借金返済は「ひとり」じゃカンタンに解決しません。

凄腕の弁護士に訊く!

アンケート

借金返済は結婚の足かせ!ここまでトラブルに!

投稿日:

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

結婚と借金問題。一見、関係がないように思えることですが、実は深刻な問題に発展する場合が多いです。

 

あなたが、もし彼・彼女と結婚を考えていて、どちらかの借金問題で悩んでいるのであれば、すでに経験のかある方の意見も聞いてみて下さい。

 

参考になるよう、その体験談をまとめてみました。

3074824 (2)

学生時代から結婚を考えている彼女とそろそろゴールインすることが決まりました。

彼女が望んでいるのならばと乗り気になっていたものの、彼女の借金が発覚してしまったのです。

金額も400万円ほどを秘密にされていたことが気になって、私の両親に激しく反対をされてしまいました。

さすがに隠し事なNGなので、返済を待たずして別れました

3066284

借金の返済があるだけでここまで結婚相手や相手の実家とトラブルになるとは思っていませんでした。

新卒で入った会社の上司がかなりきつい性格の人で、ストレス解消に買い物に走ってしまい25歳にして300万円の借金がありました。

学生時代から付き合っていた彼と結婚の話が出たときにお金のことで彼の両親に反対されて2年くらいもめました。

自分の親に立て替えてもらいなんとかなりましたがお金のトラブルはこりごりです。

3062875

結婚する際に、借金を返済中だと何かと苦労します。

交際相手と一緒に暮らすようになれば、財布が1つとなることも多いですからその際に余計な出費になってしまいますし、もし内緒でお金を借りていたとなればなおさら大事になるでしょう。

結婚式ではかなり費用がかかりますので、出来る限り早めに完済しておくように心がけるようにしなければならないでしょう。

3066285

彼女に300万円の借金があることを黙ったまま結婚を申し込みました。

なんとか返済できるだろうと楽観視していたのですがやはりそれほど甘いものではなく、式の直前に借金がバレてしまい危うくキャンセルになるところでした。

正直に話して、返済プランをしっかりと立てて、当面の間は給与の全額を預ける約束で、キャンセルは免れましたが、トラブルを起こして申し訳ないことをしたと思っています。

3064213

独身時代はギャンブルにハマり、借金をしてまでお金をつぎ込んでいたのですが、結婚してからも妻には借金を抱えていることを黙っていました。

返済が滞ったある日のこと、カード会社から自宅に電話がかかってきて、妻に知られてしまったのです。

黙っていたことを責め立てられ、離婚寸前の状況にまで至りました。

今は妻とも別居状態です。

3066286

借金返済をしていると、結婚資金が足りなくなるなどトラブルが続出します。

そのため、金銭の貸し借りはしっかりと整理しておく必要があります。

そのため、結婚前に必ず借金は返済しておくなどの対処しておく必要があります。

お金のことに関してはトラブルのもとになるので、身近な人、特に恋人などには必ず整理しておく必要があります。

3066287

消費者金融などの金融機関への借金が残ったままで結婚した場合には結婚生活に様々な影響が出ます。

まず、毎月の借金返済によって生活費が圧迫されたり、返済が何度も滞ってしまいブラックリストの載ってしまうとマイホームやマイカー購入の為の住宅ローンやマイカーローンなど銀行からの借入ができなくなるなどの影響があります。

3066288

本気で結婚しようと考えていたのに、婚約直前になってから、その人には借金があって返済中だということが判明しました。

それが原因で二人の間にトラブルが発生してしまい、結局、婚約は見送りになってしまいました。

とにかく、お金の問題はシビアです。もしも借金があるのなら、結婚については可能な限りは完済し終えてから考えるのが良いでしょう。

3066289

借金があることによって、結婚が出来なくなったりあるいは破談になるケースも多くあります。

相手側からすれば生活がどうなるのかといった問題が生じることもあり、また、返済に困ればそもそも生活が成り立たなくなる恐れを持つでしょう。

したがって、結婚前には相手のこうした金銭トラブルなどを調べることがよくあるものです。

 3066290

結婚をする時の問題になってくるのが、借金問題です。

結婚をする前に借金が残っている場合は、必ずすべて返済しておかなければなりません。

もしも、残っている場合は、すぐに離婚というトラブルになってしまう可能性もあります。

離婚まで行かなくても、生活がぎくしゃくしてしまうことがあるので、きちんと解決しなければなりません。

 

