借金返済トラブルの問題、訴えられた時の対処方法

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

 

借金の返済は、上手くできていますか?返済に追われる毎日、苦労をしていると思います。トラブルなど、いろいろと遭遇するかとも、思います。今回は返済トラブル。取り立てから、返済を追及されて。訴えられてしまった言う、トラブルの記事をのせたいと思います。

 

取り立てから返済の事で、追及されると不安ですよね。裁判沙汰にまで事が深刻化すると、不安で苦しいと思います。お金を返さない、その理由でこんなに深刻な状況に追い詰められるのか。落ち着いて考えていきましょう。

b2f7becf0d87dafc62c513050537d6de_s

 

借金取り立て側から、訴えられる?返済のトラブル

返済を返さないことで、取り立て側が裁判をおこして。大事になるのか?そうですね。裁判所が関係してくるのは、三回連続の滞納をしてしまったと言う展開です。その具合から、電話・手紙での取り立てをすすめつつ、裁判所とかかわる準備もしている様子になります。

 

やはり。2~3か月も滞納すると言うのは。常識的ではないと言う感じなのでしょうか。借り入れをしたら、しっかりと返す。と言う意識は常に持っていた方が良いと言うことですね。

 

しかし。返済は大変だと思います。普通に返すと言うだけなら、仕事をこなし収入が入った際に。返済に使うと言う、イメージが出来ますが。現実生活、暮らしの事で、お金がすり減っていき。人間関係での悩みも発生し、お金を返すことに集中が出来なくなる。ただ仕事をしていくだけの、生活はありえませんからね。(仕事だけの考えと言う生活で、気持ちが満たされなかったり。人間関係のトラブルで、気力を失ったり)

14fa098406b8fb8478eeb8455df606a2_s

 

では。取り立て側の裁判を起こすと言う、展開はどんな計画なのか?訴える場合、給与の差し押さえ・全額返金の2つのパターンがあるそうです。どちらになるかは、滞納している金額・職業と収入で決まるようです。

 

・滞納額が多いが、収入も多い ⇒給与の差し押さえ

・収入が低く、返済が難しい ⇒全額返金

このパターンらしいです。

裁判が発生すると、強引にでも返済が発生すると言う展開でしょうか。裁判所がかかわると、従うしかないと思いますよね。少し借りたお金が、大きな問題を生み出す。お金が生み出すのは、利益だけじゃないようですね。

ff5b63884aeacf7149f0caa7fd678ab3_s

 

問題に発展し、巻き込まれた方もいると思います。とても、大変でしたね。窮地に追い込まれ、動揺を隠せなかったと思います。

 

【給与の差し押さえ】

滞納者の給与から、強制的に借金を回収すると言うパターンです手取りは4分の1まで、差し押さえができるそうです。

※例

手取り・30万円 ⇒7万5千円のまでの差し押さえ。

【全額返金】

滞納額を一括で返金と言うパターンです。裁判所に訴えた場合、滞納者は出廷をすることになります。しかし、出廷をしてくる滞納者はあまりいないようです。この場合、消費者金融側の勝利が確定し、裁判所は滞納者に全額を一括での返済を求めると、判決を下します。

bb56a82cf3b3268a012125071da2d8e1_s

 

なるほど。裁判所が決定したことなら、自分たち一般の人たちは従うしかないと思います。理不尽な事なら、抵抗が出来ますが。滞納に対しては、負債者側に非があるので。認めないと、いけませんよね。しかし。深刻化して。とても、大変だと思います。滞納者側の、焦りと動揺が伝わってます。その場合、弁護士を呼び、分割払いで場を収める結末で完結します。(弁護士のサポートがあり、値切られていることがありますが。折り合いは付いています)

 

弁護士の方のサポートのおかげで、返済はしないとダメなのですが。値切りのおかげで、上手くまかなえる。なんとか、落ち着きそうですね。大変でしたでしょう。さて、次は訴えられた時の状況について。あげていこうと思います。

