同僚が風俗にハマって借金!やめ方と返済方法

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

風俗にハマってしまうことってあります。

大体、会社の同僚や友だちに誘われて、1回行ってみようぜ!的なノリから始まる悪臭です。

若い男性なら性欲を持て余し、年を重ねるに連れて若女性を抱きたくて風俗へ行く。

しかも、金で解決させるので後腐れもなしで楽しめるといったメリットがあります。

もちろん、不特定多数の男性が利用する場なので、病気をもらってしまうことがありますけど・・・。

それでも男性は、性欲を抑えることができずに風俗へついつい足を運んでしまうこともあると思います。

借金をしてまで風俗にかよってしまうことも珍しい話ではないですね!

あなたのことですよ(笑)

 

さてさて・・・風俗で借金を負ってしまった場合、どうすればやめることができるでしょうか?

それでも風俗にいきたい感情はあると思います。たとえ、後悔していても・・・。

風俗にまず通わないようにするには?(体験談)

1.他に夢中になれるものを探す

風俗は、1年もすれば飽きるといわれていますが、中には止められない人もいます。私も、現実では女性に優しくされることがないため、そういったお店で疲れを癒していました。しかし、借金が増えてきたときには、やめるしかありませんでした。やめる方法は、他に夢中になれるなにかを見つけることです。仕事に打ち込むというのが一番良いと思います。
(30代 営業)

2.冷静に相手を見る

風俗通いがひどくて借金を作ってしまったので、もう卒業することにしました。どうやって卒業したかというと、彼女を作りました。キャバクラにあてていたお金を、彼女とのデートに使っています。でも、家で会うことも多いので、お金はそんなにかからなくなりました。付き合ってもいない女の子にお金をかけるのは馬鹿らしいと感じるようになりました
(20代 栄養士)

私は風俗で知り合った女の子にのめり込みすぎてしまいました。そのため、借金までしてしまったのです。風俗通いを続けていたのですが、やめることができたのは、その女の子にのめり込み過ぎても、相手は仕事上の付き合いだから、正式に付き合えることはないと感じたからです。その現実に気が付いてからは、二度と行くことはありませんでした。
(20代 医者)

風俗のために借金をするというのはもはや定番です。特に、若いうちは色欲の気持ちを抑えることは難しいのです。止めた方の理由を聞くとほとんどが結婚です。結婚するか彼女に没頭するしかないのでしょう。つまり、代替えの対象を見つけるということです。学生時代に勉強やスポーツなどに集中してきた人たちが、一旦色欲の世界に陥るとなかなかやめるのが難しいようです。
(40代 事務員)

風俗で作った借金。原因は恐らく、もう少しで女の子とお付き合い出来るのではと、時間延長を何度もしてしまったからでしょう。あくまで疑似恋愛と割り切れれば良いのですが、人間は弱い生き物です。そんな私は風俗で使用したお金を計算し、すぐに店通いするのを止めました。このお金があれば、旅行に行けるし、車も買えると。少し頭を冷やす事が大切です。
(30代 飲食店勤務)

3.恋人を作る

サラリーマンをやっていると、どうしても底知れぬストレスを感じてしまうものです。
発散をするために通いだした風俗に行っている間はとても天国のように幸せでした。しかし、借金をしてまで通うことに限界を感じてしまったので、いっそのこと彼女を作ってしまったのです。
結果的に夜遊びもやめることができたので、彼女に感謝しています。
(30代 編集者)

 

これだけではないでしょうが、風俗をやめる方法はいくらでもありますけど、参考にして下さい。

実際に、風俗で働いていた人はこんな風に思っています

風俗で働いていた人のホンネ

私の場合には約500万の借金があり、風俗でバイトをして返済をしました。約一年ほど勤めてなんとか完済できたので、その後は徐々に出勤日を減らしていき、その後半年ぐらいで辞めることにしました。出勤日を減らしたのは自分に対する指名を減らしたかったからです。指名が多いうちはお店もなかなか辞めさせてくれません。借金を減らしてもらった恩も有ったので、余りしこりの残る辞め方はしたくなかったので。
(30代 主婦)

 