後ろめたい借金を抱えた結婚

私は彼と結婚できる事で有頂天でした。

彼の経営するネット関係の会社の前に私の勤めるコーヒーショップが在り、彼は良く通っていた縁で話をする事が多く、ある日彼が店に財布を忘れた事がきっかけで急速に私たちは接近し、半年ほど付き合った頃彼からプロポーズを受けました。

私は本当に天にも昇る気持ちだったし、まるでシンデレラのような気分でした。彼は既に都内のマンションに住んでいたし、経済的にも恵まれていて私は奥さんとして迎え入れてくれる本当に浮かれていたのです。

後ろめたい借金を抱えた結婚02

ただ、私には借金がある事を告げていない事が後ろめたい部分でした。

私は25才になる前に奨学金と生活費が足りない分を少しずつ借金をして暮らしていましたが、細かい利息が嵩みどんどん増えてしまっていて200万円程に膨らんでいたのです。

 

コーヒーショップの時給900円では月にして15万円程でしたので夜の仕事をして返済に回そうかと考えて居る時に、彼からの猛烈なアプローチを受けていたので結婚すれば彼が借金を肩代わりしてくれるような気がしていたのです。

 

私も数年借金生活をしていて本当に疲れていましたし、都合が良いとは思われるかもしれませんが、結婚すれば彼が経済面で力になってくれると思い込んでいたのです。

彼の会社は大変景気が良いようで彼自身も会社に乗り、身なりもいつもブランドで固めていました。

私はこの人のお嫁さんになれば私も高級な生活が出来ると夢を見ていました。

都内のホテルで挙式を上げた時は天にも昇る程でしたが、既に私には借金の事は話す事が中々出来ないでいたのです。

彼は会社設立や会社を運営するにあたってし尿と言う事を大事にする人でしたし、嘘が兎に角嫌いと言う人でした。私にもそれは理解出来ました。

だからこそ中々言う事が出来ず1年ほど経ちましたが、私の謝金の利息は更に増えて300万円を超えていました。

彼との生活は毎日が充実していて本当に私を愛してくれ、必要とされる事が嬉しく過ぎて行きました。

しかしある日彼は私あての郵便物を間違えて開けてしまい、そこから借金は明らかになったのです。
これは一体どういう事なの、と彼は当然の質問をしてきましたので私は全てを正直に打ち明けました。