借金で訴えられた、その時の状況を。。。

状況、負債者が知りたいことは、意思確認なのです。訴えられてしまった場合、受け入れず、逃げずに。債権者に連絡を取ることを意識してみてください。音信不通の状態が解消されたとき、債権者側は訴えを取り下げると言う展開も期待できます(債権者側の気持ち次第なので、悪化を免れないときは。免れません)

 

現実から逃げずに、覚悟を決めて向き合う。深刻化から、目を背けずに。しっかり、向き合いましょう。

b032bf53cf2d46f108eabdb2fd66078c_s

 

とは言え。頭が煮詰まってきそうですよね。自分の事なのに、放置して忘れてしまいたい。そんな気持ちになりますよね。自分の人生、こんな事態になるとは。誰も思いはしないでしょう。

 

そうして。債権者と話し合ったところ。無利息・借金の額が減ると言うことは。どうでしょうか。判決が出た際、利息・延滞金も上乗せした債務を返済する状況になるため。とにかく、お金が飛んでしまいます。

 

逃げたところ、追い詰められて、さらに悪化すると言う事態でしょうね。背中を見せると、追い打ちをかけられてしまうと言う様なことですか。裁判所と取り立てのダブルパンチで、滅入ってしまいますよね。ここで、負けてしまっては。向こうに操られてしまうままでしょう。なので、対処方法が無いか。あげてみましょう。

476b96bf30fd7e57ec065d154c23bfac_s

 

借金を返済できなくて、訴えられた。。。どう対処したら?

取り立ての事だけでも、気持ちがナーバスなのに。裁判沙汰になってしまい、どうしたら良いのかと言う状態ですよね。先ずは、早急に対応を心がけてください。不安な状態でしょうが、放置してはいけません。返済の延滞で、裁判所から通知が届いたとき、考えられえるのは。「訴状」、「支払催促」の書面です。通知を無視せず、中身の確認を必ずしてください。

 

【訴状】

・債権者が債務者に支払いを促すため、裁判を起こす際、提出する書類

【支払催促】

・債権者が裁判所を通して、債務者に支払を促す書類

もしも、放置していた場合。相手側の言い分が認められたことになります。それに、裁判の判決の拘束力は強いので。確定は変更できません。こうなってしまった場合、すぐに専門家(司法書士)へ相談をすることをしてください。

 2a0473394bdf5c4da795f8edf4d632a7_s

 

まとめ

事態の深刻さを放置しておくと、より悪化してしまうと言う感じでしたね。しかし、差し押さえをする場合、向こう側も裁判所にある程度お金を支払うと言う形になるので。向こう側も、避けて通りたい道らしいです。

 

弁護士を通し、破産の申し立てと言う選択をする方もいるらしいのですが。金融側としては、貸し倒れと言うパターンは避けたいので、免責を防ぐと言うこともあります。

 

面倒なことは、パパッと終わらせたいのが金融側、そして。借りる側にあると思います。お互いに長引けば、支障が出ることになりますし。解決するのか、どうなるのか。長引くのは、スッキリしないでしょう。

 

しかし。返せる状況なのに、破産を申し立てる展開もあるため、金融側の言い分を加えて、引き下がらなあいように争います。ですが。最近では一般的に借りたお金を投資・ギャンブルに使った場合は免責は不許可になります。まれにですが、弁護士が嘘をつき、都合の良い展開を考え。裁判所に申告してきます。

b6c26ae18ecb4bef864e7d7159f63914_s

 

お互いに問題について、どう対処したら良いかをぶつけあっている様子ですね。しかし、自分側の方に得られるものを求めるあまり。解決方法を探ると言うより、互いの意見をぶつけ合っているだけのようにも、見えますよね?

 

元々の元凶が自分自身の借金なので、探れば自分が招いたと言う結果ですし。自分が原因で、こんなに大事になってしまったと、苦笑いをするしかない状況ですよね。ですが、なんとか解決することが出来ないか。解決案までは、いかなくても相談するような場所は無いか。

89efb7bc26f1999f2286cdd7a64f34c8_s

 

そこで、こう言った方法があります。

http://ventagafassolrayban.com/knowhow/hensai/

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

ページ上部へ戻る