なのか、それとも、土地や建物なのか。いろいろな物が、思いつきますよね?しかし。もし、失ってしまったら、生活に大きな支障が出てしまう。これは、確かだと思いますよね?次の内容は、強制執行(差し押さえ)の対象として、没収される財産について。あげてみようと思います。

 

借金の問題、深刻化するまで、放置してしまった代償。強制執行(差し押さえ)の主な種類

476b96bf30fd7e57ec065d154c23bfac_s

 

強制執行で、財産を没収される。

築いてきた多くの財産を、すべて失うと言う事態になるのですが。そんな状況を受け入れることになったとき、どんな気持ちに、なりますか?明日からの生活に対しても、不安な気持ちになりますよね?これからの住まいの事も、どうしていけば良いのか、心配になりますよね?先ず、一番に思うことは、前のような生活が、もう出来ないかもしれないと言う、つらさだと思いませんか?強制執行(差し押さえ)で、どんな財産を失うのか。あげてみましょう。

 

【強制執行で失う、財産】

・不動産(土地・建物)

・動産(不動産以外の物。宝石などの、高級な財産)

・債権(債務者が他人に持っている、請求権)

今まで住んでいた建物を、追い出されると言うことでしょうか。自分独りなら、受け入れることが、出来るかもしれませんが。家庭を持っている場合だと、一番思うのは。強い不安感だと、思いませんか?これから、どうなるのかと思うと。考えたくないと言う、気持ちにもなりますよね?

 

借金の問題は、放置しておくと。家族・家庭も巻き込んでしまうと、思いませんか?借金を作ることは、仕方が無いと思います。しかし。そうした事態を、想定して。深刻化しないよう、気をつけたいですよね?なにか、対処方法も知りたいですよね?次の内容は、強制執行について、詳しく説明が出来ないか。あげてみましょう。

借金の一番、深刻な状態。知っておこう、強制執行の事態について。

b6c26ae18ecb4bef864e7d7159f63914_s

 

強制執行は受けたくない。

裁判所と金融業者から、追い詰められたような状態ですよね。しかし。没収されないものも、あるそうです。

 

2aa4f35df0e80a33af985d627179c669_s

 

・生活に必用な道具(衣服・寝具・家具・台所用品等)

・一か月間の生活に必要な食料

・生活に必要な最低限のお金

・災害防止のために、法律で設置が、義務つけられている器具

・学校で必要な教材

こう言ったものは、強制執行(差し押さえ)の対象に、ならないようです。しかし。それ以外は、没収の対象になります。最低限のお金も、手元に残すことが出来ます(しかし。2か月分だけ)失うものが、多いですよね?周りの方も、巻き込む場合があります。それは。連帯保証人の財産も、強制執行の対象になる、場合もあります。

次の内容は、強制執行の不安について、結局。どうしたら、良いのかを、おさらいをするつもりで、あげていきましょう。

37c9974bbc253174720f28dfbd1167d4_s

 

借金は返済できなくても、強制執行の事は学べる。どんな状態になるのか?復習してみよう

強制執行は、返済が出来なかった場合に、起きます。しかし。

・生活必需品は、差し押さえができません

・給与の差し押さえも、手取り4分の1まで

・最低限、生活していくだけの、財産は残る

結論だけを、あげるなら。この3つが、答えになります。そして。強制執行を防ぐためには。

・債務整理をしっかり、視野に入れること。

まとめ

89efb7bc26f1999f2286cdd7a64f34c8_s

 

返済をしないで、催促も無視し続けた結果。巻き起こしてしまった、問題だと思いますよね?返済が出来れば、催促も無視しないですし。返済も、しっかり、返すことをほとんどの人は、意識していると思います。お金の問題は早いうちに、解決したいですからね。

 

どうでしょうか?お金の悩み、あまり考え続けたくないですよね?けれど。今の状況は強制執行に、なってしまうかもしれない立場に、追い詰められている。そうですよね?明日にでも、裁判所も巻き込んで、深刻な展開になるかもしれない。では。どうしたら、悩みが解決に近づけるのか。ここを見てみては、どうでしょう。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

ページ上部へ戻る