話しているうち彼の瞳が悲しさを通り越して軽蔑に変わって行く瞬間を見ました。

それで、これからこの借金どうするつもりですか、と敬語で彼は私に聞き始めました。

私は愚かにも彼にすがり何とか頼れないだろうかと泣きながら頼みましたが彼はじっと私を見下したままでした。

とても長い時間が過ぎたような気がします。そして彼は一言だけ言いました。

挙式も上げたし直ぐに離婚は出来ないね、でも借金は個人の物だから俺は関係ない、自分で考えてよ。

僕は借金より嫌いな物は嘘なんだからさ。

そう言いました。

そして部屋を立ち去ると荷物をまとめて何処かへ立ち去ってしまったのです。

私には彼を追う権利はもうありませんでした。

私は請求書を前に暫く考えやはり兎に角働く事を考えました。

ぬるま湯に浸かった生活で労働とは無縁な生活でしたのが、まだ30歳にもなって居ないのでアルバイトは何とか探せます。

またコーヒーショップで働くのも良いかと思いましたが支払いには追いつく事は不可能です。

私は夜の仕事を選び何とか生計を立てています。

支払いもきついけれど何とか支払いを終わらせようと思います。

彼がマンションに住んでいる権利を何とか残してくれている様なので甘えとは思いながら生活していますが。

きっといつか正式な書面で離婚は言い渡されるであろうことは理解しています。

彼の携帯電話に何度も連絡は入れてはいますが着信拒否にされてしまった状態です。

もう彼から二度と愛される事は無いと解ってはいても悲しみが消えません。

隠し続けた借金が結婚後に発覚

財布落としちゃって、御免、悪いけれど1万円貸してくれるかな。

この言葉を妻に言った頃から私はちゃんと話すべきだったと思うが今はもうその妻は家を出てしまった。

何もかもが遅く、もっと早くに告白して居ればこんな事にはならなかった筈なのです。

私と妻は会社の取引先で出会い1年程してお互い30手前と言う事もあり結婚を前提に付き合いが始まりました。

とても優しい妻は派手な事が嫌いでお金にも大変しっかりした女性でした。

お金にだらしない人は苦手とよく言っていたせいもあり私はその頃抱えていた借金の話は絶対に避けていました。

私自身は彼女と知合う前に水商売の女性と恋愛関係にあり、と言っても私が勝手に入れあげお金を注ぎ込みプレゼント代や同伴をする為のお金をキャッシングで借りお金が尽きた時点であっさりと振られました。