借金の返済のためにお金が必要だったので、風俗でアルバイトをしたことがあります。時給の高さが魅力で始めました。未経験で週3日程度ですが、それでもかけもちで派遣社員をやっている給料の半分くらいは稼げました。お金は魅力でしたが、借金がなくなった後は健康のために辞めました。ただ、仕事が忙しいからという訳を話して穏便に辞めさせていもらえました。
(20代 看護師)

 

わかりますかね?風俗嬢は全部とは言いませんが、カネのために働いているんですよ。

その状況、何となく感づいているでしょうが俺には違う!本気・・・だよな?って思っているかもしれません

でも、99%あなたの勘違いです

あなたは、高確率で金づるなんですよ。

その現実、先ずは考えたほうが良いかもしれません

では、また体験談になりますが

風俗で借金をしてしまった人が、どのように解決したのかを投稿してもらいましたので、

これまた参考にしてみて下さい

風俗で借金をした方に聞いた、借金を解決した方法

風俗にハマってしまうとギャンブルと同じで容易に抜け出すことはできません。借金をして風俗に行くようになったら、あとは雪だるま式に借金が膨らんでいくだけです。
本職で収入を増やせない以上は、単発バイトをして収入を得るしかないでしょう。
(20代 飲食店)

 

債務は30万円ほどありましたが、週2回の単発バイトを続けて4ヶ月で完済することができました。仕事でのストレスが原因でたまたま入った風俗だったのですが、自分好みの女の子がいたので借金をしてまで通うようになったのです。
当然ですが、それは大きな借金となって自分に跳ね返ってきました。
ひとりでは抱えきれない額だったので、友人の勧めで弁護士に相談して債務整理の手続きをしてもらったのです。
(30代 営業)

 

頭ではわかっているのですが、理性が欲望に負けてしまっていました。とりわけお酒が入ると病気のような感じで風俗店を利用していました。女性好きというよりはストレス発散を求めていました。転機が訪れたのはその後すぐです。時期的に予想はしていたのですが、地方への転勤です。これがきっかけで足を洗うことができ、借金もみるみる減少していきました。
(40代 薬剤師)

 

風俗はそれまで余ったお金で利用していましたが、ある嬢をとても気に入ってしまい、借金をしてでも通うようになっていました。1年くらいしてその嬢が辞めたときには、およそ100万円の借金ができていました。風俗に通うことを辞めたことで、なんとか返済ができましたが、利息だけでも20万円くらいかかりました。かなり後悔をしています。
(20代 接客業)

 

若い頃に風俗にハマり込んでしまい、毎週数万円を使って派手に遊ぶということを繰り返していました。当然お金が足りなくなり、ローンやキャッシングで費用を捻出していました。気づけば膨大な借金を背負い、自分の力では返済できなくなっていました。実家に頭を下げ、親に全額を肩代わりしてもらい解決したのですが、二度とあのような恥ずかしい思いをしたくありません。今は足を洗って実家の農家を手伝いながら暮らしています。
(30代 大工)

 

私は風俗のおもしろさにはまってしまい、1年以上同じお店に通い続けた経験があります。お金がなくなってしまい、借金までしてしまいました。しかし、風俗に通い続けていても空しさを感じてしまい、行くことがバカらしくなってしまったのです。そういう気持ちになったので、お店に行くことを辞めてからは借金を返済することに力を注ぎました。彼女がいないのが年齢な私にとっては風俗遊びは最高の娯楽でした。
(40代 通信業)

 

人肌が恋しいと感じる時には借金をしてまで通うようになってしまい、そこから人生が狂ってしまったのです。
そんな時、母親に風俗通いがバレてしまって、強制的に禁止令がしかれてしまったんですよね。その分を貯金に回すようにといわれ、給料をすべて管理されてからは、借金の完済までこぎつけたのです。
(20代 大学生)

 

借入先は消費者金融なので利息が大きく、返済しても元金がほとんど減らない状態でした。
風俗遊びは回数を減らしましたが、完全にやめることはできませんでした。
結局、100万円あった借金は任意整理をして解決することになりましたが、相当額の過払い金が発生していたので債務は30万円まで圧縮されました。
(50代 管理職)

風俗嬢の現実

今も返済は続いていますが、あと少しで完済できそうです。私は女性ですが、風俗(デリヘル)で借金をしました。前借りという形で約120万円もらい、その分をお店に返す形で働き始めました。逃げないようにか、お店が管理しているマンションに強制的に入居させられ、週に6日、一日最低10時間勤務の強制でした(待機時間含む)。普通の仕事よりもしんどい仕事だし、何よりも体力勝負なのできつかったけど、一カ月半ほどで何とか借金は解決し、夜逃げ状態で辞めました。風俗利用による借金が2社で100万円を超えようとしていました。
(30代 主婦)

風俗で作った借金を返すには?

