借金の期限。逃げ切るか?払うべきか?

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

 

借金を返済をしていると、借金には期限があるのか?と思うことがありますよね?時効のようなものがあって、ずっと払わなかったら。借金は帳消しになるのかなと思いませんか?帳消しになると、楽ですよね。実際に出来るのならと、思いませんか?ここでは、その期限(時効)についてあげていきたいと思います。

 

借金の期限?時効?の話

期限が終わるまで返済をしないと言うことは、現実的では無いですよね?返済を一切しなかったことで、裁判所から呼ばれる場合もありますし。安心して出来そうな事には、みえませんよね?実際に5年間も返済を行わずに、逃げ切れたと言う話は聞いたことありませんし。そちらでも、聞いたことがありませんよね?債務の種類によって変化してくるそうです。

bb56a82cf3b3268a012125071da2d8e1_s

 

・個人からの借金 ⇒10年

・業者からの借金 ⇒5年

・飲み食いのツケ ⇒1年

期限が終わるまで、何年間も待つよりも。数年間働いて、稼いだお金で借金を完済した方が早い気がしませんか?何年間も期限が終わるまで隠れるのは、きつそうですよね?それに、業者の場合定期的に住民票で移転先を調べるので。一度、借り入れの事でかかわると、完済までかかわりが続く感じになりますね。期限が終わるまで、払わないと言うのは無難な選択に見えませんよね?これは、返済が出来ないような深刻な状況に追い詰められられたときに、考えるような方法に見えますよね。

 

期間が経過しても、期限が終わったと言うわけでは無く自分で時効の主張をしないと、期限の終わりが成立しないそうです。期限の終わりまでの日数を、自分で記録しておいて。時効になったら主張と言うことでしょうか。手間がかかると思いますよね?期限が終わるまで、何年間も待ち続けて。そのことも記録して、主張をしないといけない。失敗することもありますし、デメリットの方が多いような気がしませんか?行政書士で、現在の状態を調べることが出来るそうです。

bb56a82cf3b3268a012125071da2d8e1_s

 

・裁判上、請求があった場合

・差し押さえなど、行われたとき

時効の中断になるそうです。期限の終わりが近づいていたが、それらによって。失敗に終わることになります。逃げ切ると言う考えは、楽でないと言うことですね。借金は遅延損害金・一括請求の問題も発生することになるます。次のテーマは期限までに返済が出来なかった場合の、問題についてあげていきましょう。

 

借金が期限までに、返済できなかった際。どんなことが起きる?

期限までに返せなかった場合、罰金のようなものがあるのでは無いか?と不安になりますよね?借金を期限までに返済出来なかった場合遅延損害金が加算されてしまいます。違約金と言う性質です。期限までに返済出来なかった際、増えていくことになります。期限が終わるまで待つと言う行動を、取らせないように考えたのでしょうかね?罰則があると、負債者は必死になって返済に取り組むと思いますからね。

19ea47667fc769b06d74f5b5118cb744_s

 

それに、一括請求もされます。長期滞納をしてしまうことで、分割の返済が認められなくなり。一括払いを求められることになります。期限が終わるまで待とうとして、返済の期限を放置していると危険があります。しかし、時効・期限についての知識は知っていても損は無いと思いますよね。

 

①時効の援用

借用書を持っている、持っていない場合でも。時効を主張して、払わないと主張。そうすることにより、時効の成立になります。(借りていることを、一部でも認めると時効は成立しなくなります)

 

②消滅時効

借用書を持っている、持っていない関係なく。Aさんが、Bさんにお金を貸していて。Aさんが、Bさんに返済を求めず。一定期間放置していると、Bさんはお金を返さなくてよい。これを消滅時効と言います。一部でも支払えば、時効は完成しません。

 

③時効の中断

時効の中断をした際、進行は振り出しに戻ってしまいます。いったん、中断をしてしまうと。時効の期間は初めから進行することになります。

 

51c0922dd82ec67ce2485c32889bf20d_s

 

専門的な話になってきましたね。難しい話になって、ややこしくなっていると思います。ここまで、記事をあげていて。期限(時効)を待つことには、良い部分が無さそうです時効を阻止すると言う手段も、金融側は調べているので、簡単には待てないと思います。期限を終わらせたいのなら、一切の返済もしない・取り立ての電話も出ないと言う覚悟が必要です。どうでしょうか?ですが、時効を必要とする場合もありそうです。

 

【多重債務者】

多重債務で苦しんでいる場合、時効を利用すると言う方法もどうでしょうか?弁護士と相談をして、解決方法を考えてみましょう。

 

しかし。時効を主張しても聞き入れてもらえない、そういった場面もあります。期限の終わりを債権者が認めない場合は、悪徳金融の可能性があります。では、期限が終わるまでの間。どのように生活を送らないといけないのか、あげてみましょう。

e9f4459d0f71eef57ca02a61256c799b_s

 

借金の期限が終わるまでの間。どう暮らしてゆくのか。。。

どんな暮らしが想像できますか?逃げるような生活をするのかなと、思いますよね?生活面もなにか、制限ができてしまうのではないかと不安になりますよね?期限が終わるまで逃げ切るためには、いくつかリスクが出てきてしまいます。

・職場を債権者に知られているなら、仕事を変えないといけない

・同じ場所に住む・働くことが難しくなり、引っ越しと転職を繰り返さないといけなくなる

・住民票を移すことができない

・知られてはいけないので、人間関係を手放すことになる

負債から逃げるために。ここまでしないといけない、耐え切れますか?負債から逃れられたとしても、手放すものが多すぎませんか?自分独りなら、受け入れられるかもしれませんが。家族や友人がかかわってくると、それらをすべて手放さないといけないと追い詰められた時。どう選択しますか?

3d2553a65d0de93fabd508b30639efe4_s

 

まとめ

時効を待つ行為は危ないと言うことがわかりました。時効まで、逃げ切れないかを考えると。返済可能の金額の場合なら、時効を待たずに完済まで進めた方が良いと思いませんか?返済しようの無い大きな負債なら、時効を待とうと思いますよね?しかし、そのためには金融から逃れるように生活したり。記録も自分でしないとダメですし。

 

大きな負債者には、逃げることも出来ず。返済も上手くできないと言う状態で、苦しいですよね?そこで、こういった方法はどうでしょうか?

【借金返済】国が認めている減額方法

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

ページ上部へ戻る