残ったのは1年程借金して居た総額200万円程でした。

隠し続けた借金が結婚後に発覚02

私は傷心の思いもありましたし、出会った彼女の親切に心から惹かれやっと本物の女性に出会った喜びで一杯でした。

結婚式も身内だけでささやかにしたいと言う彼女の感覚も嬉しく、この人とならきっと良い家庭を築いて行けると思っていました。

付き合いも2年ほど経過して私たちは彼女の思い通りにささやかに式を挙げ、会社の延線上の小さなアパートで生活を始めました。

勿論マンション購入と言う事も二人で考えましたが、まずはお金を二人で貯めてからと言う彼女のしっかりした意見に従う形を取りました。

彼女は結婚する前に自分の貯金額などを私に教えてくれ300万円程あると言う事、こつこつためてきた大事なお金は大事に使いたいと言う希望を話してくれました。

私は貯金は無いけれど借金も無いと嘘をついてその場を取り繕いました。しかしそんな嘘は結婚後直ぐにばれました。

容赦なく銀行からくる督促状に彼女は不信を募らせ本当の事を話して欲しいと言いました。

私は全てを彼女に告白しました。

その辺りから空気が変わってきたのです。

休日のある日私は財布を落とし出先で彼女に財布を落としたと告げると、彼女はじっとこちらを見ているのです。

この視線の意味は一体何だろうと思いましたが、既に彼女は私の言葉が信じられなくなっている証拠でした。

冷たい目で見返し、それは本当なのかと聞くのです。

私は本当に無くしたのでそういうのですが一向に信じてはもらえない有様でした。

どんどん夫婦の会話も無くなり、ある日彼女が借金はどうするつもりですかと聞いてきたのです。

私はアルバイトか何かして残金は払うつもりだと言うと、では何故今何もしていないのかと本当の事を言われつい彼女を黙らせたく手を上げてしまったのです。

彼女は家を出る前に言い放ったのは、貴方の借金は貴方のせいなのだから、貴方が何とかして下さい。

私は関係ありませんから。

書類は後で送りますので印だけ押して送って下さい。

そしてドアが閉まりました。

実は私は彼女が肩代わりして少し援助してくれると言う甘い考えがありました。

結婚したのだし夫婦なのだから当然助けてくれると思っていたのです。

私はしばらく呆然としていました。

何日しても彼女は帰ってくる気配すらありませんし、電話も通じなくなりました。

ただ書留で離婚届けが送られてきました。

何か手紙が付いていないかと探しましたが何も他には付いては居ません。

私は初めて捨てられたと実感しました。

当然と言えば当然です。

隠し事はいつかはばれるのです。

いつかはばれて離婚していたのです。

そう切り替え私は死ぬ気でアルバイトを探し借金を返そうとその時やっと気が付いたのです。

誰も助けて等くれないのです。

今は休日を使って交通整備の仕事や引っ越しの派遣に登録しコツコツと返済をしていますが、体力が持つ限り頑張って支払って行こうと思います。

結婚生活の不満から借金を作った人

かなり結婚で焦っていた同僚の坂田さん(仮名)が急に結婚話が浮上したのには、会社の誰もがびっくりしました。

誰かと付き合うようになったというのであれば、きっと吹聴して歩くでしょう。

その時期も全くなく、急に結婚することになったというのであれば、驚くばかりです。

何となく府に落ちない感じがしましたが、本人が幸せそうにしていたの水を差すようなことは言えません。

結婚生活の不満から借金を作った人02

相手は同じ年の男性。

「怪しい」感じはしませんでした。

写真を見ればいわゆる「イケメン」でもありました。

そんな坂田さんが寿退社をし、次に会った時には、なんとも派手派手しい感じになっていたのには驚きました。

会社の女性社員だけの飲み会に、彼女を誰かが誘ったのです。

ブランド物に身を包み、お化粧も派手になっていました。

ご主人の会社はそれだけの贅沢が出来るほどではなかったはずで、なぜそんな贅沢が出来るのかは、納得できない面もありました。

しかしそれを興味本位で訊くこともできません。

ヤッカミで言っていると思われるのも癪です。

「良いの着ているわねぇ」とか「良いのもっているのねぇ」などと言うと、「こんなものいらないわよ。もっと買えるもの!」と、ぽんぽん後輩たちにあげていました。

その姿はやけっぱちになっているようにも思えました。

そんな彼女から携帯に連絡が入ったのは、そこから3カ月ほど経ってからでした。

一緒に食事がしたいということでしたので、待ち合わせをしました。

他愛もない話しをしながら食事をし、もうちょっと飲もうとバーに行った時に、ようやく彼女は本題ともいうべき相談事を始めました。

彼女のご主人には、古くからの愛人がいたのだそうです。

それも年齢が15歳も年上の女性。

子供を作らなければと親からやかましく言われ、その女性との結婚は認めてもらえなかったとのこと。

仕方なく坂田さんを結婚したのでしょう。

しかし夫婦生活は、結婚した当初から破たんしていました。

しかし坂田さんにも意地があり、すぐに離婚はできません。

その満たされない気持ちが、買い物依存症を引き起こしてしまったようです。

自分のクレジットカードも限度枠まで使い、とうとうご主人の口座のお金600万円を勝手に使いはたし、ご主人のカードにまで手をつけたところで、ご主人にばれてしまいました。

自分のクレジットカードの借金だけでも320万円、ご主人の家族カードで150万円

ご主人のカードで勝手にネットで購入した物品はご主人によって未然に防がれていました。

ご主人から咎められ、坂田さんは自分が愛人の存在を知っていることをぶつけました。

ご主人は全く動じることなく、「訴えるなら訴えろ。それで認められる慰謝料は40万円か50万円程度。

こちらからは勝手に使われたお金やクレジットカードのお金を請求するのだから」とのこと。

その後ご主人は帰ってこなくなり、弁護士を通じて離婚を言ってきました。

相手のご両親も「息子の不貞とあなたの浪費癖は別の話。」と取り合ってくれなかったそうです。

自分は悪くないのに窮地に立たされた上に離婚されるのは、納得できないといった話でした。

私には借金の話も含めて、全く的確なアドバイスはできそうにありません。

とにかく借金問題にも離婚問題にも詳しい弁護士事務所に依頼するしかないのでは?としか言えませんでした。

私は彼女のことをかわいそうと思う反面、浪費癖を目の当たりにしている分、味方もできない気持ちもありました。

結局、坂田さんは弁護士に代理人となってもらい、相手の弁護士との話し合いで150万円で離婚に応じることと、600万円を返還することに決まったようです。

家族カードの150万円は、家族カードを渡していたのだからということで、相手は請求しないようです。

相殺すれば450万円の返還義務があるのですが、自分のカードローンやクレジットカードの借金の支払いもあります。

佐藤さんはとうとう自己破産手続きに入ることになりました。

賠償請求ではなかったので、450万円の返還も免責になったわけですが、慎重に結婚を決めなかったために、心の問題とは言え借金を作り自己破産となった彼女には、どういっていいかわかりません。