風俗で作った借金を肩代わりしてもらうことは、事情を説明しづらいのでできないでしょう?

ある意味、厳しく言えば自業自得なのですが、このサイトまでやってきたということは

どこか罪悪感があったからなのでしょう。

そこで、誰にもバレずに返済が楽になる方法もありますので、

その方法を知っておきましょう。風俗で作った借金も大丈夫です

⇒誰にもバレずに借金を返せる、相談できる方法

 

同僚が風俗にハマった話
私には自分と同じ26歳で、同じIT会社に勤める同僚の友人が居ました。よく一緒に飲みに行ったりするのですが、その頃はどうも私が既婚者であるのに対して、自分が独身であることに引け目を感じていたようです。

 

「自分たちの年齢でまだ結婚していない人なんて珍しくないから、焦る必要は無い」となだめたものの、やはり気にしているようでした。元々友人はお酒や競馬が好きで、少しお金にだらしないところがあったのでまずそこを何とかする必要があったとは思います。

同僚が風俗にはまって借金をしてしまった時の話02
そんなある日のことでした。近頃友人がやたらと上機嫌というか、舞い上がっている感じだったので彼女でも出来たのかと思って聞いてみました。

 

するとなんと、彼は最近風俗店、いわゆるキャバクラに通いはじめていると言いました。キャバクラは相当なお金がかかると聞いているので、金遣いの荒い友人のことなのでこれ以上ハマってはいけないと言い聞かせましたが、友人は既にお店の女性に相当入れ込んでいるらしく「結婚しているお前には分かるまい」と卑屈な態度をとられてしまいました。

 

私の声はもう彼には届きませんでした。程なくして、今度は友人が社長に給料の前借りを頼み込んでいる場面を目撃しました。どうして前借りなんかしようとしたのか、と問い詰めたところ彼はばつが悪そうにして「キャバクラに行くお金が無くて借金をしてしまった」と答えました。
不安が的中してしまった私は、頭を抱えました。友人がここまで愚かな事をしてしまうとは思いたくありませんでした。

 

幸いにも借金はまだ少額だったので、いち早く返済できるように友人に夜間のアルバイトを勧めました。友人もさすがに借金を重ねるのはまずいと思っていたようで、私の提案を受け入れてくれました。
夜間のバイトを始めて友人は風俗店通いから離れたようで、私はほっと一息をついていました。しかしそこで、恐ろしい事が起こったのです。なんと、友人が通っていたキャバクラの女性が、今度は逆に友人の事を追ってきたのです。女性にとって友人はお得意様、いわゆる都合の良い金づるだったので彼をまたお店に来させようとしていたのです。

 

ただでさえ昼と夜の仕事で疲れきっていた彼は、女性に言い寄られたとたんにたががはずれたようにまた風俗に溺れていきました。もう少しで完済できたはずの借金もまた膨れ上がっていって、完全に人生を棒に振ってしまうようでした。

 

彼は社内の人達から馬鹿にされ私自身ももう彼は救うことが出来ないと思い知らされました
そして、とどめとなる事件が起こりました。なんと会社の多くのお金が何者かに持ち去られてしまったのです。私はぞっとして、友人に連絡をとりました。君が犯人じゃないのか、犯人だったらせめて自首をしてくれと説得をするつもりでしたが、彼は行方をくらましてしまい話すことは出来ませんでした
結局、彼は捕まって借金だけでなく罪も背負ってしまい、社会的な立場や信用も失ってしまいました。
私は友人の哀れな結末を見て自分はああはなるまいと強く思うと同時に、借金とはどこまでも人の弱さに入り込んでくる恐ろしいものだと実感しました。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

ページ上部へ戻る