結婚前の借金で離婚問題にまでなった人

今田さん(仮名)が婚活に一生懸命になったのはここ半年。

実家のご両親から、「これ以上年齢が高くなると、お嫁さんも来てくれなくなる。孫が見たい。」と懇願されて、奮起したようです。

年齢は35歳なので男性としては問題はないのですが、同じ年程度の女性と結婚するとなれば、そろそろ赤ちゃんに関してはリミットかもしれません。

近頃では不妊治療などを一緒に行わなければならないケースも増えているので、その可能性も考慮すると、もう少し年齢が若い女性が希望と言うことになるのかもしれません。

それまでやれ競艇だパチンコだと、ギャンブルに夢中になっていた今田さんも、そういったことは一切やめて婚活しよう!

と決めたようです。

結婚前の借金で離婚問題にまでなった人02

しかし今の時点で280万円の消費者金融からの借金があります。

総量規制の法律が施行される前からの借金。

新たに借りる事が出来ず返済のだけになっていたので、若干元金は減りました。

しかしまだまだ完済への道のりは遠いといったところです。

その今田さんは案外早く相手を見つけました。

お相手も早く結婚したいということで、あっという間に結婚にこぎつけました。

結婚式などに固執していない女性だったようで、結婚式も挙げず、親戚縁者の集まり程度ですぐに二人で暮らし始めました。

借金のこともきちんと話しているのだろうと思っていたのですが、じつは内緒のまま結婚していたようです。

それがひょんなことからバレしまいました。

それは当然でしょう。

バレるのは時間の問題です。

いつまでも給料の管理をさせてもらえない奥さんが、「なにかおかしい」と思うのも当たり前なら、専業主婦になるつもりの奥さんに、それは不自然です。

10万円20万円程度の借金ならばまだいいわけも立ちますが、280万円です。

ギャンブルで作った借金だと、言わない訳にもいきません。

それを聞いた奥さんは激怒し、「信頼関係もあったもんじゃない」と実家に帰ってしまいました。

そこで相談を受けたわけですが、「もうギャンブルはしていないことと、これから先もしないこと。それと借金音大の解決方法を提示して、戻ってくれるように頼み込むしかないのじゃないか。」とだけアドバイスしました。

借金問題は、その問題に明るい弁護士にお願いするしかありません。ちょっと心当たりがありましたので、紹介しました。

弁護士からは、ひき直し計算をして今まで払い過ぎている利息分を元金に充当して借金を圧縮することと、その残債については3年間の分割で完済を目指す方法が良いだろうと提案されたようです。

その手続き等は弁護士に依頼しました。

それによって残債はなんと120万円にまで減ったのですが、そこで今井さんは、自分の両親に頼みに行きました。

一括返済をして借金をなくそうと考えたのです。

早く孫の顔が見たいご両親は、その話を聞き入れました。

そして今井さんは全ての借金を完済し、ご両親とともに奥さんの実家に奥さんを迎えに行きました。

そして誠心誠意誤って、信頼をこれから作りあげるように努力すると話をしたそうです。

奥さんは「今回だけは」と許し、今井さんとの家に戻りました。

今井さんも安心したようです。

今井さんは長年利息は遅れることなくしっかり支払っていたので、これだけの過払いがありました。

それで今回は大いに助かったわけです。

出来ればすべて完済してから過払い金返還請求を起こした方が良かったのですが、それはご両親に言いにくかったでしょう。

ただしその後完済していますので、信用情報の回復も早そうです。

もちろんお金は借りないに限りますが、住宅ローンなど、大きなローンを利用したくなる時は来るものです。

信用情報にネガティブな要素がない方が良いに決まっています。

普通の返済は諦めて下さい
>借金が5分の1以下になった裏ワザ<
知らないだけで大損しています!

-アンケート